NURO 光 6Gsの特徴や対応エリアを解説!10Gsとの違いや注意点は?

NURO 光には、一般的な戸建てプランである「NURO 光 G2 V」よりもさらに高速にインターネット利用ができるプランがあります。

「NURO 光 10G」「NURO 光 10Gs/6Gs」というプランです。

この記事では、そのなかの1つである「NURO 光 6Gs」について、詳しく解説していきます。

>>「NURO 光 10Gs/6Gs」の詳細はこちら

NURO 光の6Gsプランとは?

NURO 光 6Gsプランの通信速度は、上下最大6Gbpsです。一般の戸建てプランの通信速度が下り2Gbpsですので、より高速のインターネット通信が可能です。

また、「NURO 光 6Gs」と「NURO 光 10Gs」との違いは、価格と回線速度だけです。

「NURO 光 6Gs」が上下最大6Gbpsであるのに対し、「NURO 光 10Gs」は上下最大10Gbpsでインターネット通信ができます。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※「10Gbps」「6Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の最大速度です。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(10GBASE-T利用)時で10Gsプラン:概ね10Gbps、6Gsプラン:概ね6Gbps、無線接続時で概ね1.7Gbpsです。
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

速度の理由は次世代ネットワーク規格の採用

「NURO 光 6Gs」が一般の戸建てプランである「NURO 光 G2 V」よりも速い理由は、ネットワーク規格の違いです。

「NURO 光 G2 V」ではG-PONというネットワーク規格を採用していますが、「NURO 光 6Gs」では次世代ネットワーク規格であるXGS-PONを採用しています。

PONとはPassive Optical Networkの略で、回線共有技術のこと。基本的に、規格が新しくなるほどに回線速度が速くなっていきます。

戸建てプラン(NURO 光 G2 V)との共通点

「NURO 光 6Gs」と「NURO 光 G2 V」の共通点は、主に以下の4点です。

・Wi-Fi機能付きONUの無料貸し出し
・カスペルスキー
(セキュリティソフト5台無料)
・工事内容や開通までの期間

また、「NURO 光 でんわ」や「ひかりTV for NURO」といった各種有料オプションの利用料金も、戸建てプランと一緒です。

NURO 光 6Gs独自の特徴

ここからは、「NURO 光 6Gs」独自の特徴について解説していきます。

・価格は5,243円
・60,000円の工事費用が実質無料または分割
・対応エリアが限定されている
・契約期間と違約金が2Gbpsのプランとは異なる
・キャッシュバックなどの特典がない

これらは「NURO 光 G2 V」と異なる特徴ですので、1つずつ確認していきましょう。

価格は5,243円

NURO 光 6Gsの月額利用料金は5,243円(税抜)。「NURO 光 G2 V」よりも500円高くなっています。

参考までに、XGS-PONを採用しているもう1つのプラン「NURO 光 10Gsの月額利用料金は、5,743円(税抜)です。

60,000円の工事費用が実質無料または分割

「NURO 光 6Gs」の工事費用は、60,000円(税抜)です。「NURO 光 G2 V」の工事費用は40,000円(税抜)ですので、20,000円ほど高額となります。支払いは60ヶ月の分割で、月額利用料金とあわせて請求されます。

ただし、3年間の継続契約を約束するプランを選択すると、工事費用の60,000円が実質無料になります。分割工事費用と同額が、月額利用料金から値引きされるという形式です。

ちなみに、「NURO 光 G2 V」の工事費用にも実質無料となる仕組みがあります。金額と継続期間は異なりますが、継続利用で無料となる点は共通です。

途中解約をした時点で工事費用の残債が残っている場合は、一括支払いが必要になりますのでご注意ください。

対応エリアが限定されている

「NURO 光 6Gs」の対応エリアは、以下の地域に限られています。

【NURO 光 6Gs対応エリア】
北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、静岡県、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県の一部エリアのみ

「NURO 光 G2 V」よりもエリアが限定されるため、まずはお住いの地域が対応エリアかどうかを確認しておきましょう。

また、「個人宅もしくは5階建て以下のマンション」という建物の階数制限があります。仮に対応エリアでも、建物の種類によっては利用できませんのでご注意ください。

>>お住いの地域が「NURO 光 6Gs」の対応エリアか確認する

契約期間と違約金が2Gbpsのプランとは異なる

NURO 光 6Gsを継続契約ありで申し込んだ場合の契約期間は、3年間です。3年ごとに自動更新という形になります。これは、「NURO 光 G2 V」の2年ごとに自動更新よりも長くなっています。

「NURO 光 6Gs」の継続契約も「NURO 光 G2 V」も、更新月以外に解約した場合は契約解除料金がかかります。「NURO 光 G2 V」の契約解除料金は9,500円ですが、「NURO 光 6Gs」の契約解除料金は20,000円と高額ですのでご注意ください。

キャッシュバックなどの特典がない

「NURO 光 6Gs」には、「NURO 光 G2 V」で選択可能なキャッシュバック特典はありません。

ただし、継続契約ありの場合は初月無料・2~3ヶ月目が500円(税別)で利用可能なワンコイン特典が適用されます。

NURO 光 6Gsの注意点

「NURO 光 6Gs」には、大きな注意点があります。

それは、使用するパソコンや周辺機器のスペックが低いと、せっかくの高速通信を活かしきれないという点です。

例えば、パソコンに挿すLANカードを10GBASEのものに交換する、LANケーブルもカテゴリ7以上のものを用意するなど、高速回線の性能を活かすための準備をしておくことを推奨します。

単に「NURO 光 6Gs」のプランを選んだだけでは、期待していた通信速度が出ないという結果になってしまうのです。

まとめ

「NURO 光 6Gs」にはキャッシュバック特典はありませんが、継続契約ありのタイプを選択することでワンコイン特典が適用されます。

このプランに対応する地域にお住まいで、高スペックのパソコン周辺機器を使用している方でしたら、十分に速さを体感できるでしょう。

まずは、お住まいが「NURO 光 6Gs」対応エリアかどうかを、こちらのページから確認してみてください。

>>「NURO 光 10Gs/6Gs」の詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる