マンションのインターネットが遅い3つの理由とその改善方法

マンションでインターネット通信をしていて、「速度が遅い」と感じたことはありませんか? あるとしたら、その原因はいったいなんなのでしょうか?

この記事では、マンションでのインターネット通信の速度が遅くなってしまう原因と、その改善方法をご紹介していきます。

マンションのインターネットが遅くなる理由は?

マンションのインターネットが遅くなってしまう理由としては、以下の2点が考えられます。

・1本のネット回線が共有されている
・最後まで光回線ではない

それぞれ、解説します。

1本のネット回線が共有されている

マンションでは、建物に引かれた1本の光ファイバーケーブルを、各部屋に分配しています。

そのため、各部屋のインターネット使用状況によっては、1本の光ファイバーケーブルを独占する戸建てよりも通信速度が遅くなってしまいます。

また、部屋に設置してある無線ルーターの性能が原因で遅くなってしまっているパターンもあります。ルーターが原因の場合は、性能の問題もありますが、それだけではありません。1台のルーターから、スマホ、パソコン、ゲーム、タブレットなどの複数の機器を接続することによっても通信速度は遅くなってしまいます。

いずれの場合にしても、こうなってくると個人で速度を上げるための対応をすることは、あまり現実的とは言えません。根本を改善していかなければいけなくなってしまいます。

最後まで光回線ではない

たとえ光回線と契約しているマンションの場合でも、末端部まで光ファイバーケーブルで接続しているわけではありません。

とくに古いマンションの場合、光ファイバーケーブルで接続されているのは配電盤室までで、そこから先の各部屋までは一般電話回線で接続されている場合がほとんどです。

一般電話回線での接続にはVDSLという方式が使用されていますが、これはADSLと同種の技術であり、光回線の方式よりも通信速度が遅くなってしまいます。

ただし、新しいマンションでは最初から光ファイバーケーブルが各部屋まで配線されている場合もあります。

速度が遅いときの改善方法

インターネット回線が遅いと感じる場合は、まずは以下の記事で紹介している方法を試してみてください。

>>インターネットが遅い原因と対処法は?原因別の解決方法を紹介!

ここでは、「マンションのインターネット通信」に限定して、速度が遅いと感じる場合の対処法をご紹介します。

・混雑時を回避する
・おもいきって回線を乗り換える

順番に解説していきます。

混雑時を回避する

前述の通り、マンションでは1本の光ファイバーを各部屋に分配して利用するという形をとっています。

そのため、多くの人がインターネットを利用するタイミングが重なってしまうと、必然的に通信速度は遅くなってしまいます。

とくに夜の時間帯は、多くの人が集中してインターネットを利用する傾向にありますので、その時間を避けて利用することで通信速度の著しい低下を防ぐことができます。

おもいきって回線を乗り換える

マンションのインターネット通信を常に快適にするおすすめな方法は、おもいきって回線を乗り換えることも1つの手です。

たとえば、マンションが契約している回線業者以外の業者と個人的に契約をすることで、回線速度を上げることができます。

たとえマンションに住んでいる場合でも、「戸建てプラン」の契約をすることは可能です。

戸建プランに申し込むのも1つの方法

「戸建てプラン」の場合、分配を行うマンションプランと違って自分一人で回線を独占します。そのため、常に快適なインターネット通信を実現可能です。

また、マンションにもともと引かれている回線に縛られることなく、自由に自分の好きな回線を選ぶこともできます。

とくに「NURO 光」は回線速度も速く、ルーター機能は無料で貸し出されるONUに最初からついているので、おすすめです。

>>NURO 光の「戸建プラン」の詳細はこちら

乗り換えるときの注意点

マンションのインターネットを乗り換える際には、下記の点に注意しましょう。

・大家さんの確認をとる
・戸建てプランにすると料金が上がる
・契約したい回線の提供エリアかどうかを確認

それぞれ、解説します。

大家さんの確認をとる

マンションプランから「戸建てプラン」にする際には、新しく回線工事をする必要があります。

そして、回線工事をする際には、マンションの壁に穴を開ける必要が生じます。なかには、これを嫌う大家さんもいるため、マンションで「戸建てプラン」を利用しようと考えている方は、必ず大家さんの許可をとるようにしてください。

許可がとれなければ、「戸建てプラン」での契約ができません。

戸建てプランにすると料金が上がる

マンションプランに比べて、「戸建てプラン」は月額利用料が高くなります。

しかし、その反面、戸建てプランでは光回線をマンション内の各部屋に分配せずに、自分一人の部屋で独占できます。料金が上がる分、快適なインターネット環境が得られます。

契約したい回線の提供エリアかどうかを確認

マンションで戸建てプランを利用する人は増えてきていますが、そもそも住んでいるマンションが契約したい回線の提供エリア内に無ければ、この方法は使えません。

たとえば、超高速の光回線である「NURO 光」と契約したい場合は、お住いのマンションがNURO 光の対象エリアである必要があります。

NURO 光の対象エリアは以下の都道府県です。

北海道
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海(愛知、静岡、岐阜、三重 )
関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
九州(福岡、佐賀)
※一部エリアを除く

上記のエリア内にお住みの方は、ぜひNURO 光の「戸建てプラン」をご検討ください。

どのプランがあなたにぴったりなのかを1分で診断する「プラン診断」がありますので、まずは下記をお試しください!

 

まとめ

マンションで利用しているインターネット回線が遅い場合は、おもいきって乗り換えを行うことで、快適なインターネット環境を得ることができます。

とくにNURO 光ならば、5階建て以下のマンションで「NURO 光10Gs/6Gs」が選べる他、階数制限のない一般の「戸建てプラン」という選択肢もあります。

一般の戸建てプランの場合でも、下り最大2Gbpsという高速通信が可能です。

>>NURO 光の「戸建てプラン」の詳細はこちら

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる