メッシュWi-Fiのデメリットや注意点を解説|メリットやおすすめも

なんとNURO 光43000円キャッシュバック

2台以上の無線ルーターを組み合わせて、無線ネットワークを構築する「メッシュWi-Fi」。

非常に便利な仕組みですが、かかるコストやデメリット・注意点などは導入前に確認しておきたいものです。

この記事では、メッシュWi-Fiのデメリットや注意点にフォーカスして解説します。ご自身の環境にメッシュWi-Fiが必要なのか?という判断材料にもなりますので、ぜひ参考にしてください。

メッシュWi-Fiを利用するデメリット

では早速、メッシュWi-Fiのデメリットをご紹介します。便利なメッシュWi-Fiですが、下記の点は事前に把握しておきましょう。

・通常の無線ルーターよりも高額
・対応ルーターを用意する必要がある
・増設するほど電気代がかかる
・設置機器が多いほど場所を取る
・わずかに速度が落ちる
・ネットワークをカスタマイズできない

通常の無線ルーターよりも高額

メッシュWi-Fiの販売価格は、通常の無線ルーターよりも高額です。

無線ルーターや無線中継器の相場は1台あたり数千円~ですが、メッシュWi-Fiの価格は1万円以上。ハイスペックなモデルの場合、3万~4万円ほどかかります。

また、無線ネットワークを構築するためには、親機となるメインルーターに加えて子機となるサテライトルーターも必要です

サテライトルーターの設置台数が多くなれば、その分、費用も高額になります。

メッシュWi-Fiはレンタルも可能

初期費用が高額になりやすいメッシュWi-Fiですが、光回線事業者からレンタルすることも可能です。

例えば、光回線サービスNURO 光では、月額550円(税込)のオプションサービススマートライフに加入している方を対象に、月額330円(税込)のつながるメッシュWi-Fiというサービスを提供しています。

つながるメッシュWi-Fi」の詳細は下記の記事で解説していますので、ぜひ参照ください。

>>NURO 光 つながるメッシュWi-Fiとは?利用方法や注意点を解説

対応ルーターを用意する必要がある

メッシュWi-Fiとサテライトルーターには、互換性が必要です。

そのため、メッシュWi-Fiのメインルーターとサテライトルーターは、セットになっていることが一般的となっています。

追加購入時は、対応機種を選ぶようにしましょう。

増設するほど電気代がかかる

メッシュWi-Fiは親機であるメインルーターに対して、子機となるサテライトルーターを設置して、ネットワークを拡大します。

それぞれのルーターにはコンセントからの電源が必要なため、設置台数が増えるほど電気代がかかります。

設置機器が多いほど場所を取る

サテライトルーターを設置することでネットワークを拡大できますが、設置機器が増えるほど場所も取ります。

特に、小さい子どもやペットがいる家庭は、取り扱いに注意が必要です。

わずかに速度が落ちる

メッシュWi-Fiの環境下では、メインルーター(親機)からのWi-Fi電波を各サテライトルーターに分けて送信します。

そのため、メインルーター単体で接続するよりも速度がやや低下するのが一般的です。

ただし、メッシュWi-Fiは機器の負担が分散されるため、通常の無線ルーターよりも通信が安定しやすくなります。

ネットワークをカスタマイズできない

メッシュWi-Fiは簡単にWi-Fi環境を構築できますが、ネットワークのカスタマイズはできません。

ゲスト専用のWi-Fi設定やオンラインゲームのためにポート開放などをしたい方は、通常の無線ルーターを使用しましょう。

メッシュWi-Fiを利用する際の注意点

上記のデメリットを理解したうえでメッシュWi-Fiを利用したいという方は、以下2点の注意点も理解しておきましょう。

・通信速度は大元のインターネット回線に依存する
・メーカー製品を合わせる必要がある

通信速度は大元のインターネット回線に依存する

メッシュWi-Fiは、あくまでWi-Fiの範囲を拡大するための仕組みであり、通信速度に関しては、元のインターネット回線の速度を超えることはありません。

大元のインターネット回線の速度が遅い、接続が不安定と感じるのであれば、回線の最適化やプロバイダの変更を検討する必要があります

メーカー製品を合わせる必要がある

メッシュWi-Fiとサテライトルーターは、基本的に同一メーカーで統一する必要があります。

一部、互換性のある他社製品もありますが、後からサテライトルーターを購入するときは単品価格も確認しておきましょう。

メッシュWi-Fiを利用するメリット

ここまで、メッシュWi-Fiのデメリットや注意点を解説してきましたが、それらを踏まえてなお、メッシュWi-Fiには以下のような魅力があります。

・通信が安定する
・広範囲をカバーできる
・IoT家電やスマート家電の接続にもおすすめ

上記3点の詳細は以下の記事でお伝えしていますので、メッシュWi-Fiを検討されている方はぜひ参考にしてください。

>>メッシュWi-Fi仕組みとメリットを解説|NURO 光での環境構築方法

メッシュWi-Fiに向いている方

メッシュWi-Fiは、以下のいずれかに該当している方におすすめです。

・部屋が多い、もしくは広い家に住んでいる方
・既存の無線ルーターではWi-Fiが途切れがちな方
・Wi-Fiに接続する端末が多い方
・スマートホーム化したい方

部屋が多い、もしくは広い家に住んでいる方

メッシュWi-FiはWi-Fiの範囲を広げられるため、多くの部屋がある、または広い家に住んでいる方に適しています。

通常の無線ルーターとWi-Fi中継器の組み合わせでもWi-Fiの範囲を広げることはできますが、接続の切り替えが必要です。

一方、メッシュWi-Fiは子機となるサテライトルーター同士が互いに接続できるため、接続の切り替え不要でWi-Fi範囲を拡大できます

既存の無線ルーターではWi-Fiが途切れがちな方

現在使用している無線ルーターでは電波が弱くWi-Fiが途切れがちな方も、メッシュWi-Fiに切り替えることで改善される場合があります

Wi-Fiに接続する端末が多い方

通常の無線ルーターの場合、Wi-Fiに接続する端末が多いほど負荷が集中してパフォーマンスが低下します。

一方、メッシュWi-Fiには子機が存在するため、負荷が分散。これにより、快適なWi-Fi環境を構築することが可能になります。

パソコンやスマホ、プリンター、家電製品などのWi-Fiにつなぐ機器が多い方には、メッシュWi-Fiがおすすめです

スマートホーム化したい方

IoT家電やスマート家電を利用する方にも、メッシュWi-Fiが適しています。家の中を移動しても最適なWi-Fiに自動接続できるため、無線中継器よりも速度が安定しやすくなるからです。

Wi-Fiの安定性を重視される方は、メッシュWi-Fiを検討してみてはいかがでしょうか。

メッシュWi-Fiに向いていない方

メリットの多いメッシュWi-Fiですが、以下に該当する方には向いていません。

・有線接続する端末が多い方
・ネットワークをカスタマイズしたい方

有線接続する端末が多い方

メッシュWi-Fiは、あくまでWi-Fiの接続範囲を広げるための機器です。有線接続がメインの方やWi-Fi接続する機器が少ない方にとってのメリットは、あまりありません。

ネットワークをカスタマイズしたい方

メッシュWi-Fiでは、詳細なネットワークのカスタマイズが行えません。

用途に合わせてネットワークを設定したい方は、通常の無線ルーターを使用してください。

メッシュWi-Fi環境にはNURO 光がおすすめ

メッシュWi-Fiを検討している方には、以下の理由からNURO 光への乗り換えがおすすめです。

・通信速度が速い
・オプションサービスのつながるメッシュWi-Fiが利用できる

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

2Gbpsの通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

オプションサービスの「つながるメッシュWi-Fi」が利用できる

NURO 光には、メッシュWi-Fiを格安でレンタルできる「つながるメッシュWi-Fi」というサービスがあります。

オプション料金がかかりますが、二重ルーター問題を気にせずに簡単にWi-Fiの接続範囲を拡大できる点は、メリットと言えるのではないでしょうか。

>>NUROスマートライフ+つながるメッシュWi-Fiはこちら

「つながるメッシュWi-Fi」の詳細は、以下の記事をチェックしてください。

>>NURO 光 つながるメッシュWi-Fiとは?利用方法や注意点を解説

光回線「NURO光」がおすすめの理由

光回線には多くのサービスがありますが、中でもNURO 光は以下のような理由で多くの方に支持されています。

・月額料金がリーズナブル
・最大2万円まで他社違約金を補填
・入会特典が豊富
・開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(3年契約プランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

最大2万円まで他社違約金を補填

NURO 光では、他社回線からの乗り換えに伴う違約金に対して、最大2万円までのキャッシュバック補填を実施しています。

工事費残債やモバイルWi-Fiルーター機器残債なども補填の対象となりますし、「43,000円キャッシュバック」や「1年間月額料金が980円」といった通常の入会特典との併用も可能。

ぜひ、解約月を気にせずにお得な乗り換えを実現してください。

入会特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下いずれかの特典を選べます。

1年間 月額980円(3年契約プランのみ) + 工事費実質無料
43,000円キャッシュバック+ 工事費実質無料

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。(しかも以下はすべて併用可能!)

多くが2022年夏以降に新しくできた新特典で、さらに合計何万円分もお得になる内容になっています。

【NURO 光 公式申込でついてくる特典】
・最長2か月の無料体験ができる(2023年7月25日以降にお申し込みされた方が対象となります。)
・他社解約時の違約金最大2万円補填
・最長2か月、解約が完全無料!(契約解除料や工事費残債などが0円)

【オプションの申込で得られるもの】
・オプション申込で、最大2万円追加キャッシュバック
・NURO 光 でんわ利用で、ソフトバンクユーザーが最大月額1,100円割引
・ソニー製ONUが必ず届くNUROスマートライフが、初期費用&最大6ヶ月間無料
・NUROモバイル1年間0円~特典(申込後のメールにあるURLからモバイル申込で、3GBプランなら1年間0円特典)

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO 光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには開通工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーター機器のレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大2ヶ月0円で使えるので非常にお得です!

お引越しなどで「すぐにネット使いたい!」という方にはとてもありがたいサービスですね。なお、NURO 光の申込完了メールにリンクが掲載されています。
※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

まとめ

メッシュWi-Fiには、以下のようなデメリットや注意点があります。

デメリット
・通常の無線ルーターよりも高い
・対応ルーターを用意する必要がある
・増設するほど電気代がかかる
・設置機器が多いほど場所を取る
・わずかに速度が落ちる
・ネットワークをカスタマイズできない

注意点
・通信速度は大元のインターネット回線に依存
・メーカー製品を合わせる必要がある

しかし、Wi-Fi接続する端末数が多い方や家が広い方などには、非常に便利な仕組みです。

NURO 光では、手軽にメッシュWi-Fiを導入できるように「つながるメッシュWi-Fi」というオプションサービスを用意しています。以下のようなメリットがありますので、ぜひご検討ください。

・大元の光回線の通信速度が下り2Gbpsと高速になる
・メッシュWi-Fiの初期費用を抑えられる

>>NURO 光の詳細はこちら

>>NUROスマートライフ+つながるメッシュWi-Fiはこちら