賃貸物件が光回線の工事済みか確認する方法|未導入時の対処法も解説

マンションなどの賃貸物件を探す際に、光回線が導入されているかどうか

光回線が導入されているか確認する方法はご存知でしょうか?引越し前であれば事前に光回線対応の物件か確認したいですよね。

そこで本記事では、光回線導入済みか確認する方法と未導入のときの対処方法について解説していきます。

これから光回線を賃貸物件で契約する方はぜひ参考にしてください。

光回線が工事済みの物件かどうか確認するには?

賃貸物件が光回線の開通工事を済ませているかどうかは、以下3つの方法で確認可能です。

・不動産会社や管理会社、大家さんに確認する
・光コンセントの有無を確認する
・光回線事業者の公式サイトで確認

不動産会社や管理会社、大家さんに確認する

一番確実なのは、不動産会社や管理会社、大家さんに確認する方法です。

契約前であれば不動産会社。物件データに「インターネット対応」や「光ファイバー対応」「インターネット完備」と表記されていれば、その物件には光回線が導入されています。

インターネット対応」や「光ファイバー対応」はマンションの共有スペースまで工事が完了しているという意味です。

それに対して「インターネット完備」は各部屋まで配線届いており、プロバイダ契約も完了しているため、入居してすぐにインターネットが利用できます。新たにプロバイダ契約の必要もなく、インターネットの料金も家賃に含まれているケースが多いです。

インターネット対応と完備の違いについては、こちらも併せてご参考ください。

>>マンションのインターネット、対応と完備の違いと選べる回線について

入居後であれば、管理会社もしくは大家さんに確認しましょう。

また、まれに不動産会社・管理会社・大家さんいずれも光回線の導入有無を把握していないケースがあります。その場合は、次の項目を確認しましょう。

光コンセントの有無を確認する

宅内に光コンセントが設置されていれば、基本的に光回線が導入されていると判断して問題ありません。

光コンセントとは、電柱から引き込んだ光回線(光ケーブル)とONU(光回線終末装置)を繋げるためのコンセントです。光回線専用で、他の電源用コンセントとならんで設置されていることが多いです。

物件に光コンセントが設置済みということは、その部屋まで光回線が届いているということを意味します。つまり、工事なしで光回線を使えます。

なお、光コンセントは以下の2種類です。

・一体型の光コンセント
・分離型の光コンセント

一体型の光コンセント

一体型とは、光コンセントと電源用コンセントがセットになっているタイプです。コンセントに「光」もしくは「光コンセントSC」と記載されています。

開通工事で電話線の配管を使用する場合は、一体型が設置されることが多いです。新築のマンションには、ほとんどのケースで一体型が導入されています。

分離型の光コンセント

分離型は、光コンセント単独のタイプです。

エアコンダクトや壁に穴を開けて工事をする場合に備え付けられるため、中古物件でよく見かけます。

一体型同様、コンセントに「光」もしくは「光コンセントSC」と表記されています。

光コンセントの有無はあくまで目安に

場合によっては、光コンセントが設置されていても部屋まで光回線が届いていないことがあります。

例えば、以下のような場合です。

・共有スペースから部屋までは未配線だが、光コンセントは設置済み
・前の居住者が光回線の撤去をしたが、光コンセントだけ残置
・宅内配線の一部が断線している

また、光コンセントがなくても光回線の開通工事が済んでいることもあります。電力系光回線は、工事のときに光コンセントを設置しないこともあるからです。

光コンセントの有無は、あくまで判断の目安としてください。

光回線事業者の公式サイトで確認

多くの光回線業者は、マンションなどの集合住宅向けの「マンションプラン」を用意しています。

そのため、入居予定の物件にその会社の光回線が導入されていれば、公式HPで確認することができます。

住所や物件名などの必要項目を入力するだけですので、各会社のHPで検索してみましょう。

光回線は、基本的に以下のいずれかに該当します。

・フレッツ光、ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボ
・auひかり、NURO 光の独自回線系
・電力系の光回線

物件によっては複数の光回線が導入されていることもありますし、ひとつも導入されていないこともあります。

マンションプランが未導入の場合の対処方法

目当ての物件に光回線が導入されていない場合は、以下の4つの方法を試してみてください。

・戸建て向けの一般プランで光回線を契約
・マンションプラン向けプランの導入を働きかける
・モバイルWi-Fiルーターを契約
・ホームルーターを契約

戸建て向けの一般プランで光回線を契約

多くの光回線では、マンションやアパートであっても戸建向けの通常プランの契約が可能です。

マンションプランの様に1本の回線を各部屋で共有するのではなく、光ファイバーを直接部屋に引き込む形式となります。

・目当ての物件にどの会社の光回線も導入されていない
・光回線自体は導入されているが契約したい回線ではない

上記のような場合は、契約したい光回線の戸建て向け一般プランを検討してみましょう。

ただし、この場合は管理会社や大家さんに工事の許可を取る必要があります

マンション向けプランの導入を働きかける

ハードルはやや高いですが、マンション入居後にマンション向けプランの導入を働きかけるという方法もあります。

ただし、この方法には「利用者を規定人数以上集める」といった一定の条件があります。

例えば、「NURO 光 forマンション」の導入には、4世帯以上の加入者を集める「3F建て以上の物件」といった条件があります。

モバイルWi-Fiルーターを契約

外出先でもWi-Fiを利用したいなら、ポケットWi-FiなどのモバイルWi-Fiルーターがおすすめです。容量無制限で利用することはできませんが、店舗などで契約するとその日からすぐに使えます。

ただし、一人が外出時に持ち出してしまうと、その間は同居している方たちはインターネットが使えなくなってしまいます。一人暮らし向けの回線と言って良いでしょう。

ホームルーターを契約

ホームルーターは置くだけWi-Fiとも呼ばれており、コンセントに挿すだけですぐにWi-Fi接続ができます。

内臓アンテナの感度がモバイルWi-Fiルーターよりも高いため、自宅のインターネット環境を重視したい方に向いています。

ただし、通信速度は光回線よりも劣ります。

マンションやアパートにNURO 光が導入されているかを調べる方法

NURO 光には、「NURO 光 for マンション」という集合住宅向けのプランが用意されています。

「NURO 光 forマンション」が導入済みの物件は公式サイトにて確認できますので、こちらのページの「導入済み物件検索・お申し込み」ボタンから検索してみてください。

>>「NURO 光 forマンション」の詳細はこちら

郵便番号を入力してエリア検索を行い、町丁名まで入力すると対象のマンション名が表示されます。

もし「NURO 光 for マンション」が導入されていない場合は、通常プランをご検討ください。

>>NURO 光の通常プランはこちら

NURO 光の特徴

最後に、NURO 光の特徴をご紹介します。NURO 光は、以下の理由で多くの方に支持されている光回線です

・通信速度が速い
・料金がお値打ち
・入会特典が選べる
・開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(G2Tプランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大3ヶ月980円かつ容量が無制限で使えるので非常にお得です!

※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(G2Dプランの場合500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

各回線のマンション向けプランが導入されているマンションやアパートは、意外と多くありません。

まずはマンション向けのプランが導入されているかどうか(工事済みかどうか)を確認し、契約したい回線が導入されていない場合は、戸建て向けの通常プランを検討してください。

NURO 光は、マンション向けプラン・通常プランどちらにも対応しています。まずは、マンション向けプランが導入されている物件かどうかをご確認ください。

>>「NURO 光 forマンション」の詳細はこちら

>>NURO 光の通常プランはこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック