NURO 光 でんわはナンバーディスプレイ可能!その方法を解説

NURO 光の電話サービス「NURO 光 でんわ」では、ナンバーディスプレイが利用可能です。

この記事では、ナンバーディスプレイのメリットや月額料金などについて解説していきます。

また、番号ポータビリティについても合わせて解説していきますので、ご確認ください。

>>NURO 光 でんわの詳細はこちら

NURO 光 でんわはナンバーディスプレイが利用可能

NURO 光 でんわは、NURO 光を利用している方限定で申し込めるIP電話のサービスです。

IP電話とは、電話回線を介せず、インターネットを通して音声を届ける仕組みのこと。

ひかり電話の詳細は、こちらをごらんください。

>>「ひかり電話とはどんな仕組み?メリットやデメリットを解説」

そんなNURO 光 でんわですが、オプション機能の1つとして、ナンバーディスプレイが利用できます。

ナンバーディスプレイのメリット

ナンバーディスプレイのメリットは、電話に出る前に電話をかけてきた相手の番号が確認できる点です。

誰からの着信なのかをディスプレイに表示される電話番号で判断できるため、誰からの電話かわからない非通知着信を無視することができますし、何度もかかってくるセールスの電話にも出なくてすみます。

また、電話機にもよりますが、事前に相手の電話番号を登録しておくだけで着信時に相手の名前を表示させることも可能です。

NURO 光のナンバーディスプレイの月額利用料金はいくら?

ナンバーディスプレイを利用するためには、まず「NURO 光でんわ」に加入する必要があります。

その際に発生するNURO 光でんわの回線工事費用は、3,000円(税込)です。

まずはNURO 光でんわに加入し、その際にナンバーディスプレイのオプションを選択しましょう。それで、ナンバーディスプレイの申し込みは完了です。

ナンバーディスプレイには、以下のオプション料金がかかります。

・工事費1,100円(税込)
・月額440円(税込)

ナンバーディスプレイは他のオプションと組み合わせも可能で、お得なパックプランで申し込むこともできます。

NURO 光 でんわのパックプランについて

NURO 光 でんわには、5種類のパックプランがあります。パックプランの場合は、どのプランを選択しても工事費が無料になるというのも嬉しいポイントです。

・ベーシックパック
・パック1
・パック2
・パック3
・パック4

それぞれ、どんなものなのか確認していきましょう。

ベーシックパック

ベーシックパックの月額は660円(税込)。

内容は、以下の2つのオプションです。

・ナンバーディスプレイ
・番号通知リクエスト

パック1

パック1の月額は990円(税込)で、以下の5つのオプションがついてきます。

・ナンバーディスプレイ
・番号通知リクエスト
・キャッチ電話
・着信お断り
・着信転送

パック2

パック2の月額は693円(税込)で、以下の3つのオプションがついてきます。

・キャッチ電話
・着信お断り
・着信転送

パック3

パック3の月額は880円(税込)で、以下の4つのオプションがついてきます。

・ナンバーディスプレイ
・番号通知リクエスト
・キャッチ電話
・着信お断り
・工事費用無料

パック4

パック4の月額は583円(税込)で、以下の2つのオプションがついてきます。

・キャッチ電話
・着信お断り

1つずつ、オプションを追加するよりも、必要なオプションがセットになったパックプランの方がお得となっています。さらに、パックプランであれば工事費が発生しない点も嬉しいポイントです。

ナンバーディスプレイ機能を利用する場合は、ベーシックパック・パック1・パック3のパックプランを検討してみてください。

NURO 光 でんわに関する情報は、こちらの記事でも詳しく解説しています。

>>「NURO 光」は電話とセットでお得になる!メリット・デメリットを解説

NURO 光 でんわのナンバーディスプレイの申込方法

NURO 光 でんわを申し込むためには、まずはNURO 光とインターネットの回線契約が必要です。

こちらの公式HPから、ご自身に合った申し込み特典を選んで申し込んでください。

>>NURO 光の公式HPへ

続いて、NURO 光 でんわの加入方法ですが、NURO 光でんわは、すでにNURO 光に加入しているかいないかで申し込み方法が変わってきます。

この記事でも解説しますが、以下の記事もあわせてご覧ください。

>>「NURO 光」は電話とセットでお得になる!メリット・デメリットを解説

NURO 光 でんわの申し込み方法

NURO 光を未加入の場合

NURO 光に未加入の場合、回線の申し込みをする際に、同時にNURO 光 でんわへの加入が可能です。ナンバーディスプレイの機能を追加したい場合は、オプションでナンバーディスプレイを選択しましょう。

申し込み時に、様々なオプションのなかから自分が希望する自分にあったオプションを選択して、案内に従い申し込みに進んでいくだけなので、簡単です。オプション選択の画面があらわれたら、そこで「NURO 光 でんわ」を選びましょう。

申し込みが完了すると、後日、NURO 光からSMSまたはメールが届きます。その際に、NURO 光の工事日が確定します。工事には立ち合いが必要ですが、その工事が完了すれば、インターネットサービスをすぐに利用できるようになります。

必要な機器は、NURO 光の工事の際に一緒に設置されますのでご安心ください。

新規番号発行の場合は、送られてくるTA(必要な機器)を部屋に設置するだけで、すぐにNURO 光 でんわを利用することができます。

今まで利用していた電話番号をそのまま使いたい場合(番号ポータビリティを希望する場合)は、別途そのための工事が必要です。

工事日や利用開始日に関しましては、NURO 光を申し込む際に問い合わせるようにしましょう。

NURO 光に加入済みの場合

一方、NURO 光に加入済みの場合は、会員サイトからマイページにログインし、「接続サービスご利用状況」に進んでください。

そして、「オプションサービス」まで進んだのち「NURO 光 でんわ」を選択しましょう。画面が切り替わり、申し込みに進みます。

新規番号を新しく発行する場合、申し込み後、約5日で必要な機器が郵送されますので、ご自身で設置してください。設置後、すぐにNURO 光 でんわが利用できるようになります。

番号ポータビリティを希望する場合は、番号ポータビリティのための工事が別途必要となりますので、開通は工事終了後となります。

NURO 光 でんわは既存の電話番号を引き継げる

NURO 光 でんわ利用時は、電話番号を引き継げるサービス「番号ポータビリティ」に申し込むことができます。

ただし、番号ポータビリティで引き継げるのは、NTTの加入電話のみ。他者光回線のひかり電話で新規発番された電話番号は、NURO 光 でんわで引き継ぐことはできません。その点は、ご注意ください。

例外として、他社のひかり電話を利用している場合でも、もともとNTT加入電話で発番された番号であれば、番号ポータビリティで電話番号の引き継ぎは可能です。

番号を引き継ぐための手順を紹介

番号ポータビリティで電話番号を引き継ぐための手順は、以下の通りです。

・申し込み時に、ナンバーポータビリティが可能か確認する

・期間は1~2週間程度で工事が行われる(工事に立ち合いは不要)

・工事完了はNUROからSMSまたはメールがある

・送られてきたTAを自身で設置する

これで、簡単に番号を引き継ぐことができます。

番号ポータビリティを行う際の注意点

番号ポータビリティを希望した場合の注意点は、以下の2つです。

・番号ポータビリティ工事前に利用元の電話を解約すると、引き継げなくなる
・引継ぎが可能なのは1台のみ

 

引継ぎ前に解約をしてしまうと、引き継ぐための電話番号がなくなってしまうため、引継ぎができなくなってしまいます。また、引継ぎが可能な電話は1台のみです。

まとめ

NURO 光 でんわでは、ナンバーディスプレイのオプションがあります。

単体でも申し込めるほか、パックで選択することも可能です。

今まで利用していた固定電話の番号を引き継ぐ「番号ポータビリティ」にも対応しているため、現在の電話番号がNTT発番のものであれば、番号の変更なしでNURO 光 でんわが利用できます。

ぜひ、便利なNURO 光 でんわをご利用ください。

>>NURO 光 でんわの詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる