光回線は電話線なしでも利用可能?アナログ回線との違いを解説

最近は固定電話の利用者が減少しており、電話回線を引いていない住宅が増えています。

そこで気になるのは、「固定電話を利用していない状態で光回線は利用できるのか?」という点ではないでしょうか。

本記事では、光回線と電話線の関係性をまとめたうえで、光回線の便利な利用方法について解説していきます。

光回線をお得に利用する方法についても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

光回線は電話線なしでも利用可能

結論からお伝えすると、光回線の利用に電話線は必要ありません。

光回線と電話線は別物

電話線が不要な理由は、光回線と電話線はそれぞれ別の回線であり、光回線を利用したインターネット通信時に電話線は一切使われてないからです。

光回線は、光ファイバーと呼ばれるガラスや樹脂を用いたケーブルを用いて、データ通信を行います。

この光ファイバーは電話線の中に組み込まれているものではなく、電話線とは独立した存在であるため、光回線利用時に電話線は不要なのです。

従来のネット回線は電話線を利用

光回線が普及する以前のネット回線は、電話線を利用してインターネット通信を行っていました。

ISDNADSLを長年利用していた方の多くが「自宅で固定のインターネット回線を利用するには電話線が必要」「だから光回線を利用するのにも固定電話を引く必要があるのでは?」と勘違いをしてしまう傾向にありますが、従来のネット回線と光回線は全くの別物であるという前提を知れば、光回線の利用に電話線が必要ないことがご理解いただけると思います。

光回線なら電話線なしで固定電話も利用できる

仮に今住んでいる物件に電話線がなくても、光回線を導入することで固定電話の利用も可能です。

この場合の固定電話とは、従来の電話線を利用した固定電話ではなく、光回線を利用した「ひかり電話」のことを意味します。

インターネットに接続して音声を届けるIP電話であるため、通話料金やオプション料金が安い・通話の品質が良いというメリットと、停電時に固定電話が使えないといったデメリットを有しています。

電話線があるなら今の電話番号を引き継げる

電話線を利用した従来の固定電話を契約している方が光回線を契約し、それを機にひかり電話に変更をした場合、現在使用中の電話番号をそのまま引き継げます。(番号ポータビリティ)

基本的に電話機も買い替える必要がないため、デメリットはほぼありません。

光回線と電話線を利用したネット回線のそれぞれの特徴について

次に、光回線と従来の電話線を利用したネット回線について、それぞれの特徴をおさらいしておきましょう。

光回線

光回線は光ファイバーを利用したケーブルで、現在の主流回線です。以下のような特徴を持っています。

・電話線を利用した回線より通信速度が速く、通信が安定している
・ひかり電話にすることで固定電話の基本料金が安くなる
・工事をしないと利用できない

デジタル信号を「光」の点滅を利用して送受信するため、アナログ回線よりも通信速度が速く、安定しています。しかし、利用のためには光回線を自宅まで引く必要があるため、導入時には工事が必要となります。

電話線を利用したネット回線

光回線以前には、「ADSL回線」「ISDN」「ダイヤルアップ接続」といった電話線を利用したインターネット回線が主流でした。これらの回線の特徴は、以下の通り。

・NTT基地局から離れていると速度が低下する
・月額料金や初期費用が安い
・工事不要

光回線と比較すると月額料金が比較的安いですが、通信速度が圧倒的に異なるため、多くの方が光回線にシフトしています。

ADSL回線のサービスは2024年で終了

電話線を利用したネット回線の中で最も新しいADSL回線も、2024年3月31日に完全終了の予定です。すでに新規申し込みができない状況になっています。

終了の理由は、従来の銅線を利用した電話線サービスが老朽化していて、これ以上維持するのが難しいため。2024年以降固定回線でインターネット回線を利用するなら、光回線の加入が必要です。

では一体、光回線を導入するとインターネット回線はどのように変わるのでしょうか

光回線のメリットとデメリット

ここからは、光回線を利用するメリットとデメリットについて説明していきます。

光回線のメリット

光回線には、主に以下の2つのメリットがあります。

・速度が速くて安定しやすい
・電話線がなくても固定電話が使える

速度が速くて安定しやすい

上記でお伝えした通り、光回線はNTT基地局からの距離に関わらず安定した通信を行えます。

速度についても、ADSL回線と比較すると一目瞭然です。光回線の方が断然に速いことがわかります。

サービス名 上り最大速度 下り最大速度
ADSL回線 1~5Mbps 12~50Mbps
光回線 1Gbps(1,000 Mbps)程度 1Gbps程度

高速のインターネット回線を望む人には、嬉しいポイントですね。

電話線がなくても固定電話が使える

電話線を引いてなくても、光回線を利用したインターネット通信は可能です。

通常の固定電話が不要の場合、わざわざ電話回線の工事をする必要はありません。ひかり電話を利用すれば、光回線のみでインターネットも固定電話も利用可能です。

光回線を利用するデメリットについて

一方で、光回線には以下のようなデメリットも存在します。

・工事が必要
・ADSL回線よりも金額が高い

工事が必要

マンションにお住いであれば、光回線が導入済みの物件が多いため工事は不要となることが多いです。

しかし、戸建ての場合は必ず工事が必要です。また、マンションの場合も、導入されている光回線とは別の回線を利用したい場合は、工事が必要となります。

工事には時間がかかることが多く、光回線に申し込みして1~2か月は待ちますし、回線によっては工事費がかかります

エリアによっては光回線が開通していないこともあり、物件の状況によっては工事ができない場合もあるため、各社の公式HPで事前にエリア確認をしておきましょう。

ADSL回線よりも金額が高い

ADSL回線は速度に応じてプランを選べ、低速プランを選択すると月額料金をかなり抑えることができます。

しかし、あまりにも遅いプランにしてしまうと、読み込みが遅くストレスになってしまうかもしれません。

それに対して、光回線は基本的に定額のプランです。従量制プランを用意している回線もありますが、回線速度に応じたプランはありません。

ADSL回線は2024年で終了となりますので、現時点でADSL回線を利用している方はそれまでに光回線への乗り換えを済ませておきましょう。

光回線を安く利用する方法

最後に、光回線をお得に利用する方法をお伝えします。

光回線を導入するのであれば、少しでもお得なキャンペーンや特典での申し込みをおすすめします。

各社キャンペーンや特典はですので、確認すべきポイントを以下にまとめました。

キャッシュバック特典は金額だけでなく条件やタイミングをチェック

多くの光回線業者は、キャッシュバック特典を用意しています。

キャッシュバックと聞くと金額だけに目が行きがちですが、ここで注意すべきは特典を受け取るための条件や振り込みタイミングです。

特典を受け取るために必要のないオプションに加入しなければならないケースや、振り込みが半年~1年後で申請を忘れてしまうと受け取れないケースなどに注意しましょう。

こういった条件は、同じ回線でも公式HPから申し込むか代理店から申し込むかで異なります。代理店は複数ありますので、どのルートが一番お得かを確認のうえ、申し込みをしてください。

会社によって工事費が無料になることも

工事費用に関しても、チェックをしておきましょう。

NTTフレッツ光の場合、通常戸建ての工事費用が19,800円(税込)かかりますが、光コラボサービスや他社回線を提供している会社の場合、工事を無料(実質無料)にしているところも存在します。

固定電話とインターネット回線をセットで利用する

以下の表は、従来の固定電話とひかり電話の料金を比較したものです。

基本料金通話料金いずれもひかり電話の方が安いことがわかります。

通常の固定電話 ひかり電話
基本料金 1,595円~1,870円 550円
通話料金

一般電話宛て:8.8円~88円/3分

携帯電話宛て:22円~44円/1分

一般電話宛て:8.8円/3分

携帯電話宛て:17.6円/1分

※金額は、すべて税込です。

光回線を利用するなら、固定電話も一緒にまとめてしまいましょう。

スマートフォンとセットでお得に使う

光回線の中には、スマートフォンとセットにすると割引が適用される会社もあります。

主にドコモやソフトバンクなどのキャリアと契約している人が対象の割引で、どのキャリアが割引になるかは回線業者によって様々。いずれにしても、セット割の申し込みをしないと割引は適用されませんので、申し込み時にしっかりと確認しておきましょう。

例えば、NURO 光の場合はソフトバンクユーザーに対してスマホ1台あたり月額550円1,100円(税込)の割引」が適用されるため、複数台所有していれば大きな割引を受けられます。

NURO 光は光回線の中でもお得に利用できるインターネット回線

NURO 光は、下り最大2Gbpsという高速回線で人気の光回線です。多くの光回線の速度は下り最大1Gbpsであるため、理論値上は2倍の速度を実現しています。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

ただし、NURO 光の魅力は速度だけではありません。以下のような特徴を持った光回線です。

・月額料金が安い
・工事費が実質無料
・プロバイダがセット
・ソフトバンクスマホとセットでお得に

>>NURO 光の詳細はこちら

月額料金が安い

NURO 光の月額料金は、5,217円(税込)。一般的な光回線の月額料金が5,000円~6,000円であることを考えると、非常にリーズナブルです。

さらに、この料金にはプロバイダの利用料金が含まれています。

速さだけでなく、安さも魅力の光回線です。

工事費が実質無料

NURO 光では工事費用が44,000円(税込)かかりますが、特典により実質無料となります。

特典の内容は、「44,000円(税込)分の工事費用が30か月に分割されて2か月目~31か月目にかけて請求されるものの、同等額が割引される」というもの。そのため、実質無料となるわけです。

31か月経過が経過する前にNURO 光を解約した場合は残債を支払う必要がありますが、長期利用をすることで実質的な負担なしで回線工事が行えます。

プロバイダがセット

NURO 光はプロバイダがセットになった光回線サービスです。ソニーネットワークコミュニケーションズが提供しているため、プロバイダはSo-netとなります。

プロバイダを別契約する必要がないため、「回線料金以外に別途料金がかかる」「請求が分かれるので煩雑」といった心配はありません。

ソフトバンクスマホとセットでお得に

NURO 光には、ソフトバンクの割引特典である「おうち割 光セット」が用意されています。加入すると、スマホ1台あたり月額550円~1,100円(税込)の割引を受けることが可能です。

仮に家族4人全員がソフトバンクであれば、月額2,200円4,400円(税込)の割引が適用される計算に。

NURO 光 でんわ」の加入が必要など割引適用の条件をいくつかありますが、大きな割引だと言えるでしょう。

>>NURO 光の詳細はこちら

まとめ

光回線は、電話線の有無にかかわらず利用が可能です。

ADSL回線のサービス終了を受け、光回線へのシフトが今後さらに加速することが予想されます。

光回線の特徴を理解したうえで、ぜひお得な光回線を選択してください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる