時間帯別電灯と深夜電力の違いとは?|時間帯や注意点も解説

「日中の電気代は夜の電気代よりも高いから、節約のために昼間はなるべく電気を使わないようにしている」。

こんな風に考えている方は少なくありませんが、夜間の電気代を安くするためには、専用の「時間帯別電灯」プランを契約する必要があります。

また、似たようなプランに「深夜電力」がありますが、こちらは時間帯別電灯とは全く別のプランです。

この記事では、時間帯別電灯と深夜電力の違い、そして利用するうえでの注意点について解説していきます。

時間帯別電灯プランとは?

時間帯別電灯プランとは、夜の電気代が安く、昼の電気代が高く設定された電力プランのことです。日中は仕事で自宅の電気を使う機会がなく、帰宅した夜以降にメインで電気を使う方に向いているプランとなります。

例えば、東京電力には「おトクなナイト8」「おトクなナイト10」といった時間帯別電灯プランがありますが、両プランの電力量料金を従来の「従量電灯B」と比較すると、以下のように事んる電力単価が設定されています。

おトクなナイト8

昼間時間(7時~23時) 最初の90kWhまで 24円34銭
90kWhを超え230kWhまで 32円43銭
230kWh超過 37円45銭
夜間時間(23時~7時) 12円48銭

 

おトクなナイト10

昼間時間(8時~22時) 最初の80kWhまで 26円49銭
80kWhを超え200kWhまで 35円29銭
200kWh超過 40円75銭
夜間時間(22時~8時) 12円73銭

 

従量電灯B

24時間 最初の120kWhまで 19円88銭
120kWhを超え300kWhまで 26円48銭
300kWh超過 30円57銭

「おトクなナイト8」「おトクなナイト10」共に、夜間時間の電力量料金は「従量電灯B」よりも安くなっていますが、昼間時間の電力量料金は「従量電灯B」よりも高いです。

時間帯別電灯プランの注意点

上記でご紹介した様に、昼間時間の電気代が高いという点が最大の注意ポイントです。

夜間時間が比較的長い「おトクなナイト10」であっても、22時を過ぎるまでは割高な昼間時間の電力量料金が適用されるため、例えば19時に帰宅すると19時~22時までの3時間は電気代が高くなってしまうのです。

また、休日に家にこもりがちという方も注意が必要です。日中を自宅で過ごすと、割高な昼間時間の電力量料金が適用されてしまいます。

電気代を節約するつもりが結果的に従量電灯Bよりも高額になってしまうことも少なくありませんので、契約前にご自身の行動パターンをしっかりと振り返ることをおすすめします。

時間帯別電灯プランはどんな方におすすめ?

上記の注意点を鑑みて、以下のような方は時間帯別電灯プランを検討してみても良いでしょう。

・帰宅が深夜の方
・休日は出かけることが多い方
・家事を深夜の時間帯にまとめて行うなどの工夫ができる方

いずれにしても、23時~7時もしくは22時~8時の時間帯に集中して電化製品を使い、それ以外の時間はできるだけ電気を使わないよう意識する必要があります。

そういった生活が難しい方は、後ほどご紹介する新電力への乗り換えを検討してください

深夜電力とは?

深夜電力とは、以下の用途に限定された専用の電気回線のことです。

・夜間蓄熱機器
・電気温水器

「従量電灯B」のような通常回線とは別に契約が必要で、深夜の時間帯限定で上記の機器に電気を届ける専用のタイマー付き回線となります。

そのため、深夜電力を利用する場合は2口分の契約が必要です。

各電力会社の時間帯別電灯プランを深夜電力と誤解している方も多いですが、両者は全くの別物ということですね。

昼間の電力量料金が高くてもいいから夜の電力量料金を安くしたいという方は、各電力会社の時間帯別電灯プランを検討しましょう

また、ほとんどの電力会社では、2016年3月31日をもって深夜電力の新規加入受付を終了しています。

光回線とセットで節約という方法も

時間帯別電灯プランを上手に利用すれば、電気代の節約は可能です。

しかし、「一般的な夜の団欒タイムである19時~22時が夜間時間帯に含まれない」など、すべての方におすすめできるプランではありません。

そういった制約なしに家計を節約したいという方は、光回線業者が提供する電気プランへの乗り換えをおすすめします。

例えば、NURO 光が提供するNUROでんき」なら、従来と同品質の電気が利用できるうえ、インターネット料金とセットで毎月の出費を抑えられる可能性があります。

>>NURO でんきの詳細はこちら

ただし、NURO でんきはNURO 光の会員だけが利用できるオプションサービスのため、利用するためにはNURO 光の契約が必要です。

NURO 光を利用することで、インターネットをより快適により安く利用できる可能性がありますので、ここからはNURO 光の特徴についてご紹介していきたいと思います。

NURO 光の特徴は、以下の通りです。

・速度が速い
・料金がお値打ち
・選べる入会特典が豊富
・開通までの期間にポケットWi-Fiの貸し出しあり
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

月額料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(G2Tプラン)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

選べる入会特典が豊富

NURO 光には、申し込み特典があります。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にポケットWi-Fiのレンタルが可能

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにポケットWi-Fiのレンタルを実施5GB/月プランなどの容量に制限があるプランなら、初月980円~レンタル可能です

ポケットWi-Fiのレンタルは日割りで計算されますので、無駄な出費も避けられると好評です。

NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得に

先ほどご紹介した通り、NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

時間帯別電灯と深夜電力は混同されがちですが、両者は全く別物のプランです。

そして、一般的にイメージされる「昼が高くて夜が安いプラン」は、時間帯別電灯となります。

電力量料金が安くなる夜間の時間帯を事前にしっかりと確認し、ライフスタイルに合うという方は利用を検討してみると良いでしょう。

NURO でんきなど、新電力への乗り換えもぜひ検討してみてください。

>>NURO でんきの詳細はこちら

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック