最大2万円!光回線乗り換え時の違約金負担ならNURO 光がお得!

多くの光回線事業者では、他社違約金を負担するキャンペーンや特典を用意しています。それらの特典を利用すれば、現在契約している光回線の解約時に違約金が発生しても、実質負担なく新しい回線に乗り換えが可能です。

多くの方にご利用いただいているNURO 光でも、他社の解約金(違約金)を最大2万円キャッシュバックするあんしんのりかえサポート」を実施していますよ。

この記事では、光回線の解約時に発生する違約金はどのような場合に発生するのか、NURO 光の「あんしんのりかえサポート」はどのような内容なのか、といった点を中心に解説していきます。

光回線の違約金が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

⇒他社の解約金を2万円キャッシュバック!NURO 光はこちら

光回線の解約時にかかる違約金について

多くの光回線には契約期間が定められており、契約期間内に解約すると違約金(解約金・解約手数料)が発生します。

例えば、最低利用期間が2年間・自動更新期間が2年のサービスの場合、違約金の発生するタイミングは主に次のようになります。

解約のタイミング 違約金の有無
1ヶ月目~23ヶ月目 あり
24ヶ月目~26ヶ月目 なし
27ヶ月目~47ヶ月目 あり
48ヶ月目~50ヶ月目 なし

まず、契約して2年以内に解約すると違約金が発生します。24ヶ月目~26ヶ月目は違約金のかからない更新月ですが、その期間を過ぎると自動更新に入り、再度2年契約が開始されるという仕組みです。

つまり、3ヶ月間の更新月以外は違約金が発生するということですね。

また、インターネット回線に接続するには回線とプロバイダの両方に契約が必要です。それぞれに契約期間が設定されている場合がありますので、契約状況を確認しておきましょう。

ただ、最近は回線とプロバイダがセットになったプランも増えています。その場合は違約金の請求が1つにまとまるため、迷うことも少ないでしょう。

光回線の違約金は10,000円~30,000円が相場

違約金の金額は光回線事業者によって異なりますが、約10,000円~30,000円が以前の相場でした。

また、中には、利用月数が短いと違約金が高く、利用期間が長いと違約金が減額されるプランを提供している光回線事業者もあります。

違約金の金額が利用月数にかかわらず据え置かれるか減額されるかは業者によって異なりますので、現在利用している光回線の契約を確認しておきましょう。

【法改正】2022年7月より各社光回線の違約金が減額に

2022年7月より電気通信事業法改正により、光回線事業者の違約金が減額されました。これまでの違約金相場は約10,000円~30,000円でしたが、1ヶ月分の料金が上限となります。

この減額が対象となるのは2022年7月以降に新規契約をした方ですが、2022年6月以前の契約であっても、更新月を過ぎて契約更新をした場合は違約金が減額されます。

これまで光回線の違約金がネックで乗り換えに躊躇していた方も、比較的気軽に乗り換えを検討できるようになったのではないでしょうか

2種類の違約金負担キャンペーン・特典

減額されたとはいえ、できれば払いたくない違約金。

光回線事業者がキャンペーンや特典で実施しているキャッシュバックを利用すれば、違約金を実質0円にすることも可能です。

光回線事業者が行っているキャッシュバックは、主に以下の2つの特典で受け取れます。

・入会特典
・違約金負担特典

入会特典のキャッシュバック

多くの光回線事業者では、新規入会者に対して現金をキャッシュバックする特典やキャンペーンを実施しています。

金額や条件は事業者によって異なり、金額によっては違約金を全額補填できない可能性もありますが、キャッシュバック額が違約金の額を上回ることも多いです。

実際、NURO 光のキャッシュバック入会特典の金額は43,000円と、違約金を大きく上回るキャッシュバック額となっています

違約金負担特典のキャッシュバック

光回線事業者の中には、違約金を直接負担することを目的としたキャッシュバックを実施している会社もあります。

例えば、NURO 光の場合、違約金だけでなく、解約時に発生する以下の費用もキャッシュバックの対象です。

・工事費残債
・撤去工事費用
・端末代の残債

工事費残債

光回線を導入する際は、工事が必要です。その際の工事費用は毎月の回線利用料とともに分割払いとなるケースが多いですが、解約のタイミングで工事費用を完済できていない場合は、残額をまとめて支払う必要があります。

工事費用の残債の有無についてはマイページなどで確認できますので、事前にチェックしておきましょう。

撤去工事費用

撤去工事費用とは、光回線の配線を自宅から撤去する際にかかる費用です。

賃貸物件の場合、退去時に配線の撤去が必要となるケースが多いですが、物件によっては撤去工事が不要な場合もありますので、管理会社に確認をしておきましょう。

端末代の残債

モバイルWi-Fiルーターやホームルーターなどを購入し、本体の代金を分割払いで支払っている場合は、契約期間次第で残債が生じている可能性があります。

解約の段階で完済できていない場合は、光回線の工事費用と同じように、残債をまとめて支払う必要があります。

NURO 光なら入会特典と違約金負担特典の両方を受け取れる!

NURO 光なら、上記でご紹介した入会特典と違約金負担特典の両方を受け取ることが可能です。

・入会特典:43,000円キャッシュバック/1年間月額980円など
・違約金負担特典:最大2万円キャッシュバック

43,000円キャッシュバック

NURO 光 2ギガ(3年契約)とNURO 光 2ギガ(2年契約)を申し込みした方を対象に、43,000円のキャッシュバックを実施しています。開通から半年後の15日に登録したメールアドレスに案内が届きますので、忘れずに手続きを進めてください。

また、キャッシュバックではなく、月額料金が1年間980円(税込)となる入会特典を選ぶこともできます。こちらの特典はとくに手続きは不要で申し込み時に選択するだけですので、できるだけ手間をかけたくない方におすすめです。

他社の解約金を最大2万円キャッシュバック

NURO 光 2ギガ(3年契約)とNURO 光 2ギガ(2年契約)を申し込みした方を対象に、他社違約金を最大2万円までキャッシュバックする特典「あんしんのりかえサポート」を実施しています。

違約金や工事費残債などを確認できる明細コピーなどを事前に用意のうえ、申し込みをしてください。

⇒特典が満載!NURO 光の申し込みはこちらから

違約金負担の特典を利用する際の注意点5つ

ここからは、違約金負担の特典を利用する場合における一般的な注意点についてご紹介します。注意すべきポイントは、以下の5点です。

・違約金は一度払う必要がある
・違約金の請求書を提出する必要がある
・指定期間を過ぎると受け取れない
・オプション加入が必要な場合がある
・入金されるまでに時間がかかる

違約金は一度払う必要がある

違約金負担の特典でキャッシュバックを受け取れる場合でも、実際に現金が振り込まれるのは数ヶ月後です。旧回線の違約金はキャッシュバックを受け取るよりも先に支払う必要があるため、支払い額を一旦立て替える必要があります。

また、違約金負担特典の多くは上限金額が決まっており、超えた分は自己負担です。また、上限金額内で収まった場合でも、余分なキャッシュバックを得ることはできません。

あくまで、実際にかかった違約金を、上限付きで負担する特典となります。

違約金の請求書を提出する必要がある

違約金負担の特典を受けるには、実際の請求額を客観的に提示するため、契約金や撤去費、工事費残債の金額を確認できる明細や請求書が必要となります。

毎月届く請求書やマイページから確認できますが、解約後はマイページにログインできない可能性もあります。解約明細を確認したら、できるだけ早くダウンロードもしくはプリントアウトしておきましょう

指定期間を過ぎると受け取れない

違約金負担の特典や入会特典のキャッシュバックは、受け取りのための手続き期間が決まっています。指定期間を過ぎてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなりますので、注意してください。

キャッシュバックの案内メールが迷惑フォルダに振り分けられてしまうリスクも考慮して、手帳などにキャッシュバックの受け取り期間を記録しておくことをおすすめします。

オプション加入が必要な場合がある

光回線事業者によっては、違約金負担の特典を受けるにあたりオプション加入が必要な場合があります。基本的に数ヶ月で解約できるオプションのため、使う予定がなければ忘れずに外してください。

入金されるまでに時間がかかる

違約金負担や入会特典のキャッシュバックは、受け取りまでに開通して2ヶ月から半年程度時間がかかります。また、この期間は光回線事業者によって異なります。

案内があったときにすぐに手続きをしましょう。後回しにしていると、忘れるリスクが高いため、キャッシュバック受け取りの指定期間を過ぎてしまいます。

違約金負担だけじゃない!NURO 光が選ばれる理由

NURO 光なら入会特典と違約金負担特典の両方を受け取れるため、違約金の心配をすることなく他社からの乗り換えが可能です

また、NURO 光の魅力はキャッシュバックだけではありません。以下のような理由で、多くの方に選ばれています。

・通信速度が速い
・月額料金がリーズナブル
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiルーターを貸し出し
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(3年契約プランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が豊富

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(3年契約プランのみ)
・2年間 月額3,590円(2年契約プランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3ヶ月間 月額0円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大3ヶ月980円かつ容量が無制限で使えるので非常にお得です!

※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

NURO でんきと同時申し込みで毎月501円(税込)割引

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(2年契約プランの場合500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

光回線の違約金はこれまで10,000円~30,000円が相場でした。2022年7月より大幅に減額されましたが、工事費残債や撤去工事費、端末の残債もかかるため、解約時の費用は高額になりがちです。

その点、NURO 光では入会特典と違約金負担特典でキャッシュバックを実施。実質的な違約金の負担なしでの乗り換えが可能です。

ぜひ、この機会に検討してみてください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック