賃貸で光回線を勝手に引くことは不可能?許可の取り方のコツは?

賃貸住宅にお住まいの方が新たに光回線を引く際には、ほぼ必ずと言っていいほど管理会社もしくは大家さんの許可が必要です。

回線を引くには工事が必要で、その許可を得る必要があるためです。勝手に回線を引かず、必ず事前に許可を得ることで、後々のトラブルを回避できます。

この記事では、大家さんへの許可の取り方のコツを解説します。また、大家さんへの許可が必要ない例外についても紹介していきます。

これから賃貸で光回線を導入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

賃貸物件の光回線は勝手に契約しないこと

ほとんどの場合、光回線の導入には回線を引くための工事が必要です。その際、建物に傷がつく可能性があるため、大家さんへの許可が必要になります。

建物に傷がつかないとしても、工事による外観の変化を好まない大家さんもなかにはいらっしゃいます。そういった観点からも、勝手に工事を進めることはおすすめしません。

内緒でやると工事が中断する可能性も

回線の工事では、光ファイバーを壁などにビス留めする作業が発生することがあります。この時、管理会社または大家さんに連絡がとれていないと、工事が中断となることも。

工事の中断を避けるため、許可を取っていないのに「取っている」と嘘をついてしまうと、その後、大きなトラブルに発展する可能性も否定できませんので、絶対にやめましょう。

例外は集合住宅ですでにマンション向けプランが導入されている場合

大家さんの許可がいらない「例外」は、「すでに光回線のマンション向けプランの設備が導入されている場合」です。

この場合、共有部分までの工事が終了しているため、大掛かりな工事は必要ありません。

すでに引かれている回線以外の光回線を利用したい場合や、戸建て向けプランを利用したい場合は新たに外から回線を引く工事が必要となるため、管理会社・大家さんへの事前許可を必ず得るようにしましょう。

誰に許可を取るかは賃貸物件の種類で異なる

光回線の工事の許可を取る際には、賃貸物件の責任者に連絡する必要があります。責任者は、住宅の形式によって異なります。

・集合住宅または戸建て
・UR賃貸または市営住宅

それぞれの詳細は、以下の通りです。

集合住宅または戸建て

集合住宅、または戸建ての賃貸に住んでいる方が光回線を引く際には、その建物を管理している管理会社、または大家さんに連絡しましょう。

連絡先は契約書に記載されていることがほとんどです。万が一、記載されていない場合や、連絡先が分からない時には、部屋を借りた際に手続きをしてくれた不動産会社に確認してください。

UR賃貸または市営住宅

UR賃貸や市営住宅は、確認先が通常の賃貸物件とは異なります。

・UR賃貸 : UR都市機構
・市営住宅や公団 : 市の担当課

上記の確認先に、工事の可否を確認してください。

光回線の工事の許可をもらいやすくする方法

賃貸物件で回線工事の許可をもらうために、以下の2つポイントを押さえておきましょう。

・難しい言葉は使わない
・穴開けやビス留めをする前提で話を進めない

難しい言葉は使わない

大家さんの中には、インターネットにあまり詳しくない方もいらっしゃいます。そういった方に専門用語で説明しても、「何か難しい、恐ろしいことをされるかもしれない」という不安をあおってしまう可能性が高いです。

そういった事態を防ぐためにも、大家さんへの説明は簡単な言葉で行ってください。

穴開けやビス留めをする前提で話を進めない

工事の際には、穴開けやビス留めが発生する可能性があります。しかし、それを全面に押し出して説明すると、大家さんは警戒してしまいます。

あくまで、「通常はそういったことはないが、穴開けやビス留めの作業が発生する可能性がゼロではない」という内容で伝えるようにしましょう。

また、その際に「信頼のおける業者が工事を行う」ということも付け加えておくのもポイントです。

光回線を賃貸で利用する際の選択肢

光回線を賃貸で利用する際の選択肢は、大きく分けて以下の2つです。

・マンション向けのプラン
・戸建て向けのプラン

それぞれの特徴を、確認していきましょう。

マンション向けのプランの特徴

光回線のマンション向けプランとは、1本の光回線を集合住宅の入居者で共有するプランのことです。そのため、戸建て向けのプランに比べて料金が安いという特徴があります。

マンション向けプランへの加入方法は、以下の2通りです。

・すでに賃貸物件に引かれているマンション向けプランに加入する
・これから加入する人を同一の建物内で募り、新たにマンション向けプランで契約する

すでにマンションに設備が導入されていれば、共用部分から部屋に回線を引くだけ、もしくはプロバイダと契約するだけで光回線の利用を開始できます。

NURO 光にもマンション向けプランである「NURO 光 for マンション」があり、お住まいの集合住宅が「NURO 光 for マンション」に対応しているかどうかは、こちらのページから確認可能。

「料金確認・お申し込み」ボタンを押すと住所の入力ができますので、お住まいの物件が住所の指定後に表示されるリストに表示されるかどうかをご確認ください。

>>「NURO 光 for マンション」の詳細はこちら

マンション向けプランの回線が引かれていない集合住宅や、引かれていても希望する回線とは異なる場合は、新たに希望する回線のマンション向けプランの設備を導入しなければなりません。

その場合、希望する光回線が定めている「加入のための最低人数」を入居者の中から募り、人数要件を満たしたうえで申し込みする必要があります。また、その際にも大掛かりな工事が必要なため、大家さんの許可が必要です。

戸建て向けのプランの特徴

賃貸や集合住宅でも、戸建て向けのプランに加入することができます。

戸建て向けプランのメリットは、1つの回線を自分一人で独占できるため通信速度が速く安定しやすいという点。デメリットは、マンション向けプランよりも月額料金が高いという点です。

また、回線によっては戸建て向けプランに対して建物の回数制限を設定している場合もあります。

NURO 光の通常プランをマンションやアパートといった集合住宅に導入することも可能ですので、お住まいの集合住宅が「NURO 光 for マンション」に対応していない場合は、通常プランをご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちら

快適な光回線を選ぼう

光回線選びのポイントは、通信速度の速さや安定性にこだわること。

その点、NURO 光はお値打ち価格で高速回線の利用ができると、多くの方に支持されています。

また、NURO 光の場合、工事の際一部両面テープでの貼り付け作業も可能ですので、そういった点からも大家さんの許可をもらいやすい回線と言えるのではないでしょうか。

>>NURO 光の詳細はこちら

NURO 光の特徴は、以下の通りです。

・速度が速い
・料金がお値打ち
・選べる入会特典が豊富
・開通までの期間にポケットWi-Fiの貸し出しあり
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

月額料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(G2Tプランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

選べる入会特典が豊富

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にポケットWi-Fiのレンタルが可能

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにポケットWi-Fiのレンタルを実施。5GB/月プランなどの容量に制限があるプランなら、初月980円~レンタル可能です

ポケットWi-Fiのレンタルは日割りで計算されますので、無駄な出費も避けられると好評です。

まとめ

賃貸物件に光回線を引く際には、必ず大家さんなど、その建物を管理する方の許可を得ておきましょう。

許可を得る際も連絡先は、住んでいる賃貸物件のタイプによって異なりますので、注意してください。

事前にしっかりと許可を取り、無用なトラブルなくインターネット生活を楽しんでくださいね。

>>「NURO 光 for マンション」の詳細はこちら

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック