NURO 光を引越し後も継続利用する手続きの流れと注意点について

現在NURO 光を利用している方が「引越し先でも引き続きNURO 光を利用する」場合、どのような手続きをすればよいのでしょうか?

実は、NURO 光の場合、引越し時には一度「解約」を行い、引越し先の住所で新たに契約をするという形式をとります。

ただ、そうなると解約に伴う違約金や工事費の残債、新規で契約する際の事務手数料などが心配になりますよね。

そこで今回は、引越し時でも安心の「NURO 光ご利用者向け移転特典」について詳しく解説していきたいと思います。

>>「NURO 光ご利用者向け移転特典」の詳細はこちら

移転特典の利用で各種費用が無料に!

 

NURO 光では現在、解約や引越し先での新規契約にかかる様々な手数料が無料になる移転特典」を実施。

費用面だけでなく、メールアドレスの変更が不要になるなど、安心してNURO 光を使い続けるための仕組みが整っています。

まずは、NURO 光の「移転特典」について、詳しく解説していきます。

※NURO 光 G2・G2Vに2020年12月21日以前にお申込みいただいたお客さま、または2020年12月22日以降にコース変更でお申込みいただいたお客さまが対象となります。

NURO 光の「移転特典」の内容は?

NURO 光の「移転特典」の内容は、大きく分けて以下の4点です。

・各種手数料が免除
・移転時の事務手数料、工事費が実質無料
・設定サポートが無料(1回のみ)
・現在のメールアドレスをそのまま利用できる

順番に解説していきます。

各種手数料が免除

通常、NURO 光の解約時には、以下の解約手数料がかかります。

・契約違約金
・工事費残債

契約違約金は10,450円(税込)で、2年間の継続利用を条件に料金がお得になる「NURO 光 G2 V」プラン利用時に、更新月以外に解約をした場合に発生します。

工事費用は44,000円(税込)を30分割して30か月に渡って請求されるため(「NURO 光 G2 V」プランの場合は同等額が割引されるため、実質無料です)、解約時に残債が残っている場合は一括で請求されます。

これらの解約手数料が、「移転特典」を利用することで無料となります。

移転時の事務手数料、工事費が実質無料

引越し後の新居でもNURO 光を利用する場合、新たに回線工事を行う必要があります。

引越し前の際と同様、回線工事の費用は44,000円(税込)かかりますが、「移転特典」の利用で実質無料に。実際の工事費は30ヶ月の分割払いですが、分割金額と同額が毎月の利用料から引かれて相殺されるという形です。

引越し前の工事費用の残債も無料となり、引越し後の工事費用も実質無料になるというわけですね。

また、新しい回線の事務手数料も無料です。

設定サポートが無料(1回のみ)

「移転特典」を利用すれば、設定サポートを一度だけ無料で利用することができます。

専門のスタッフが自宅に訪問、または遠隔操作や電話で設定を行う人気のサービスですが、引越し前にすでに利用している場合でも再度利用が可能です。

現在のメールアドレスをそのまま利用できる

2020年12月21日までにNURO 光をお申込いただいた方、もしくは2020年12月22以降にSo-netからNURO 光にコース変更された方にはSo-netのメールアドレスが付与されますが、引越し後も引き続き同じアドレスが使用できます。

「移転特典」の3つの注意点

ただし、「移転特典」には以下の3点の注意点があります。

・移転特典が使えないプランがある
・NURO 光のエリア外に引っ越す場合には使えない
・撤去工事費がかかる場合がある

こちらも、1つずつ解説していきます。

移転特典が使えないプランがある

「移転特典」は、以下の2つのプランのみに適用される特典です。

・NURO光 G2・G2 V

したがって、以下のプランを利用中の場合は適用対象外となります

・NURO 光 10G
・NURO 光 10Gs/6Gs
・NURO 光 for マンション

契約が上記のプランの場合には、契約違約金や工事費残債の支払いを行う必要があります。

NURO 光のエリア外に引っ越す場合は使えない

引越し先がNURO 光の対象エリア外の場合、NURO 光の回線自体ご利用になれません。

その場合は、こちらの「引っ越し後のインターネット回線をスムーズに移行する方法!継続する場合と解約する場合の注意点」をご覧ください。

そのため、「移転特典」の対象とならず、契約違約金・工事費残債の支払いが必要となります。

NURO 光の対象エリアは、以下の地域です。

北海道
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海(愛知、静岡、岐阜、三重 )
関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
九州(福岡、佐賀)

※一部エリア除く

撤去工事費用がかかる場合がある

「移転特典」を利用すれば、解約違約金や工事費残債の支払いは免除されます。

しかし、元の住まいの撤去費用は必要に応じて支払う必要があります。料金は以下の通りです。

・回線撤去11,000円(税込)
・NURO 光 でんわ1,100円(税込)/ ナンバーポータビリティ2,750円(税込)

ただし、この撤去費用は元の住居の管理会社によって異なります。

退去時の原状回復に回線撤去が必須であるケースでは、上記の撤去費用が発生しますが、回線撤去の必要がない場合には撤去費用はかかりません。

>>「NURO 光ご利用者向け移転特典」の詳細はこちら

解約後に新規契約をすると損してしまう!

続いて、引越し時の2つ目のパターンをご紹介します。

それは、「一度解約をして、まったく新しい新規契約をし直す」という方法です。

もちろん、この方法ができないわけではないのですが、
この場合、解約違約金・工事費残債・新規事務手数料を支払う必要が生じてしまう上に、原則として新しく別の特典(キャッシュバック等)を受けることはできません

引越しを予定している方は、移転特典での申し込みを行ったほうがお得になります。

引越し時の手順について

NURO 光の引越し時の手順として、「移転特典」を利用する場合の手順を解説します。

NURO 光の移転特典を使う手順

「移転特典」を利用する場合は、こちらのページからWebまたは電話で申込をしましょう。

手順は、以下の通りです。

・Webフォームに沿って情報入力、または「引越・コース変更ダイヤル」に連絡し、引越し先の情報を伝え、解約日と開通工事日を決定する

・ナンバーポータビリティをする場合は、NTTの加入電話権を復活させる

・希望日に、レンタル機器を業者が回収する(移転先での回収も可能)

・移転先での宅内工事

・移転先での屋外工事(ここでNURO 光開通)

・ナンバーポータビリティを行う場合は、ナンバーポータビリティの工事
※ナンバーポータビリティをする場合はWebでのお申込ができないため「引越・コース変更ダイヤル」にご連絡ください

引き続き、NURO 光を利用する場合も、一度、レンタル機器を返却する必要があります。

また、開通までの期間は、日割りでポケットWi-Fiをレンタルすることも可能です。特別価格での利用ができますので、開通までの間ネットが使えないと困る!という方は、ぜひご検討ください。

まとめ

引越し後も引き続きNURO 光を利用する場合の手順について解説しました。

引越し後も安心してNURO 光をご利用いただけますので、移転特典の内容や移転の手順を確認し、手続きを進めてください。

>>「NURO 光ご利用者向け移転特典」の詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる