光回線工事をマンションで行う場合に必要な許可とその手順について

自分が住んでいるマンションに希望の光回線を導入して、インターネット環境をより快適にしたいと思う人は少なくありません。

しかし、希望する回線を簡単に導入できるわけではありません。実は導入・契約にはいくつかハードルがあります。

今回の記事では、なかでもポイントになりやすい「工事の許可」にスポットを当て、解説していきたいと思います。

光回線の工事に許可が必要なケースと不要なケース


光回線の工事には、その建物のオーナーや管理会社の許可を得る必要があります。

しかし、一方で許可を取らずに工事ができる場合もあります。

この違いは単純です。

契約したい光回線がマンションのどこまで通っているか」によって、オーナーの許可が必要かそうでないかが異なります。

光回線がどこまで通っているかで許可の必要・不要が変わる

分譲マンション 賃貸マンション
部屋まで回線が通っている 許可不要 許可不要
共有部分まで回線が通っている 念のため許可必要 許可必要
回線が全く通っていない 許可必要 許可必要

まずは、許可が「不要」な場合について解説します。
許可が「不要」な場合

分譲であれ賃貸であれ、自室まで契約したい回線が通っていれば、オーナーの許可を得る必要はありません。ネットや店頭で光回線業者と契約をし、モデムやルーターを設置するだけで、すぐにインターネットを利用することができます。

注意点は、いくら自室まで光回線が開通していても、その回線が自分の契約したい回線ではない場合、そのまま契約することはできないという点です。

あくまで、「自分の契約したい回線がマンションのどの部分まで開通しているか」という点に焦点を当てて考えるようにしましょう。

許可が「必要」な場合

続いて、許可が「必要」な場合についてです。

マンションに回線がまったく通っていない場合はもちろん、マンションの共有部分までにしか回線が通っていない場合も、工事が必要となります。

したがって、どちらのケースであってもオーナーの許可を得る必要があります。

苦労するのは希望する回線が全く通っていないケース

特に許可を得るのに苦労するのは、契約したい回線がマンションに全く導入されていないケースです。

この場合、取れる選択肢は以下の2つになります。

・マンション向けプランを契約できる条件達成を目指す
・戸建向けのプランを個人的に契約する

1つの回線をマンション入居者で共有するタイプのマンション向けプランの場合、利用料金がリーズナブルになるという特典があります。

しかし、新規での導入ハードルは比較的高く、オーナーの許可以外にも共有部分への設備導入やマンション内で一定数以上の契約者を集めるといった条件を満たさなければなりません。

一方で、最近は戸建向けの個別プランを直接マンション各戸の住人が契約し、1部屋1回線という利用の仕方も増えてきました。

利用したい光回線業者がマンションでの戸建プランの利用を許可している場合は、こちらのプランの利用が現実的と言えるでしょう。

ただし、いずれの場合も外部から建物に回線を導入する際に穴を開ける工事が必要となるため、オーナーの許可を得る必要があります。

許可を得るのが面倒な場合はすでに開通済みの回線を利用するのも1つの方法

「契約したい光回線はあるけど、オーナーの許可を得るのが面倒」という場合は、契約したい回線をあきらめて、すでに開通済みの光回線業者を利用するというのも1つの方法です。

この場合、すでに部屋まで回線が通っていれば許可そのものが必要なく、仮に共有部分までの導入であったとしても、そこから部屋に回線を引くだけの工事で済むため、オーナーからの許可も得やすいという特徴があります。

分譲の場合はどうなる?

ここで悩んでしまうのが分譲のケースです。

分譲で購入した場合、「共有部分から自室までの回線工事なのだから許可がいらないはず」と考える方もいらっしゃいますが、のちのトラブルに発展させないためにも、念のため管理会社の許可をとるようにしてください。

NURO 光をマンションに導入するには?

・NURO 光の設備が導入されている
・NURO 光の設備が導入されていない

それぞれのパターンで、契約可能なプランについて見ていきましょう。

NURO 光の設備が導入されている

マンションの共有部分までにしろ、自室までにしろ、マンションにNURO 光の設備がある場合は、「NURO 光 for マンション」で契約することになります。

もともと回線がマンションに引かれているため、オーナーに許可をもらうことも難しくありません。

工事の混雑状況にもよりますが、開通まで2週間程度でNURO 光による高速インターネット通信を利用することができるようになります。

>>「NURO 光 for マンション」の詳細はこちら

NURO 光の設備が導入されていない

NURO 光の設備が導入されていない場合は、通常プラン(戸建て向けプラン)」を契約しましょう。

マンションであっても、戸建向けの通常プランを選択すれば、外部から直接自分の部屋にNURO 光の回線を引くことができます。

料金も通常プランと同様になるため「NURO 光 for マンション」より割高になりますが、回線を独占できるため共有人数の増加による速度低下は起こらず、快適なインターネット環境を確保できます。

ただし、この場合もオーナーの許可を得る必要があります。

工事の際には壁に穴を開けることがありますので、その点もしっかりと説明し、オーナーから許可をもらいましょう。

NURO 光の導入の許可をもらうコツは?

・NTTが行う業務があると伝える
・工事という言葉を使わない
・退去時の撤去を約束する

オーナーが嫌がることは「建物に傷がつくこと」と「工事を行うことによって、住んでいる他の住人に迷惑がかかること」です。

これらの不安を取り除いてあげることで、オーナーを安心させることができ、その結果として工事の許可が得られやすくなります。

具体的な交渉のコツについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>NURO 光をアパート・マンション導入時に大家さんから許可をもらうコツ

まとめ

マンションにおける光回線工事の内容は、そのマンションにおける契約したい光回線の導入状況によって異なります。

また、その際に選択するプランによっても必要な工事が変わり、それに応じて必要な許可や許可を得るための難易度も異なります。

今回の記事を参考に、ご自身の状況がどのパターンに該当するのかを、まずは整理してみてください。