テレビをインターネットに接続する方法|有線と無線のメリット

テレビをインターネット接続すると、大画面で様々なコンテンツを楽しむことができます。

そして、その際に追加料金がかかることはありません。通常のインターネット料金(契約している回線+プロバイダ料金)のみで利用可能です。

この記事では、テレビをインターネット接続することでどんなことができるようになるのか、そして、2つの接続方法とそのメリット・デメリットを解説していきます。

大画面でインターネットを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてください。

テレビのインターネット接続でできること

テレビをインターネット接続することで、以下の様なことができるようになります。

・詳細なデータ・情報の取得
・Webサイト閲覧
・動画配信サービスの利用
・双方向データのやり取り

それぞれ、詳しくご紹介します。

詳細なデータ・情報の取得

テレビがインターネット接続されれば、様々な情報を簡単に得ることができるようになります。

リモコンの「dボタン」を押すだけで、番組情報や天気予報などの詳細データを見ることができるようになるため、わざわざテレビ番組で放送される天気予報を待つ必要がなくなります。

また、このときに表示される番組情報からテレビ番組を録画もすることも可能です。

Webサイト閲覧

テレビをインターネット接続すると、テレビの大画面でインターネット検索やネットサーフィンができるようになります。

ただし、テレビで検索などをする際には、専用のリモコンやキーボードがないと快適ではないためご注意ください。

動画配信サービスの利用

DVDをレンタルする手間が省けると人気の動画配信サービス(VODサービス)ですが、テレビをインターネット接続することで、これらの動画コンテンツを大画面で楽しむことができます。

動画配信サービス(VODサービス)の動画コンテンツはパソコンやスマホでも視聴できるため便利ですが、家族や友人などと一緒に楽しみたい時などは、テレビの大画面は魅力的ですね。

双方向データのやり取り

テレビをインターネット接続することで、テレビのリモコンを使って番組のアンケートなどに回答できるようになります。

クイズ番組の回答や情報番組の投票など、多くの番組で利用されているシステムです。

インターネット対応テレビの接続方法

では、具体的にテレビをインターネットに接続する方法についてご紹介していきたいと思います。

テレビをインターネット接続するためには、まず「インターネット対応テレビ」である必要があります。それを踏まえたうえで、両者を接続する方法は以下の2通りです。

・有線接続
・無線接続

有線接続の方法

有線接続とは、LANケーブルを利用してルーター(またはONU)とテレビを直接接続する方法です。LANケーブル以外に必要な物はありません。

インターネット対応テレビにはテレビの背面(または側面)にLANポートがありますので、そこにLANケーブルを挿してルーター(またはONU)と直接、接続しましょう。

インターネットの接続設定は、テレビによって異なります。テレビ画面を確認しながら、リモコンで操作してください。

無線接続の方法

無線接続に関しては、そのテレビに「無線LAN機能が搭載されているか・いないか」で接続方法が変わってきます。

無線LAN機能が搭載されているテレビの接続方法

無線LAN機能が搭載されているテレビであれば、接続方法は簡単です。

テレビの電源をつけたあと、Wi-Fiの設定画面を開き、手順に沿って設定をしていくだけで接続が完了します。接続の際には、ONU(またはルーター)に記載されているSSIDを選択してから、パスワードを入力してください。

設定完了後、すぐにインターネットの利用が可能になります。

無線LAN機能が搭載されていないテレビの接続方法

無線LAN機能がないテレビの場合は、外部機器を接続してテレビに無線LAN機能を追加する必要があります。そして、必要な外部機器はテレビの種類によって異なります。

無線LANが搭載されていないテレビは、さらに以下の2つのパターンに分類できます。

・LANポートがあるテレビ
・USBポートがあるテレビ

それぞれに必要な機器は、以下の通りです。

LANポートがあるテレビ

必要な機器は、「コンバーター機能搭載のルーター」です。接続手順は、以下の通り。

「コンバーター機能搭載のルーター」をテレビに接続する前に、まず送信側のONU(またはルーター)と受信側のコンバーターの設定を行います。目的は、この2つの機器を無線接続できるようにすることです。

接続設定が完了しましたら、「コンバーター機能搭載のルーター」をテレビに取り付けます(有線接続)。その後、インターネットの接続設定を行います。

設定の際には、有線接続同様、リモコンを使って接続先を探してください。接続設定を行ったONU(またはルーター)を選び、ONU(またはルーター)本体に記載されているパスワードを入力しましょう。最後に、ルーターの「WPSボタン」を押せば接続完了です。

リモコンの操作は、使用しているテレビの機種によって異なりますが、多くの場合、「ホーム」のなかに「設定」の項目があるので、それを選択。そこからさらに「通信設定」を選択すれば設定画面に移行できます。

画面の指示に従いながら進めれば、迷うことは少ないでしょう。

USBポートがあるテレビ

必要な機器は、「USB無線LANアダプター」です。

「USB無線LANアダプター」をテレビに取り付け、無線接続と同様にテレビ画面を確認しながら接続したいONU(またはルーター)を選択してください。最後に、本体に記載されたパスワードを入力すれば接続完了です。

有線接続と無線接続のメリット・デメリット

有線接続と無線接続には、それぞれにメリット・デメリットがあります。両者を比較していきましょう。

これらのメリット・デメリットは、自宅のパソコンを有線接続する場合・無線接続する場合と共通です。

有線接続のメリット・デメリット

有線接続のメリットは、2つです。

〇メリット〇
・通信が安定する
・速度が出しやすい

有線接続では、テレビとONU(またはルーター)を直接ケーブルでつなぐため、通信速度が出しやすく、また安定しやすくなります。そのため、より快適な環境でインターネット通信をしたいのでしたら有線接続がおすすめです

一方で、有線接続には以下のデメリットもあります。

〇デメリット〇
・ケーブルが邪魔になる
・ケーブルが届かない範囲でしかインターネット利用ができない

テレビとONU(またはルーター)を物理的に接続するため、ケーブルが邪魔になってしまいます。部屋をスッキリ見せたいのでしたら、あまりおすすめできない方法になってしまいます。

また、有線接続の場合はケーブルの届く範囲のテレビしかインターネットにつなぐことができません。長いケーブルを使用すれば遠くのテレビと接続することも可能ですが、1階のリビングにあるルーターと2階の別の部屋にあるテレビを有線で繋げるという方法は現実的ではないでしょう。

無線接続のメリット・デメリット

無線接続のメリットは、3つです。

〇メリット〇
・配線が必要ない
・ONU
(またはルーター)との距離に関係なくインターネットの利用が可能
・複数台のテレビのインターネット接続が可能

無線接続では配線の必要がないため、部屋をスッキリと見せることができます。また、無線接続ではLANケーブルが届かない距離のテレビでもインターネットに接続できるようにます。ただし、接続できる距離は無制限ではありません。同じ家の中でも、壁などの障害物をはさむと接続が安定しないこともありますので、ご注意ください。

さらに、無線接続では複数台のテレビをインターネットに接続することも可能です。

続いて無線接続のデメリットも有線接続を確認していきましょう。

〇デメリット〇
・有線に比べて接続が不安定
・速度が出しづらい

ONUの性能やWi-Fi規格にもよりますが、一般的に無線接続は有線接続に比べて通信が安定しないうえ、速度も出しにくくなってしまいます。

とはいえ、通常の利用でそこまで気になるほどではないでしょう。高画質の動画などを楽しみたい場合に接続状況が気になる場合は、回線そのものの見直しも視野に入れてみてください。

テレビのインターネット接続を安定させたいなら、高速回線を!

テレビをインターネットに接続した際の通信速度や安定性は、利用している固定回線の回線速度によって大きく変化します。

より快適なインターネット通信をしたいのでしたら、有線・無線といった接続方法にこだわるよりも契約中の回線を見直してみてはいかがでしょうか。

その際は、ぜひ高速通信が可能な光回線NURO 光をご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちら

NURO 光は、下記のような理由で多くの方にご利用いただいている光回線です。

・速度が速い
・ONUに無線LANルーターの機能がついている
・料金がお値打ち
・特典も豊富
・開通までポケットWi-Fiの貸し出しを行っている

1つずつ、確認しましょう。

速度が速い

一般的な光回線の速度が下り最大1Gbpsであるのに対し、NURO 光の速度は下り最大2Gbpsと規格上2倍の速さを誇ります

さらに、専用の回線を使用しているため、時間帯に関わらず通信速度が安定しやすいという点も、NURO 光の特徴です。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

ONUに無線LANルーターの機能がついている

NURO 光で貸し出されるONUには、無線LANルーターの機能が備わっています。そのため、テレビと無線接続する場合にも、自前で無線ルーターを用意する必要がありません。

ただし、テレビに無線LAN機能が付いていない場合は、テレビ側につけるコンバーター機能搭載のルーターもしくはUSB無線LANアダプターが必要になりますので、ご注意ください。

料金が安い

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,217円(税込)となり、この金額にはプロバイダ料金も含まれています

回線によってはプロバイダ料金が別途必要なものもあるため、お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

詳しくは後述しますが、公式サイトからのお申込で「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられますので、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

特典も豊富

NURO 光には、様々な特典があります。まず、契約時に以下の4つから、お好みのものを1つ選びます。

・キャッシュバック
・1年間月額980円
(税込)
・ひかりTVとセットで1年間の月額1,650円
(税込)~
・3ヶ月間500円
(税込)のワンコインプラン

上記の特典を組み合わせることはできませんが、上記の特典との組み合わせが可能な特典も多数あります。

また、ソフトバンクユーザーならば、「おうち割 光セット」の割引特典や「ホワイトコール24」の通話料無料特典なども利用できます(その際には、ひかり電話に加入する必要があります)。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

開通までポケットWi-Fiの貸し出しを行っている

NURO 光では、開通工事が完了するまでの期間に希望者に対してポケットWi-Fiの貸し出しを行っています。

光回線を利用するためには工事が必要で、混み合っている時期などは工事に時間がかかる点が難点です。そのため、場合によってはインターネットを利用できない期間が生じてしまうリスクもありました。

しかし、NURO 光の場合は万が一工事が長引いてしまう場合でも、特別価格で利用できるポケットWi-Fiがあるため安心です。料金は日割り計算されるため、開通後の期間とダブってしまうこともありません。

まとめ

インターネットをテレビに接続する方法には、「有線接続」と「無線接続」の2種類があります。有線接続の方が、速度が速く安定しますが、そもそも速度を出したいのでしたら、高速回線への乗り換えがおすすめです。

これを機会に、NURO 光で快適なインターネットライフを送ってください

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる