光回線でテレビを観るための4つの接続方法|メリット・デメリットも解説

なんとNURO 光43000円キャッシュバック

テレビアンテナがないご家庭でも、光回線を利用してテレビを視聴することは可能です。光回線を導入している方であれば、一度は「フレッツテレビ」や「光テレビ」の案内を受けたことがあるかもしれませんね。

本記事では、光回線を利用してテレビを視聴する仕組みや接続方法をまとめます。料金や光回線経由でテレビを視聴するメリット・デメリットについても解説しますので、インターネット経由のテレビ視聴を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

光回線経由でテレビを視聴できる仕組みと接続方法

まずは、光回線経由でテレビを視聴できる仕組みと接続方法についてお伝えします。サービスによって必要な工事が異なりますので、その点を押さえておきましょう。

光回線でテレビを視聴するには配線工事が必要

光回線を使ってテレビを視聴するには、電柱から光ファイバーケーブルを引き込み、以下のように映像用回線終端装置とテレビを接続する必要があります。

光ケーブル映像用回線終端装置分配器テレビ

すでに分配器が設置されている場合は、映像用回線終端装置を取り付けて配線をつなぎ直せば工事完了です。分配器から先の配線は流用できるため、自宅に複数台テレビあっても問題なく対応できます

上記はフレッツテレビや光テレビと呼ばれるサービスで、主に地デジやBS放送の視聴が可能です。

場合によってはONU(回線終端装置)と映像用回線終端装置が別々になることがあり、分配器の接続まで工事担当が実施するかは光回線事業者によって異なるため、申し込み時に確認してください。

チューナーを取り付ける場合も

ONU(回線終端装置)に専用チューナーを取り付けてテレビを観るタイプもあります

ひかりTVと呼ばれるサービスで、映画やアニメや、スポーツ、ドラマなどの専門チャンネルを中心に視聴可能です。工事の立ち合いは不要で、専用チューナーが届き次第、自分で取り付けします。

光回線でテレビを視聴する4つのサービス比較

光回線経由のテレビ視聴サービスは、大きく分けて以下の4つです。サービスごとの料金や特徴を、以下の表にまとめました。

光回線でテレビを観る方法 月額料金(税込) 特徴
フレッツテレビ 825円~ NTTが提供するテレビサービス。地デジ、BS、CS(オプション)を視聴できる
電力会社の光テレビ 各社によって異なる 電力会社が提供するテレビサービス。キャンペーン・特典で初期費用が実質無料になる場合がある
ひかりTV 1,650円~ NTTドコモのテレビサービス。専門チャンネルを80チャンネル以上視聴できる
ケーブルテレビ 各社によって異なる 地元のローカル番組も視聴可能。地域によって契約先が決まっている

各サービスの詳細は、以下の通りです。

フレッツテレビ

フレッツテレビとは、NTT東日本フレッツ光やNTT西日本フレッツ光といったNTTが提供している「光回線を利用したテレビサービス」です。アンテナを設置せずに地デジとBSを視聴でき、月額825円(税込)の追加料金でスカパーやCS放送も視聴可能です。

また、テレビやチューナーが対応していれば、新4K8K衛星放送にも対応しています。

ただし、設置するための工事費用がかかるため、初期費用は比較的高額です。

電力会社の光テレビ

電力会社で提供している光回線のオプションサービスが「光テレビ」です。基本的に上記のフレッツテレビとサービス内容は同じで、アンテナを立てずに地デジとBS・CS放送の視聴が可能です。

月額料金は各社バラバラですが、キャンペーンや特典で光テレビの工事費が実質無料になる場合が多いため、フレッツテレビよりもお得に加入できます。

ひかりTV

ひかりTV」は、NTTドコモが提供する光回線を利用したテレビサービスです。地デジやBS放送が映りますが、映画やスポーツ、アニメなどの専門チャンネルがメインとなっています。

月額1,650円(税込)~で、80チャンネル以上の専門チャンネルを好きなだけ視聴可能。専用チューナーを設置するだけなので、工事をする必要がありません。

特にプロバイダの指定はなく、どこでも利用可能です。NURO 光にも対応しており、「ひかりTV for NUROというオリジナルサービスの利用が可能です

NURO 光と同時申し込みで12,000円のキャッシュバックが得られるため、お得に始めたい方におすすめです。

>>「ひかりTV for NURO」の詳細はこちら

ケーブルテレビ

ケーブルテレビ各社が提供するテレビサービスは、チャンネル数が多く、地デジやBS・CS放送だけでなく地元のローカル番組も視聴できます。

利用するには、ケーブルテレビ回線の専用線を引き込む工事が必要です。

ケーブルテレビは日本全国にあり、お住いの地域によって申し込み先が決まっています。プランや月額料金も異なるため、地域のケーブルテレビ会社をチェックしてみましょう。

光回線でテレビを視聴する5つのメリット

光回線でテレビを視聴する主なメリットは、以下の通りです。

・アンテナが不要になる
・台風や雷などの悪天候に強い
・初期費用を抑えられる
・専門チャンネルを視聴できる
・外観が損なわない

アンテナが不要になる

光回線を経由したテレビ視聴には、アンテナが不要です。光回線やケーブルテレビの申し込み時にテレビも同時加入すれば、工事も1度で済みます。

地デジとBS・CSアンテナの設置費用は、一般的に5万~10万円ほどです。新築戸建ての場合、光回線導入時にテレビも一緒にまとめればアンテナの設置費用を節約できますよ。

台風や雷などの悪天候に強い

アンテナを使用する地上波のテレビは電波を屋外で受信するため、台風や大雪など悪天候の際には電波障害が起きるリスクがあります。また、アンテナの物理的故障や飛ばされるケースも皆無ではありません。

その点、光回線は天候に左右されず、安定した通信データの送受信が可能なため、クリアなテレビ映像を楽しめます。

初期費用を抑えられる

前述した通り、テレビ用のアンテナを立てる場合、アンテナ代金や工事費用で5万円~10万円かかります。

それに対して、光回線のテレビサービスは初期費用を抑えられる場合があります。会社にもよりますが、工事費用や初期費用を割引・無料とするキャンペーンや特典が利用できるため、お得に始めたい方におすすめです。

専門チャンネルを視聴できる

光回線を利用したテレビサービスの特徴のひとつに、コンテンツが充実している点が挙げられます。専門チャンネルやオンデマンド動画サービス、カラオケサービス、ショッピングサービスなど、その内容は多岐にわたります。

例えば、ひかりTVのテレビの専門チャンネルは80チャンネル以上、ビデオオンデマンドは約114,000本と、非常に多くのコンテンツが用意されているのです。

映画やアニメ、ドラマ、スポーツ、時代劇といった映像コンテンツの愛好者には、特におすすめのサービスと言えるでしょう。

外観が損なわない

自宅の屋根にアンテナを立てる場合、そのデザインによっては外観に不釣り合いと感じる場合があります。

八木式のUHFアンテナと呼ばれる魚の骨のようなアンテナだと、いくらオシャレな家でも「これはちょっと」と思ってしまいますね。

光回線を使ってテレビを観るようにすればアンテナを立てる必要はないため、自宅の外観を損なうことがありません。

光回線でテレビを観る4つのデメリット

メリットの多い光回線を利用したテレビサービスですが、以下のようなデメリットもあります。

・エリア外の地域も存在する
・解約金が発生する場合がある
・プロバイダ契約が必要な場合がある
・光回線を解約するとTVを視聴できなくなる

エリア外の地域も存在する

光回線の対応エリア内であっても、テレビサービスに対応していない場合があります。そういった地域の場合ではインターネットは利用できてもテレビサービスの利用はできません。

光回線の各社公式HPにはエリア確認ができるページが用意されているため、申し込み前に確認をしてみましょう。

解約金が発生する場合がある

光回線には2年や3年といった最低利用期間が設定されているケースが多いですが、テレビサービスにも個別の縛りが設定されている場合があります。

引っ越しや回線乗り換えなどで途中解約する場合に。テレビの解約金が上乗せされる可能性がありますので、注意してください。

プロバイダ契約が必要な場合がある

光回線でテレビを利用するには、プロバイダ契約が必要な場合があります。

下記2つのサービスは、プロバイダ契約が必要です。

・電力会社の光テレビ
・ひかりTV

一方で、以下の2つのテレビサービスについては、プロバイダ契約をしなくても単体利用が可能です。

・フレッツテレビ:ライトプランで電話とTVの契約が可能
・ケーブルテレビ:プランによるがテレビの単体契約もあり

光回線を解約するとTVを視聴できなくなる

光回線経由のテレビサービスを利用している場合、元の光回線サービスを解約してしまうと、テレビ線を繋いだとしてもテレビの視聴ができなくなるため、新たにテレビアンテナの設置などが必要になることがあります。

ケーブルテレビであればテレビだけを残せますが、基本的には光回線を乗り換える場合はテレビサービスの会社も一緒に変更する必要がある点は覚えておきましょう。

また、光回線の会社を変更時にチャンネルが変わる場合もあります。特に、ケーブルテレビから他サービスに乗り換えると地元の番組は視聴できなくなるため、お気に入りの番組がある方は注意してください。

専門チャンネルをよく観る方には「ひかりTV for NURO」がおすすめ

ここまで、光回線でテレビを視聴する方法を解説していきましたが、映画やドラマ、アニメといった専門チャンネルをよく観る方には「ひかりTV for NURO」がおすすめです。

高速回線NURO 光ひかりTVをセットにしたプランで、単体で加入するよりもリーズナブル

ひかりTV for NURO」には、以下の限定特典が用意されています。

・ひかりTVはじめて割(3ヶ月~24ヶ月まで月額1,100円引き)
・ひかりTV月額基本料金最大2ヶ月無料
・チューナーレンタル最大2ヶ月無料
・AmazonFire TV Stick1台プレゼント(ひかり TVはじめて割が適用されたお客様限定)

・ひかりTV 2契約目の申し込み特典(世帯割とチューナレンタル代が無料)

上記は、NURO 光と「ひかりTV for NURO」を同時加入される場合、すでにNURO 光会員の方が新たに「ひかりTV for NURO」に申し込みされる場合、どちらにも適用される特典です。

>>「ひかりTV for NURO」の詳細はこちら

NURO 光と同時申し込みでキャッシュバック12,000円

NURO 光とひかりTV for NUROを同時加入される方には上記の特典に加えて12,000円のキャッシュバックが付与されます

NURO 光が開通して6カ月後に、登録したメールアドレスに『受取手続きのご案内』のメールが送信されますので、記載されている通りに手続きを進めましょう。

ただし、こちらのキャッシュバックはNURO 光 for マンションは対象外です。

NURO 光には多彩なメリットや特典を用意

「ひかりTV for NURO」以外にも、NURO 光は以下のような理由でおすすめです。

・通信速度が速い
・月額料金がリーズナブル
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiルーターを貸し出し

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbpsと下り最大10Gbps
一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍と10倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

2Gbpsの通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


10Gbpsの通信速度について
※「10Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の最大速度です。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(10GBASE-T利用)時で概ね10Gbps、無線接続時で概ね4.8Gbps(弊社が設置する宅内終端装置の機種によっては2.4Gbps)です。
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現する2ギガプラン(3年契約)の月額料金は、5,200円(税込)となっています。(10ギガプラン(3年契約)の月額料金は5,700円(税込))

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」などの入会特典も受けられます。
NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下いずれかの特典を選べます。

1年間 月額980円(3年契約プランのみ)
43,000円キャッシュバック
PlayStation®5 for NURO
・NURO 光にのりかえ特典(最大6万円還元)

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

【NURO 光 公式申込でついてくる特典】
・最長2か月、解約が完全無料!(契約解除料や工事費残債などが0円)
・基本工事費44,000円が実質無料!

【オプションの申込で得られるもの】
・オプション申込で、最大2万円追加キャッシュバック
・NURO 光 でんわ利用で、ソフトバンクユーザーが最大月額1,100円割引
・ソニー製ONUが必ず届くNUROスマートライフが、初期費用&最大3ヶ月間無料
・NUROモバイル1年間0円~特典(申込後のメールにあるURLからモバイル申込で、3GBプランなら1年間0円特典)

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO 光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには開通工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーター機器のレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すれば最大2ヶ月0円で使えるので非常にお得です!

お引越しなどで「すぐにネット使いたい!」という方にはとてもありがたいサービスですね。なお、NURO 光の申込完了メールにリンクが掲載されています。
※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

まとめ

光回線のテレビサービスにはそれぞれ特徴がありますので、ご自身のニーズに近いサービスを選びましょう。

巣ごもり時間が増え、映画やアニメやドラマ、スポーツなどの専門チャンネルをたくさん楽しみたい方には、工事不要ですぐに使える「ひかりTV」が便利。

さらに、NURO 光とセットになったひかりTV for NURO」にはたくさんの特典が充実しているため、ひかりTV単体で加入するよりもお得に始められますよ。

この機会に、ぜひご検討ください。

>>「ひかりTV for NURO」の詳細はこちら