光回線を利用してテレビを視聴するデメリットや注意点は?|メリットも解説

なんとNURO 光43000円キャッシュバック

光回線の普及に伴い、「ひかりTV」などインターネット経由でテレビを視聴できるサービスの利用者も増えています。

光回線を利用するため、アンテナを立てる必要もなく手軽で便利に利用できますが、デメリットはないのでしょうか?

この記事では、「光回線を利用してTVを視聴するサービス」のデメリットや注意点に焦点を当て、利用前に確認しておきたい注意点などを解説します。

光回線のテレビに興味はあるけど不安も感じている」という方は、ぜひ参考にしてください。

光回線を使ってテレビを視聴するデメリット

では早速、光回線を使ってテレビを視聴サービスのデメリットについて、確認していきましょう。

・エリア外の地域も存在する
・工事費用が別途発生する場合がある
・解約金が発生する場合がある
・光回線の契約が必要
・光回線を解約するとTVを視聴できなくなる

上記5項目の詳細は、以下の通りです。

エリア外の地域も存在する

光回線を使ったテレビサービスを利用するには、対象となる光回線事業者の提供エリアに住んでいる必要があります。

さらに、事業者によってはテレビサービスに対応したエリアが限定しているため、インターネットは利用できてもテレビサービスは利用できないといったケースもあります。

各社の公式サイトから、事前にエリアを確認しておきましょう

工事費用が別途発生する場合がある

光回線を使ったテレビサービスを利用するには配線工事が必要なため、別途費用がかかります。具体的な費用は回線事業者によって異なりますが、テレビの台数が多いと20,000円~30,000円ほどかかるため、初期費用が高額になりがちです。

ただし、キャンペーンや特典で工事費用が減額になるケースや、実質無料になるケースもあります。申し込み時は、入会特典をしっかりチェックしておきましょう。

解約金が発生する場合がある

多くの光回線は2年契約プランを採用しており、その期間内に解約すると解約金を支払う必要があります。

光電話やサポートなどのオプションには基本的にそのような縛りはありませんが、テレビサービスには設定されている場合が多いです。

インターネットの解約金とは別に請求されるため、注意してください

光回線の契約が必要

光回線でテレビを利用するには、当然ですが光回線の契約が必要です。

フレッツ光のように回線とプロバイダを別々に契約するタイプの光回線の場合はプロバイダ契約をしなくてもテレビサービスを利用できますが、その場合でも光回線の契約は必要です。

そのため、ネット環境が不要な方にとっては割高に感じるかもしれません

光回線を解約するとTVを視聴できなくなる

上記とも関連しますが、光回線経由のテレビサービスを利用している場合、元の光回線サービスを解約してしまうと、テレビも観られなくなります。

テレビだけ光回線で残すといったことができないため、光回線を解約する場合はテレビも視聴できなくなると覚えておきましょう。

また、他社回線に乗り換えると場合は、テレビサービスも一緒に乗り換える必要があります

光回線を使ってテレビを観る際の注意点3つ

続いて、光回線経由でテレビを視聴する際の注意点について解説します。

・地デジやBSの無料放送のみを長期的に視聴するならアンテナ設置の方がお得
・録画時に専用チューナーが必要
・複数台契約時に別途契約が必要

上記3点の詳細は、以下の通りです。

地デジやBSの無料放送のみを長期的に視聴するならアンテナ設置の方がお得

光回線を使ってテレビを視聴するには、月額825円~数千円ほどの費用がかかります。

一方、アンテナの設置には以下の費用がかかりますが、地デジやBSの民放視聴料は無料です。

アンテナの新規設置代
・地デジアンテナ⇒約35,000円40,000円
・BS/CSアンテナ⇒約27,000円

例えば、地デジアンテナとBS/CSアンテナに約40,000円+27,000円かかった場合の合計費用は、67,000円です。NTTフレッツテレビの月額料金は825円(税込)なので、67,000÷825=81.21ヶ月(6.76年)となり、7年使えばアンテナ設置の方がお得だと分かります。

地デジやBSの民放のみを視聴する場合は、長期的にはアンテナの方が割安になりやすいです

録画時に専用チューナーが必要

専門チャンネル番組を録画する際に、チューナーが必要となる場合があります。

これまで使っていた録画機が使えないケースもありますし、解約すると録画した番組が視聴できなくなくなるケースもあるため、注意が必要です。

複数台契約時に別途契約が必要

専用チューナーの設置が必要なテレビサービスを複数台のテレビで視聴する場合、テレビの数だけ専用チューナーの設置が必要です。

光回線を使ってテレビを視聴する方法

現在、光回線を使ったテレビサービスは、大きく分けて以下の4つです。

・フレッツテレビ
・電力会社の光テレビ
・ひかりTV
・ケーブルテレビ

サービス内容や料金、特徴は各社異なりますので、詳細は以下の記事を参考にしてください。

>>光回線でテレビを観る4つの方法を比較|メリット・デメリットも解説

光回線を使ったテレビサービスのメリット

この記事ではデメリット面に焦点を当てて紹介しましたが、光回線を利用したテレビサービスにはデメリットを上回る以下のようなメリットがあるのも事実です。なお、テレビをインターネット接続するだけなら、通常のインターネット料金(契約している回線+プロバイダ料金)のみで利用できますので、合わせてこちらの記事をご確認ください。

>>テレビをインターネットに接続する方法|有線と無線のメリット

・アンテナが不要になる
・台風や雷などの悪天候に強い
・初期費用を抑えられる
・専門チャンネルを視聴できる
・外観が損なわない

各項目の詳細は、下記の記事を参照ください。

>>光回線でテレビを観る4つの方法を比較|メリット・デメリットも解説

専門チャンネルを観るなら「ひかりTV for NURO」がおすすめ

NURO 光も、「ひかりTV for NURO」というテレビサービスを提供しています。

映画やアニメ、ドラマ、音楽などの専門チャンネルが90ch以上用意されているほか、約152,000本のビデオオンデマンドサービスもあるなど、コンテンツが充実。

仕事後や休日には、家でゆっくりテレビを観たい方や民放の番組には飽きてしまった方にはぴったりのサービスです。

>>ひかりTV for NUROの詳細はこちら

メリットや接続方法、特典については下記記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

>>NURO 光のテレビサービス「ひかりTV for NURO」を解説|メリットや注意点も

NURO 光は、以下のような理由で人気の光回線です。

・通信速度が速い
・月額料金がリーズナブル
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiルーターを貸し出し

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbpsと下り最大10Gbps
一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍と10倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

2Gbpsの通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


10Gbpsの通信速度について
※「10Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の最大速度です。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(10GBASE-T利用)時で概ね10Gbps、無線接続時で概ね4.8Gbps(弊社が設置する宅内終端装置の機種によっては2.4Gbps)です。
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現する2ギガプラン(3年契約)の月額料金は、5,200円(税込)となっています。(10ギガプラン(3年契約)の月額料金は5,700円(税込))

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」などの入会特典も受けられます。
NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下いずれかの特典を選べます。

1年間 月額980円(3年契約プランのみ)
43,000円キャッシュバック
PlayStation®5 for NURO
・NURO 光にのりかえ特典(最大6万円還元)

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

【NURO 光 公式申込でついてくる特典】
・最長2か月、解約が完全無料!(契約解除料や工事費残債などが0円)
・基本工事費44,000円が実質無料!

【オプションの申込で得られるもの】
・オプション申込で、最大2万円追加キャッシュバック
・NURO 光 でんわ利用で、ソフトバンクユーザーが最大月額1,100円割引
・ソニー製ONUが必ず届くNUROスマートライフが、初期費用&最大3ヶ月間無料
・NUROモバイル1年間0円~特典(申込後のメールにあるURLからモバイル申込で、3GBプランなら1年間0円特典)

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO 光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには開通工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーター機器のレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すれば最大2ヶ月0円で使えるので非常にお得です!

お引越しなどで「すぐにネット使いたい!」という方にはとてもありがたいサービスですね。なお、NURO 光の申込完了メールにリンクが掲載されています。
※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

まとめ

光回線経由のテレビサービスについて、デメリットや注意点を中心に解説しました。

・エリア外の地域も存在する
・工事費用が別途発生する場合がある
・解約金が発生する場合がある
・光回線の契約が必要
・光回線を解約するとTVを視聴できなくなる
・地デジやBSの無料放送のみを長期的に視聴するならアンテナ設置の方がお得
・録画時に専用チューナーが必要
・複数台契約時に別途契約が必要

一方で、下記のようなメリットもあります。

・アンテナが不要になる
・台風や雷などの悪天候に強い
・初期費用を抑えられる
・専門チャンネルを視聴できる
・外観が損なわない

NURO 光でも、テレビサービス「ひかりTV for NURO」を提供しています。

チューナーの設置が必要、NURO 光とセットで利用することで、専門チャンネルをお得に視聴可能です。

NURO 光との同時申し込みで、キャッシュバック12,000円や月額料金・チューナレンタル代が最大2ヶ月無料などの豪華特典も受け取れます

ぜひ、この機会にご検討ください。

>>ひかりTV for NUROの詳細はこちら