光コンセントとは?どこにある?差し込み方やない場合の対処法を解説

光回線の導入時に設置の有無を聞かれる光コンセント。光回線とONU(回線終端装置)を接続するために欠かせない設備です。

今回の記事では、光コンセントについて「そもそも、どんなものなのか?」「どんな場所に設置されて、どう利用するのか?」「どんな種類があるのか?」といった内容で詳しく解説していきます。

光コンセントがない場合の対処方法についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

光コンセントとは?どこにある?

光コンセントとは、電柱から引き込んだ光回線(光ケーブル)とONU(光回線終末装置)を接続するための差し込み口のことです

光回線専用で他の電源用コンセントとまとめて設置されている場合が多く、LANケーブルコンセントやモジュラージャックがセットになっているタイプもあります。

物件に光コンセントが設置されていれば工事不要で光回線が利用できる可能性がありますし、工事が必要な場合も簡易的な内容で済む点がメリットです。

基本的に、新しい賃貸物件には光コンセントが設置されていることが多いため、手軽に光回線が導入できるのではないでしょうか。

ただし、光コンセントは光回線事業者の資産となります。利用する光回線サービスによって使えない場合があるため注意しましょう。

光回線が設置されている場所

光コンセントは、主に以下のような場所に設置されています。

・電話コンセントの付近
・エアコンダクトの付近
・テレビアンテナコンセントの付近

探しても見つからない場合は、管理会社や大家さんに確認してください。これから光コンセントを取り付けるなら、固定電話の近くやインターネットを利用する機会が多い場所の近くがおすすめです。

光コンセントのタイプは2種類

光コンセントのタイプは、以下の2種類です。

・一体型タイプ
・分離型タイプ

それぞれの詳細は、以下の通り。

一体型タイプ

一体型タイプとは、光コンセントと電源用コンセントがセットになっている形式です。LANケーブルを接続するコンセントやテレビコンセントがセットになっている場合もあります。

コンセントに「」もしくは「光コンセントSC」と記載されていますので、表記を確認してください。

開通工事で電話線の配管を使用する場合は、基本的にこちらの一体型タイプが設置されます。また、新築のマンションのほとんどに導入されているのも、こちらの一体型です。

分離型タイプ

分離型タイプとは、光コンセントが単独になっている形式です。「光ローゼットと呼ばれることもあります

エアコンダクトや壁に穴を開けて光ケーブルを入線する場合に備え付けられるため、中古物件で見かけることが多い形式です。

一体型同様、コンセントに「」もしくは「光コンセントSC」と表記されています。

光コンセントの差し込み方|専用ケーブルが必要

光コンセントとONU(回線終端装置)を接続するには、SCケーブルと呼ばれる光回線事業者の専用ケーブルが必要です。光回線を契約するとONU(回線終端装置)と一緒に貸し出されますので、そちらを利用してください。

工事不要の物件の場合は、ONU(回線終端装置)の取り付けを自分で行わなければなりません。光コンセントによっては接続口にフタが付いているケースもありますので、その場合はフタを外してSCケーブルを接続してください。

賃貸物件に備わっているコンセントの種類は主に3つ

通常、光回線の導入時には光コンセントを設置しますが、古い賃貸物件の場合はLANコンセントやモジュラージャックが取り付けられていることがあります。

光回線が導入済みの物件であっても、配線の方式によってコンセントの種類が以下のように異なるのです。

コンセントの種類 配線方式 上り下り通信速度
光コンセント 〇光配線方式
共用部分まで光ファイバー
各部屋まで光ファイバー
最大1Gbps
LANコンセント 〇LAN配線方式
共用部分まで光ファイバー
各部屋までLANケーブル
最大1Gbps
モジュラージャック 〇VDSL方式
共用部分まで光ファイバー
各部屋まで電話回線
最大100Mbps

マンションやアパートの共有部分まで光回線が導入されていても、共用部分から各部屋までの回線の種類によっては、通信速度が低下してしまいますので注意してください。電話回線を使用するVDSL方式の場合は、最大通信速度が100Mbpsまで速度が低下します

各コンセントの詳細は、以下の通りです。

光コンセント

光コンセントが設置されているということは、各部屋まで光ファイバーケーブルが繋がっているということです。通信速度が最大1Gbpsと、マンションプランでは最速になります。

LANコンセント

LANコンセントが設置されているということは、共用部分まで光ファイバーケーブルで、共用部分から各部屋まではLANケーブルが利用されていることを意味します。LANケーブルの規格によりますが、最大通信速度は1Gbpsです。

LAN配線方式の場合、コンセントには「LAN」と記載されています。

モジュラージャック

モジュラージャックは電話差し込み口のことで、古い物件に設置されている場合が多いです。光回線と電話回線を併用するこの形式はVDSL形式と呼ばれ、通信速度は最大100Mbpsと低速です。

ただし、現状がVDSL形式であっても、条件を揃えば光回線方式に変更できます。この点については以下の記事で解説していますので、併せて参考にしてください。

>>VDSL方式とは?光回線方式との違い、工事や変更方法について

光コンセントがある場合のメリット3つ

光コンセントは光回線の導入時に取り付けされますが、すでに設置されていると以下のようなメリットがあります。

・工事なしで光回線の導入できる
・最短1週間でインターネットが使える
・工事費用が安く済む場合がある

それぞれの詳細は、以下の通りです。

工事なしで光回線を導入できる

物件に光コンセントがあるなら、光回線の設備導入は済んでいることを意味します。そのため、工事の立会いなしで光回線を導入できる可能性があります。無派遣工事と呼ばれるもので、光回線の申し込み後に必要な機器が郵送され、それを取り付けるだけでインターネットが利用可能になる仕組みです。

ただし、NURO 光は物件に光コンセントがある場合も工事が必要です。その理由や工事の流れを以下の記事で解説していますで、こちらもぜひチェックしてください。

>>NURO 光は光コンセントがある場合でも工事が必要!理由と流れを解説

最短1週間でインターネットが使える

一般的に光回線は申し込みから工事完了まで1ヶ月~2ヶ月ほどかかりますが、光コンセントがあれば最短1週間でインターネットが開通します。

特に、引越しなどの繁忙期は通常よりも期間が必要で、申し込みしてから工事が入るまで3ヶ月以上かかることも少なくありません。引越ししてすぐにインターネットが使えないのは、とても不便でストレスがかかりますよね。

光コンセントがある物件なら、開通までの期間が短く済む可能性があります。

工事費用が安く済む場合がある

光回線の工事費用は事業者によって異なりますが、20,000円~40,000円が相場です。

しかし、光コンセントが設置されている物件は工事の工程を省略できるため、光回線事業者によっては工事費用が安く済む場合があります。

光コンセントがない場合は工事が必須?対処方法について

物件に光コンセントがあれば、光回線をスムーズにかつリーズナブルに入れられる可能性がありますが、光コンセントがない場合は設置工事をしなければなりません。

光回線事業者に申し込みをして工事の立ち合いをするだけですが、賃貸物件の場合は管理会社や大家さんの許可が必要となりますので、事前に確認しておきましょう。

また、光回線を導入できることになっても、光コンセントが一体型タイプになるか分離型タイプになるかは、建物の構造や入線方法、ONU(回線終端装置)の設置場所によります。

以下の記事では、賃貸物件に光回線が工事済みかどうか確認する方法をまとめています。併せてご確認ください。

>>賃貸物件が光回線の工事済みか確認する方法|未導入時の対処法も解説

コンセントに挿すだけで使える「NURO Wireless 5G」

NURO 光は、NURO Wireless 5Gというホームルーターを取り扱っています。こちらを利用すればコンセントに挿すだけでインターネットに接続できるため、工事をする必要はありません。

基地局が導入されている物件でないと利用できませんが、5G回線に対応しているため、通信速度は下り最大4.1Gbpsと高速。速度制限もなく、データ量を気にせずにインターネットを楽しめますよ。

⇒10,000円キャッシュバック付き|NURO Wireless 5Gはこちら

NURO Wireless 5Gの詳細については、こちらの記事をご確認ください。

>>NURO Wireless 5Gとは?スペックやメリット・デメリットを解説

光回線「NURO 光」は工事費用が実質無料だから安心

前述したように、NURO 光の導入時は光コンセントがある物件でも開通工事が必要です。しかし、プランによっては入会特典が適用され、工事費用は実質無料となります。

具体的には、一般プランの導入時には44,000円(税込)の工事費用が発生しますが、3年間ならびに2年間の契約期間があるプランは工事費用実質無料の対象です

毎月の月額利用料金に36回もしくは24回の分割で工事費用分が上乗せされますが、同額の割引が適用されるため、実質的な支払いはありません。

ただし、NURO 光を解約する際に工事費用の残債が残っている場合は解約時に残債を精算する必要がありますので、その点だけ注意してください。

工事費用の実質無料特典以外にも、NURO光は以下のような理由で多くの方に利用いただいています。

・通信速度が速い
・月額料金がリーズナブル
・最大2万円まで他社違約金を補填
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiルーターを貸し出し
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(3年契約プランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

最大2万円まで他社違約金を補填

NURO 光では、他社回線からの乗り換えに伴う違約金に対して、最大2万円までのキャッシュバック補填を実施しています。

工事費残債やモバイルWi-Fiルーター機器残債なども補填の対象となりますし、「43,000円キャッシュバック」や「1年間月額料金が980円」といった通常の入会特典との併用も可能。

ぜひ、解約月を気にせずにお得な乗り換えを実現してください。

入会特典が豊富

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(3年契約プランのみ)
・2年間 月額3,590円(2年契約プランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3ヶ月間 月額0円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施しています。

ソニー製のホームルーターが最大2ヶ月無料で使えるので非常にお得です。

NURO でんきと同時申し込みで毎月501円(税込)割引

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(2年契約プランの場合500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

光コンセントは光回線とONU(回線終端装置)をつなぐためのコンセントです。電源用コンセントやLANケーブルを接続するコンセント、テレビコンセントも一緒にまとまっている場合も多く、ケーブルをスッキリまとめられます。

すでに光コンセントが導入されていれば、工事の立ち合い不要で工事費用も2,200円(税込)まで減額される可能性もあるほどです。

そのため、賃貸物件でこれからインターネットを利用しようか検討している方は、一度光コンセントの有無を確認しましょう。

人気回線NURO 光では、光コンセントの設備を利用できない場合がありますが、新規入会者向けに工事費用の実質無料特典があります。

ほかにもキャッシュバックなどの多くの特典を用意しているので、光回線を検討している方はぜひ候補に入れてください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック