屋外工事日(2回目の工事)の調整にお時間をいただくケース

NURO 光のご利用にあたり、お客さま宅にご提供するため専用の光ファイバーをご用意する必要がございます。
お住まいの環境によっては、光ファイバーの提供準備における大規模な工事や申請等が必要となり、屋外工事日の調整にお時間をいただく場合があります。

電柱から建物までの工事に時間がかかるケース

電柱から建物までの配線ルートが確保できなかったり、ケーブルを敷設する最寄りの電柱までの距離が長距離であったり、途中になにか障害物があると、お時間をいただく場合があります。

国道など道路付近の工事および申請に時間がかかるケース

局舎(*1)からお客さま宅までの間に国道や私道がある場合には、建物付近での作業許可のため、国(関係省庁等)や所有者さまへの申請を行います。また、工事自体にもお時間をいただく場合が多くあります。電柱を地中化しているエリアがある場合、工事許可の申請先が複数となるため、申請に通常よりお時間がかかる場合があります。

  • *1)局舎・・・光回線の設備を収容している建物

河川付近の工事および申請に時間がかかるケース

局舎(*1)からお客さま宅までに、河川を横断する工事が生じる際、関係省庁等への申請が必要となる場合があります。また、工事自体にもお時間をいただく場合が多くあります。鉄道高架下や鉄道沿い等の場合も同様になります。

  • *1)局舎・・・光回線の設備を収容している建物

集合住宅への工事調整に時間がかかるケース

既存設備(MDF(配電盤)(*2))に新しい光ファイバーを提供するための空きスペースがない場合、共有部分に新たな設備を設置する工事が必要となります。また、その工事について建物所有者さまのご承諾をいただく必要もあります。

  • *2)MDF(主配電盤)・・・集合住宅で電話回線や通信回線をまとめて管理するために設置されている集線盤
ページの先頭へ