一人暮らしに最適なアンペア数はどれくらい?変更方法も解説

電気の契約アンペア数を下げれば、それだけ電気代の基本料金は下がります。

ただし、必要なアンペア数はお住まいの建物や電化製品の使い方によって異なるのも事実。必要以上に低いアンペアで契約してしまうと、頻繁にブレーカーが落ちてしまうなどの不具合が生じるため、注意が必要です。

この記事では、一人暮らしに最適なアンペア数や平均的な電気代について解説していきます。電気代を節約したい一人暮らしの方は、ぜひ参考にしてください。

一人暮らしの電気代は平均いくら?

総務省統計局の「家計調査 家計収支編 単身世帯(2019年)」のデータによると、一人暮らし(34歳以下)の家計における月額電気代の平均は、2,723円とのことでした。

季節別の平均は、以下の通りです。

・1~3月 : 3,395円
・4~6月 : 2,341円
・7~9月 : 2,452円
・10~12月 : 2,704円

夏場よりも、冬場の電気代が高くなる傾向にあります。

出典:「家計調査 家計収支編 単身世帯(2019年)」(総務省統計局)

一人暮らしに最適なアンペア数は?

現在の電気代は、上記でご紹介した平均値と比べて高いでしょうか?それとも、安いでしょうか?

同じ一人暮らしであっても、電化製品の使い方はもちろん、契約アンペア数の違いによって人によって毎月の電気代に大きな違いが出ます。

契約アンペア数が大きいほど、基本料金が高くなるためです。

一般的に、一人暮らしの多くの方は20~30アンペアで契約していると言われています。節約を意識している方であれば20アンペア契約でも十分暮らせますが、「コンロがIH」「部屋がオール電化」という場合は20アンペアでは足りないでしょう。

コンロがIHであれば30アンペアの契約がおすすめですし、オール電化の部屋に住んでいるのであれば40アンペアでの契約が安心です。

アンペアとは?

そもそも、アンペアとは何を意味する言葉なのでしょうか。

アンペアが意味するのは、「電化製品を使う時に必要な電力のこと」です。そして、契約アンペア数によって同時に使用できる電気の合計量が決まります。

例えば、20アンペアの契約の場合、同時に使用できる電気量の上限が20アンペアになるということです。

家電ごとの消費電力の目安は、以下の表をご覧ください。ご使用の機種によって消費電力は異なります。

テレビ 2~5アンペア
冷蔵庫 4アンペア
電子レンジ 13~15アンペア
ドライヤー 12アンペア

20アンペアで契約している場合、5アンペアのテレビと15アンペアの電子レンジを同時に使用可能ですが、15アンペアの電子レンジと12アンペアのドライヤーを同時に使用するとブレーカーが落ちてしまいます。

厳密な数値というわけではありませんが、100W=1アンペアと考えると、その家電にどれくらいの電力がかかるのかの目安を知ることができます。

電気代の計算方法

電気代は、以下の計算式で求めることができます。

基本料金+②電力量料金×電気使用量±③燃料費調整額+④再生可能エネルギー発電促進賦課金

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

>>電気代の基本料金や世帯別の1か月平均はいくら?計算と内訳を解説

東京電力の従量電灯Bの場合、契約アンペア数(10~60アンペア)によって基本料金が変わり、別のプランが適用されます。

アンペア数別の基本料金

東京電力の従来電灯Bのアンペアごとの月額料金は、以下の表をご覧ください。

従量電灯B

10A 1契約 286円00銭
15A 429円00銭
20A 572円00銭
30A 858円00銭
40A 1,144円00銭
50A 1,430円00銭
60A 1,716円00銭

同時に使用する電化製品が多ければ多いほど、必要なアンペア数は増加します。少しでも契約アンペア数を下げて電気代を節約したい方は、できるだけタイミングをずらすなど、電化製品の使い方を工夫しましょう。

電力量料金とは?

電力量料金とは、使用した電気の量に応じて定められる電気の単価です。電気の使用(使用KWh数)に合わせて3段階に変化します。

電力量料金 単位 料金(税込)
最初の120kWhまで
(第1段階料金)
1kWh 19円88銭
20kWhをこえ300kWhまで
(第2段階料金)
26円48銭
上記超過
(第3段階料金)
30円57銭

電力量料金は、契約アンペア数に関係なく決まります。そのため、いくら低いアンペア数で契約してもたくさん電気を消費すると、当然その月の電気代は高額になります。

アンペア数は同時に利用できる電気量の上限であり、「電力量料金×電気使用量は使用した分の従量課金分と認識しておきましょう

電気代節約のためには、「同時に利用する電化製品の数を減らして契約アンペア数を下げ、電力消費量そのものも抑える」といった2つの視点が必要となります。

アンペア数の変更方法

契約アンペアの変更方法は、以下の2通りです。

・アンペアの制限がないプランに乗り換える
・現在のプランのままでアンペア数を変更する

いずれの場合も、ご自身で電力会社に変更を依頼する必要があります。また、変更は1年単位でしかできませんのでご注意ください。

アンペアの変更にあたっては、大家さんや管理会社に連絡を入れましょう。報告の義務があるわけではありませんが、アパートやマンションによってはアンペアの変更ができないケースもあるため、一度確認することをおすすめします。

電気代の節約方法

電気代の節約方法の基本は3つです。

・こまめに電気を消す
・待機電力をカット
・節電タップなどを利用する

使用していない家電の電源はコードから切ることを徹底したり、節電のために節電タップをしようしたりするとよいでしょう。

具体的な方法は以下の記事で紹介していますので、併せて参考にしてください。

>>電気代を節約する方法を徹底解説|冷房・暖房器具、照明の使い方は?

>>節電タップの仕組みと効果を解説|注意すべきデメリットとは?

光回線とセットの電気プランで家計の節約を

根本的に家計を節約したいという方は、光回線業者が提供する電気プランへの乗り換えをおすすめします。

例えば、NURO 光が提供するNUROでんきなら、従来と同品質の電気が利用できるうえインターネット料金とセットで毎月の出費を抑えられる可能性があります

>>NURO でんきの詳細はこちら

ただし、NURO でんきはNURO 光の会員だけが利用できるオプションサービスのため、利用するためにはNURO 光の契約が必要です。

NURO 光を利用することで、インターネットをより快適により安く利用できる可能性がありますので、ここからはNURO 光の特徴についてご紹介していきたいと思います。

NURO 光の特徴は、以下の通りです。

・速度が速い
・料金がお値打ち
・選べる入会特典が豊富
・開通までの期間にポケットWi-Fiの貸し出しあり
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

月額料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(G2Tプランの料金)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

選べる入会特典が豊富

NURO 光には、申し込み特典があります。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にポケットWi-Fiのレンタルが可能

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにポケットWi-Fiのレンタルを実施5GB/月プランなどの容量に制限があるプランなら、初月980円~レンタル可能です

ポケットWi-Fiのレンタルは日割りで計算されますので、無駄な出費も避けられると好評です。

NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得に

先ほどご紹介した通り、NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降もNURO でんき永年割引が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

一人暮らしにおすすめの契約アンペア数は、20~30アンペアです。

少しでも節約したい方は、同時に使用する電化製品が少なくなるよう工夫をして、さらにアンペア数を抑えても良いでしょう。逆に、部屋のコンロがIH、もしくはオール電化の場合は、30~40アンペアの契約でないとブレーカーが落ちるなどのトラブルが発生するかもしれません。

ご自身の生活スタイルや部屋の状況に応じた適切なアンペア数となっているか、ぜひ契約内容を見直してみてください。

>>NURO でんきの詳細はこちら

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック