MANOMA(マノマ)の機能、プランやメリットについて、NURO 光とも比較

MANOMA(マノマ)は、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供するスマートホームサービスです。スマホのアプリと連携することで、テレビやエアコンの操作や防犯対策などが可能となります。

本記事では、MANOMA(マノマ)の機能や利用方法、プランについて解説をしていきます。

同じくソニーネットワークコミュニケーションズが提供するNURO 光との違いについてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

>>MANOMA(マノマ)の詳細はこちら

>>NURO 光の詳細はこちら

MANOMA(マノマ)とは?

MANOMA(マノマ)とは、2018年10月に提供が開始されたスマートホームサービスです。

スマートホームサービスとは、IOTやAIテクノロジーを生活に取り入れることで安心・安全で快適な生活を手にいれる仕組みのこと。

MANOMA(マノマ)を日常生活に取り入れることで、今以上に安心で便利な生活を送ることが可能です。

MANOMA(マノマ)の機能や便利な使い方について

MANOMA(マノマ)を利用してできることは、以下の通り。

・家電の簡単操作
・室内カメラを通してスマホで確認
・ドアの施錠をスマホで管理
・子供の帰宅をアプリで通知
・防犯システム
・警備会社と提携

利用方法は機器をセットした後に、指定アプリをスマホにインストールするだけです。スマホのアプリから操作や利用ができます。

家電の簡単操作

MANOMAのAIホームゲートウェイはAmazon Alexa対応のスピーカーを搭載しているため、声で家電を操作したり、音楽やニュースを流したりできます。スマホと連動することで、帰宅前に外からエアコンをつける、テレビ録画をする、といった快適な生活を送れるでしょう。

室内カメラを通してスマホで確認

室内カメラを設置すれば、スマホから自宅の様子を確認できるようになります。外からでも家族やペットの様子を見守ることが可能です。

また、スピーカーやマイクも搭載しているため、アプリを使ってビデオ会話が可能。寂しい思いをして帰りを待つ子供に外から話しかけることができます。

ドアの施錠をスマホで管理

ドアの施錠や開け閉めの時間を、スマホからタイムライン形式で確認できます。アプリには、鍵の閉め忘れがあった場合に通知してくれる機能を搭載。遠隔でドアの施錠もできるため、わざわざ帰宅する必要もありません。

子供の帰宅をアプリで通知

スマートタグと呼ばれる小型の機械を子供に持たせておけば、帰宅や外出時にアプリの通知ができます。帰宅後は室内カメラで様子も併せて確認できますし、ビデオ通話や伝言メモを音声で残すことも可能です。

防犯システム

センサーが侵入者を検知したときに、室内に大音量の警告音が鳴り響きます。そして、即座にアプリにアラートを通知。

録画機能もあるため、侵入者の動画を警察に届けることも可能です。

警備会社と提携

いざという時にセコムの対処員が自宅に駆け付けてくれるサービスです。月額料金は不要ですが、1回30分で5,500円(税込)かかります。

MANOMA(マノマ)には2つのプランがある

MANOMA(マノマ)には、スマートホームサービスを気軽に始められるシンプルプランと、すべての機器が揃ってフル活用できるトータルプランの2つがあります。

それぞれの機能一覧は、下記の通りです。※本記事公開時点

機能 シンプルプラン トータルプラン
Wi-Fiルーター機能
Amazon Alexa(スマートピーカー機能)
室内カメラの映像確認
室内カメラを通した通話
帰宅時の音楽自動再生
異常時の自動警報・スマホ通知
異常時の自動クラウド動画保存
異常時のセコム駆け付け
在宅状況に応じた室内カメラの
レンズカバーの自動開閉※
在宅・不在のスマホ通知※
音声で家電操作
温度 / 湿度を外から確認
スマホから家電操作
玄関施錠・解錠のスマホ通知
不在時の家ナカサービス利用
玄関のオートロック
玄関のハンズフリー解錠
窓の開閉のスマホ通知
タグから呼び出しのスマホ通知

※この機能はスマートフォンのGPS機能、またはQrio Smart Tagで検知して動作させることができます。

あわせて、プランに含まれる機器の内容も確認しておきましょう。

機器 シンプルプラン トータルプラン
AIホームゲートウェイ
室内コミュニケーションカメラ
スマート家電リモコン
Qrio Lock
開閉センサー(3組)
Qrio Hub
Qrio Smart Tag(2組)

※引用:https://MANOMA.jp/plan/index.html#function

シンプルプランの特徴と料金

シンプルプランでできることは、主に室内カメラを利用して部屋の様子を確認することと、人感センターで侵入者検知をすることです。室内カメラにはビデオ通話機能も付いています。

また、月額料金を上乗せする形で必要に応じて機器を1個単位で追加可能。トータルプランは機器が多すぎて必要ないけど、○○だけ利用したいなどのニーズに対応できます。

月額料金は以下の通り。シンプルプランは工事不要のため、機器到着後すぐに利用することができます。

月々の支払金額(税込)
利用開始月 3,850円(初期事務手数料分)
2~37か月目 2,728円
38か月目以降 3,938円

※特典込みの料金

トータルプランの特徴と料金

トータルプランは、シンプルプランより月額1,980円(税込)ほど高額ですが、MANOMA(マノマ)の機能をすべて利用できます。

月額料金は以下の通り。シンプルプランと違い工事をする必要がありますが、工事代金は月額料金に含まれています。

月々の支払金額(税込)
利用開始月 3,850円(初期事務手数料分)
2~37か月目 4,708円
38か月目以降 3,938円

※特典込みの料金

なお、シンプルプランとトータルプランはどちらも3年契約で、38か月以降は3,938円(税込)と同料金となります。38か月以降は、どちらのプランも解約時にお金がかかることはありません。

MANOMA(マノマ)のメリットとデメリット

次に、MANOMA(マノマ)の特徴をメリットとデメリットという側面からまとめました。あわせて、MANOMA(マノマ)はどのような人におすすめなのかという点についても、言及していきます。

メリットについて

まず、メリットは下記4つが挙げられます。

・月額2,480円(税込)~でスマートホームを構築できる
・光回線やホームルータよりも安い
・工事不要でネット利用可能
・Amazon Alexa機能が搭載

月額2,728円(税込)~でスマートホームを構築できる

月額2,728円(税込)という料金で、今話題のスマートホーム化ができます。機器の追加も可能なため、自分に必要な機能だけを組み合わせることも可能です。

光回線やホームルータよりも安い

自宅にネット環境がない場合は、MANOMA(マノマ)のオプションサービスとして「nuroモバイル Home Wi-Fi」を申し込めば、ネット接続ができるようになります。

「nuroモバイル Home Wi-Fi」の通常料金は3,168円(税込)ですが、MANOMA(マノマ)のオプションサービスとして申し込むことで月額2,200円(税込)に。光回線やホームルータ、モバイルルーターを契約するよりも格安です。

工事不要でネット利用可能

「nuroモバイル Home Wi-Fi」はLTE回線のSIMカードのため、AIホームゲートウェイに挿すだけで利用できます。工事をする必要がないため、機器が届いたらすぐに利用可能です。

Amazon Alexa機能が搭載

テレビのCMで「アレクサ、電気付けて!」と呼んでいるシーンを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

AIホームゲートウェイにはこのAmazon Alexa機能が搭載されているため、家電操作がより快適になり、便利な生活を送れるはずです。

デメリットについて

一方で、デメリット面については、wifi速度と解約金が挙げられます。

wifi速度は光回線より遅い

「nuroモバイル Home Wi-Fi」の速度はモバイル回線のため、光回線ほどの速度は出ません。

また、3日で10GBに達すると速度制限がかかるため、ZOOMなどの大容量データの通信や複数台の端末の接続には向かないと言えます。

解約時に機器割賦の残債が一括請求される

MANOMA(マノマ)には、解約金はありませんが、機器端末代や工事費用が36か月に割賦されるため、37か月以内に解約をした場合は残債が一括請求されます。

そのため、契約から解約までの期間が短いほど支払い残債の金額も大きくなる点は、注意が必要です。

NURO 光とMANOMA(マノマ)を比較してみた

最後に、NURO 光とMANOMA(マノマ)をそれぞれ比較して、それぞれの特徴について理解していきましょう。

NURO 光は光回線サービス、MANOMA(マノマ)はスマートホームサービスの端末

まず、理解しなければならないのがMANOMA(マノマ)はスマートホームサービスを利用するための端末であり、インターネット回線に接続していないと利用できないということです。

現在インターネット回線を契約していない場合は、独自に回線を契約したうえでMANOMA(マノマ)を接続するか、MANOMA(マノマ)のオプションサービスとして「nuroモバイル Home Wi-Fi」を申し込む必要があります。

NURO 光とnuroモバイル Home Wi-Fiはどちらがおすすめ?

上記でご紹介したように、MANOMA(マノマ)のオプションサービスで「nuroモバイル Home Wi-Fi」を利用すれば、固定回線を引くことなくインターネットの利用が可能です。

一方で、固定回線を引いたうえでMANOMA(マノマ)を利用することもできます。

両者の違いは料金と通信速度・容量です。

月額料金 速度 通信制限
NURO 光 5,200円(税込)

(G2Tプラン)

下り最大2Gbps※ なし
nuroモバイル Home Wi-Fi 2,200円(税込) 非公表 3日で10G

少しでもインターネット料金を安く利用したい場合は、MANOMA(マノマ)のオプションサービスである「nuroモバイル Home Wi-Fi」がおすすめです。

ただし、光回線と比較して速度が劣る点・通信制限が設定されている点を考慮し、より快適なインターネット環境を構築したい方は、固定回線として別途NURO 光を利用する方が良いでしょう

ご自身のニーズに合わせて、ベストな選択をしてください。

>>MANOMA(マノマ)の詳細はこちら

>>NURO 光の詳細はこちら

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

まとめ

今回の記事では、MANOMA(マノマ)の概要やメリット・デメリットをご紹介しました。

MANOMA(マノマ)は、スマートホームサービスを気軽に始めるには打ってつけです。家族やペットの安全や時間の有効活用ができるサービスを、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。また、スマートホームサービスを使用する際には、合わせてスマートホームのセキュリティ対策もご参考にしてください。

現時点でご自宅にネット回線がない人もオプションサービスとして「nuroモバイル Home Wi-Fi」の申し込みが可能ですし、より快適なネット環境を構築したい場合はNURO 光との併用がおすすめ。

ぜひ、便利な暮らしを実現してください。

>>MANOMA(マノマ)の詳細はこちら

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック