光コンセントがない賃貸物件で光回線を利用する方法|工事の手順も解説

光回線を導入したいけど、マンションに光コンセントがない。」

そんな方を対象に、光コンセントがない賃貸物件でインターネットを利用する方法を解説します。

光コンセントなしで光回線を利用する方法」「光コンセントを設置する方法」「光回線以外を利用する方法」の3通りをご紹介しますので、それぞれのメリット・デメリットを比較のうえ、ご自身に合った方法を選択してください。

光コンセントがない賃貸物件で光回線を利用する方法

光コンセントがある賃貸物件なら比較的簡単に光回線の導入ができますが、設置されていない物件でインターネットを利用する場合は、以下のいずれかの方法を取る必要があります。

・VDSL方式やLAN配線方式を使用する
・許可を取って開通工事を実施する
・光回線以外の選択肢を検討する

それぞれの詳細は、以下の通りです。

VDSL方式やLAN配線方式を使用する

光コンセントがない物件であっても、物件自体には光回線が引かれている場合があります。

物件の共用部分から各部屋までの間に使われている配線の違いによって、以下のようにコンセントの形状が異なるのです。

コンセントの種類 配線方式 上り下り通信速度
光コンセント 〇光配線方式
共用部分まで光ファイバー
各部屋まで光ファイバー
最大1Gbps
LANコンセント 〇LAN配線方式
共用部分まで光ファイバー
各部屋までLANケーブル
最大1Gbps
モジュラージャック 〇VDSL方式
共用部分まで光ファイバー
各部屋まで電話回線
最大100Mbps

光コンセントが設置されている場合は光配線方式が採用されているため、通信速度は最大1Gbpsと高速です。LAN配線方式もLANケーブルの規格次第で最大1Gbpsを実現しますが、VDSL方式の場合は光回線であっても最大100Mbpsと低速となってしまいます。

この速度の違いは、それぞれの配線の違いが理由です。詳細は以下の記事で解説しているのでチェックしてみてください。

>>光コンセントとは?どこにある?差し込み方やない場合の対処法を解説

光配線方式・VDSL方式・LAN配線方式のうち、どの配線方式が導入されているかは物件によって異なりますし、いずれも導入されていない場合もあります。物件の設備状況に関しては、管理会社や光回線事業者に確認してください。

許可を取って開通工事を実施する

賃貸物件の設備がVDSLや速度の遅いLAN配線方式の場合や、光回線方式であっても目当ての光回線事業者の回線を利用できない場合は、「戸建て向けの光回線を部屋に直接引く」という方法も有効です。

ただし、その場合は開通工事が必要となりますので、管理会社や大家さんに工事の許可を取りましょう。工事の許可を取るには、コツが必要です。下記の記事を参考に、ぜひ交渉してみてください。

>>賃貸で光回線を勝手に引くことは不可能?許可の取り方のコツは?

退去時に配線を撤去する必要があるケースも多いため、その点も確認してすると良いでしょう。利用する光回線サービスによっては、撤去費用が必要となります。

また、NURO 光なら、壁に穴を開けない開通工事を行える場合もあります。以下の記事も、併せて参考にしてください。

>>NURO 光の工事では穴あけなしも可能?!理由と避けるための方法を解説

光回線以外の選択肢を検討する

光回線以外に、モバイルWi-Fiルーターやホームルーターといった選択肢もあります。いずれも工事不要で、申し込み後に機器が到着したらすぐにインターネットが可能です。

光回線よりも通信速度や安定性は劣るものの、一人暮らしや利用頻度の少ない方には十分なサービスと言えるでしょう。

コンセントに挿すだけで使える「NURO Wireless 5G」

NURO 光も、「NURO Wireless 5G」というホームルーターサービスを提供しています。

基地局が導入されている物件でないと利用できませんが、5G回線に対応しているため通信速度は下り最大4.1Gbpsと高速。速度制限もなく、データ量を気にせずに高速インターネットを楽しめます。

コンセントに挿すだけでインターネットに接続できるため、工事も不要です。

⇒10,000円キャッシュバック付き|NURO Wireless 5Gはこちら

NURO Wireless 5Gについての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

>>NURO Wireless 5Gとは?スペックやメリット・デメリットを解説

VDSL方式を光配線方式に変更することは可能?

物件に光回線は導入されているものの、現在の配線状況がVDSL方式で部屋に光コンセントがない場合、光コンセントを利用する光回線方式に変更することはできるのでしょうか?

結論から言うと、光回線方式への変更は可能です。ただし、同じ物件内の契約者数や、オーナーの工事許可といった条件をクリアする必要があります。

時間もかかるため、上記でご紹介した「戸建て向けの光回線を部屋に直接引く」方法を検討してみてください。

NURO 光は光コンセントがあっても別途工事が必要

光コンセントは光回線事業者の資産となるため、物件に光コンセントが設置されていても、その光コンセントがNURO 光のモノでない場合は、開通工事が必要です。

まずは、お住まいの物件に「NURO 光 for マンション」が導入されているかを確認しましょう。

>>NURO 光 for マンションのエリアを確認する

導入済み物件であれば、宅内工事のみで開通します。申し込み後に宅内工事日を調整して、工事の立ち合いをするだけです。戸建てよりも簡単で、申し込みしてから1~2週間ほどで開通可能です。

ちなみに、部屋の以前の住人がNURO 光を利用していて光コンセントなどの設備がそのまま残っている場合は、工事作業はほぼ不要となります。

NURO 光の一般プランも賃貸物件に対応

集合住宅向けプランである「NURO 光 for マンション」の設備が導入されていない場合でも、NURO 光を利用することはできます。

その場合は、前述したように戸建て向けの一般プランを検討してください。

>>NURO 光の詳細はこちら

光回線「NURO 光」がおすすめの理由

NURO 光は、以下のような理由で多くの方にご利用いただいています。

・通信速度が速い
・月額料金がリーズナブル
・最大2万円まで他社違約金を補填
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiルーターを貸し出し
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(3年契約プランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

最大2万円まで他社違約金を補填

NURO 光では、他社回線からの乗り換えに伴う違約金に対して、最大2万円までのキャッシュバック補填を実施しています。

工事費残債やモバイルWi-Fiルーター機器残債なども補填の対象となりますし、「43,000円キャッシュバック」や「1年間月額料金が980円」といった通常の入会特典との併用も可能。

ぜひ、解約月を気にせずにお得な乗り換えを実現してください。

入会特典が豊富

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(3年契約プランのみ)
・2年間 月額3,590円(2年契約プランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3ヶ月間 月額0円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO 光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施しています。

ソニー製のホームルーターが最大2ヶ月無料で使えるので非常にお得です。

NURO でんきと同時申し込みで毎月501円(税込)割引

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(2年契約プランの場合500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

賃貸物件に光コンセントが設置されていなくても、VDSL方式やLAN配線方式といった設備が導入されていれば、光回線を利用できます。ただし、VDSL方式の場合は通信速度が遅くなってしまうため、VDSL方式から光回線方式の変更や戸建て向け一般プランの導入を検討すると良いでしょう。

NURO 光は、通信速度が下り最大2Gbpsと高速で、キャッシュバックや工事費実質無料、他社解約金補填といった特典を多く用意しています

ぜひ、ご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック