インターネット回線の工事期間や費用は?戸建てとマンションで違う?

インターネット回線の工事は、どのような手順で行われるのでしょうか?

また、工事の手順は、戸建てタイプとマンションタイプで違いがあるのでしょうか?

この記事では、インターネットの利用に際する工事について、その手順や費用などを中心にご紹介します。

インターネット回線の工事の流れは?

インターネット回線の工事は、戸建てと集合住宅(マンション)の設備状況で異なります。

それぞれの流れを解説しますので、1つずつ確認していきましょう。

戸建ての場合の工事の流れ

インターネット回線の工事を行うためには、まずは契約する回線業者を選ぶところから始めます。戸建ての場合は、自分が契約したい回線を自由に選ぶことができます。

回線が決まったら、インターネットなどから回線工事を申し込みましょう。

工事は、室内と室外の両方で行われます。

室内工事の内容では、外壁に光キャビネットを取り付けて、光ファイバーを引き込みます。そして、部屋の中にONU(終端装置)を設置し、回線とOUNを接続します。この際に壁に小さな穴を数ヶ所開けることがあります。

室外工事では、最寄りの電柱から光キャビネットまでを、光ファイバーで接続します。

室内工事と室外工事は、同日に行われる場合もあれば別日に行われる場合もあります。詳細な日程や内容は、申し込み先の回線業者に確認してください。

上記2つの工事が終われば、ルーターなどの設定をすることでインターネットが利用できるようになります。

集合住宅の場合の流れ

マンションなど集合住宅の場合、基本的にはその建物にもともと引かれている光回線の業者と契約をすることになります。

多くのマンションでは共有部分まで回線が引かれていることが多いため、建物内に光ファイバーを引き込む作業は不要で、そこから自室までの工事を行うだけで簡単にインターネットの利用が可能です。

開通までの期間も、戸建てタイプの工事に比べて短いことが多いです。

マンションやアパートといった鎮咳物件におけるインターネット工事に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>インターネット工事を賃貸物件で行う場合の3つの注意点

契約したい光回線業者が別にある場合は?

マンションに引かれている回線が自分の望むものと異なる場合は、オーナーの許可を得ることで個人的に好きな回線を引くことも可能です。

この場合は、マンション向けプランではなく戸建てプランでの契約になります。

一般的に戸建てプランはマンション向けプランよりも月額利用料金が高くなりますが、回線を独占でき、より高速で安定的なインターネット通信が可能になるなど、メリットも大きいです。

マンションなどの集合住宅で戸建てプランを利用する場合の詳細については、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>マンションのインターネットを選ぶ際に知っておきたい4つのこと

>>光回線工事をマンションで行う場合に必要な許可とその手順について

工事にかかる費用はいくら?

工事にかかる費用は、回線業者によって異なります。

戸建てプランとマンションタイプでの工事の値段が違う業者もあれば、戸建てプランとマンションタイプの工事の費用が同じ業者もあります。

工事の際には、自分が希望する回線の工事費用を確認するようにしてください。

NURO 光なら工事の費用は実質無料!

NURO 光の場合、工事費用は分割で毎月の月額料金に上乗せされますが、同額が差し引かれて相殺されます。

つまり、工事費用は実質無料です。

ただし、分割での支払いとなるため、支払いが終わる前に解約した場合は、残債をまとめて支払う必要があります。

>>NURO 光の詳細はこちら

開通までにかかる期間は?

光回線の申し込みから工事が終わって実際にインターネットを利用できるようになるまでの期間も、戸建てとマンションで大きく異なります。

戸建ては工事期間が長い

戸建ての場合は1から新しく回線を引かなければいけないため、開通までの期間が長くなる傾向にあります。

目安としては、新規申し込みから実際に開通するまで、おおよそ1ヶ月~2ヶ月程度の時間がかかると思ってください。

マンション向けプランは工事期間が短い

一方で、マンションプラン(NURO 光 for マンション)の場合、すでに共有部分まで回線が引かれていることが多いため、2週間程度でインターネットの利用ができるようになります。

ただし、マンションにもともと引かれている回線を利用せず、自分の希望する回線と契約をする場合には、新たに回線を引く必要があります。その場合は戸建てプランを利用することになるため、工事にかかる期間も戸建の場合同様おおよそ1ヶ月~3ヶ月程度かかります。

開通までの注意点

戸建ての場合もマンションの場合も、工事が終了して回線が開通するまではインターネットが利用できません。

「申し込みをしたらすぐにインターネットが使えるようになる」と勘違いして今の回線を解約してしまうと、インターネットが使えない期間が生じてしまう可能性があります。ご注意ください。

ポケットWi-Fiのレンタルが人気

NURO 光では、開通までの期間もインターネット通信ができるよう、お申し込みいただいた方限定で、ポケットWi-Fiをお得な特別料金で貸し出しています。

1日単位でのレンタルもできますし、返却もコンビニや宅配、ポストへの投函でラクラクです。無駄なコストや手間がかかりません。

「工事完了に時間がかかってネットが使えないのは困る!」という方もたくさんいらっしゃると思いますので、とっても助かるサービスですね。
※お申込多数のため発送に遅延が発生している場合がございます。
※予告なく終了・変更している場合がございます。

NURO 光の工事の流れ

最後に、NURO 光を利用する場合の工事の流れを解説します。

戸建てプランとマンションタイプで手順と期間が異なりますので、しっかりと確認していきましょう。

戸建てプラン(G2/G2 V)の場合は、工事は原則2回

戸建てプランの場合、工事は「宅内工事」と「屋外工事」の二度に分けて行います。

工事の順番は、以下の通りです。

・宅内工事

・屋外工事

宅内工事は、自室の外壁に、光キャビネットを取り付け、自室にONUを設置し、その2つを接続するところまで。

続いて、別日に最寄りの電柱から、光キャビネットまでの配線を行う屋外工事を行います。

工事は、別々の日に行われ、どちらの工事にも契約者の立ち合いが必要です。

申し込みから工事までの期間は、戸建てで1~2ヶ月程度、マンションで1~3ヶ月程度です。

2度の立ち合いが困難な場合は、有料オプションの利用で2つの工事を1日で行うことも可能です。

マンションタイプの工事は1回

マンションがNURO 光の回線に対応済みの場合は、共有スペースから自室までの工事を行うだけでインターネットが利用できるようになります。

この工事の際にも、契約者の立ち合いが必要です。

>>NURO 光の詳細はこちら

>>マンション向けプランの詳細はこちら

まとめ

自宅にインターネット回線を引く場合の工事について、戸建てとマンションの場合に分けて解説をしてきました。

いずれにしも、申し込み後すぐに工事が行われてインターネットが利用できるようになるわけではありません。

新たな光回線業者と契約をする際は、既存回線の解約タイミングをコントロールして、インターネット不通の期間を作らないようにしましょう。

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる