Wi-Fiが急に遅くなった原因と対処法|回線の変更で根本解決を

問題なく使えていたWi-Fiが、急に遅くなることはありませんか?

実は、この現象の原因はさまざまです。速度制限や通信障害、ルーターの設置場所、Wi-Fiを接続する端末の問題など。場合によっては回線自体を見直した方が良い場合もあります。

この記事では、Wi-Fiが急に遅くなる原因と、原因ごとの対処法を解説していきます。Wi-Fiが急に遅くなる現象に悩まされている方は、ぜひ参考にしてください。

Wi-Fiが急に遅くなる11の原因

まずは、Wi-Fiが急に遅くなる原因を確認しましょう。主な原因は、以下の11項目です。

・速度制限にかかったから
・自動でフリーWi-Fiに接続されたから
・同時接続台数が増えたから
・ルーターの設置場所を変えたから
・自動ダウンロードが発生したから
・ルーターに不具合があるから
・通信障害が発生しているから
・サイトへアクセスが集中しているから
・スマホのデザリング機能を利用しているため
・端末に大きな負荷がかかっているから
・VPNを利用しているから

それぞれの詳細について、順番に解説していきます。

速度制限にかかったから

契約している回線によっては、契約データ容量の上限を超えた場合に速度制限がかかります。

通信速度が低下すると、Webサイトの読み込みが遅くなる、動画再生がなかなか進まないなど、利用状況によっては快適にインターネットが利用できなくなってしまうことも。特に、大きな通信容量を必要とする動画視聴やオンラインゲームなどで、不都合を感じることが多いです。

これらの現象は、主に通信容量が決められているスマホ回線やモバイルルーター回線を利用してインターネット接続をしている場合に起こります。速度制限の条件は各回線で異なり、月間〇GBもしくは3日で〇GBなど、さまざまです。

自動でフリーWi-Fiに接続されたから

多くのスマホには、Wi-Fiに自動接続する機能があります。Wi-Fiを設定する手間は省けますが、意図しないタイミングで接続されてしまうため、接続先によっては通信が遅くなったり、切れたりします。

例えば、街中にある登録不要のフリーWi-Fiは不特定多数の方が利用できるため、利用者が多いと繋がりが悪くなります

一方で、カフェなどの飲食店に設置されている登録者限定のフリーWi-Fiであれば、登録しないとWi-Fi利用ができません。

また、一般的にルーターとの距離が遠くなるため、フリーWi-Fiは利用者が少なくても通信速度が遅くなる傾向にあります。

同時接続台数が増えたから

Wi-Fiに接続している端末が増えると、通信が遅くなることがあります。ルーターには同時に接続できる端末の台数に制限があり、それらが多くなると回線が混雑し接続が遅くなるからです。

最近では、インターネットに接続できるデバイスも増えています。パソコンやスマホだけでなく、ゲーム機や家電製品、防犯カメラといったものもインターネットに繋ぐ時代です。

ぜひ一度、Wi-Fiに接続しているデバイスの数をチェックしてみてください

ルーターの設置場所を変えたから

部屋やオフィスの模様替えや引越しなどでルーターの置き場所が変わると、設置場所によってルーターの電波が入りにくくなることがあります。

ルーターの仕組みは中心から360℃放射状に電波が飛ぶというものであるため、家の中心や床から1m以上ある場所に設置するのが基本です

また、以下のような場所は接続が不安定になりやすいので注意してください。

・電子レンジやテレビといった家電製品の近く
・金属製の棚
・コンクリート製の壁
・水槽などの水回り
・部屋の隅、床に直起き

一般的な家電製品はルーターと同じ2.4GHz帯の電波が利用されているため、Wi-Fiと家電製品の電波が干渉して通信状態が不安定になりやすいです。

また、金属やコンクリート、断熱材はWi-Fiの電波を通さない、もしくは弱くさせます。部屋の壁やラックにこれらの素材が使われていないか一度チェックしてみてください。

自動ダウンロードが発生したから

スマホやタブレットの自動更新設定をONにしていると、アプリが常に自動更新されることになります。

アプリの更新時はある程度のデータ容量がダウンロードされるため、端末の通信処理が圧迫され、通信速度が一時的に落ちてしまうことがあるのです。

ルーターに不具合があるから

ルーターに不具合があると、Wi-Fiの接続が遅くなります。

特に、長時間Wi-Fi接続をする方は、要注意。ルーターは長時間利用すると熱が本体にこもることがあり、そうなると故障しないように処理能力を落とします。熱を持たなくするための処理能力の制限により、通信速度が落ちるのです。

また、ルーターの寿命が近いとWi-Fiがよく途切れる」「通信速度が異様に遅いといったことが起こります

通信障害が発生しているから

回線事業者やプロバイダ会社で通信障害が起きていると、Wi-Fi接続どころかインターネット接続そのものが遅くなり、場合によっては全く繋がらなくなったりします。

閲覧先のサイト側で障害が起きている場合も同様です。ページがスムーズに開かないため、インターネット接続が遅くなったように感じます。しかし、これはサイト側のシステムの問題のため、インターネット回線やルーターに原因はありません。別サイトはしっかりと開けることを確認してください。

サイトへアクセスが集中しているから

テレビやSNSなどで話題の商品に関するサイトでアクセスが集中すると閲覧できないことがあります。そのページにアクセスしてもなかなか表示されないため、Wi-Fiが急に遅くなったような感覚を覚えるでしょう。

これも、ルーターや回線の問題ではなく、アクセスに耐え切れずサーバーがパンクしていることが原因です。通信障害と同様に、別サイトの閲覧は可能です。

スマホのデザリング機能を利用しているため

スマホの通信回線を使って他の端末をインターネットに接続する「デザリング機能」でWi-Fi接続をしていると、急に速度が遅くなることがあります。

スマホの電波が悪ければ、当然接続している端末の通信速度も落ちやすくなります。スマホの電波が入りにくい、ビルが密集している場所や窓がない部屋などには注意が必要です。

端末に大きな負荷がかかっているから

ルーター同様、パソコンやスマホも負荷が高くなると熱を持ちます。過度に熱を帯びると故障しないように処理能力を下げるため、端末側においても通信速度が制限されてしまうことがあります。

VPNを利用しているから

自宅や外出先から社内ネットワークに接続する際、あるいは海外から日本サイトへアクセスする際などに便利なのが、VPN接続です。

VPNとは、インターネット上に設定する専用回線で接続する技術のこと。決められたユーザーしか使えず外部からのアクセスができないため、セキュリティを重視したい場合に重宝する技術です

しかし、セキュリティ面で安心できる反面、通信速度は遅くなりがちです

Wi-Fiが急に遅くなった場合の原因別対処法

続いて、急にWi-Fi接続が遅くなった場合の対策を、原因別に見ていきましょう。

・速度制限にかかった場合
・自動でフリーWi-Fiに接続された場合
・同時接続台数が増えた場合
・ルーターの設置場所を変えた場合
・自動ダウンロードが発生した場合
・ルーターに不具合がある場合
・通信障害が発生した場合
・サイトへアクセスが集中した場合
・スマホのデザリング機能を利用している場合
・端末に大きな負荷がかかっている場合
・VPNを利用している場合

それぞれの詳細は、以下の通りです。

速度制限にかかった場合

速度制限にかかった場合は、以下のいずれかを行う必要があります。

・光回線のWi-Fiに接続する
・料金を払ってギガを追加購入する
・速度制限が解除されるまで待つ

モバイルルーターやホームルーターの無制限プランには、「1日〇GBまで」「3日で〇GBまで」といった短期制限があります。そのため、完全無制限で使えるわけではありません。

動画やオンラインゲームの利用頻度が高い方は、通信容量に制限のない光回線がおすすめです

自動でフリーWi-Fiに接続された場合

Wi-Fiの自動接続機能は、OFFに設定できます。機種によって異なりますが、大まかな手順は設定からWi-Fiメニューを開き「Wi-Fiを自動で選択する」の設定をOFFにするだけと簡単です。

設定を解除する方法が分からない場合は、Wi-Fi機能自体をオフにしても問題ありません。特定のWi-Fiのみに接続する設定もありますので、利用しているスマホの機種を確認しましょう。

同時接続台数が増えた場合

1台のルーターに接続しているデバイスが多すぎる場合は、数を減らすことで通信速度が改善されることがあります。

まずはどの端末が接続されているのかを1つずつ確認し、本当に必要なものだけを優先して接続するようにしましょう。

ルーターの設置場所を変えた場合

ルーターを部屋のすみや壁際に置く方は多いですが、できれば部屋(または家)の中央に置くのがおすすめです。

Wi-Fiの電波は同心円状に広がるため、部屋(または家)全体にWi-Fiの電波が行き届きます。

また、できれば床よりも1m以上ある机や棚の上に設置してください。

自動ダウンロードが発生した場合

自動ダウンロードは、基本的に短時間で完了します。ダウンロードが終了すれば解決されるため、急でなければ待つようにしましょう。

ルーターに不具合がある場合

ルーターが熱をおびている場合は、電源を切って数分間放置します。コンセントやケーブル類も、すべて外してください。その後再度起動することで、解消される可能性が高いです。

また、エアコンや扇風機の風が当たる場所に置くと排熱しやすいです。ただし、保冷剤などを使って急激に冷やすのはNG故障に繋がります

通信障害が発生した場合

通信障害に関しては、回線会社やサイト側が原因のため解消されるまで待つほかありません。

サイトへアクセスが集中した場合

この場合も、できることはありません。時間をおいてアクセスできるかチェックしましょう。

スマホのデザリング機能を利用している場合

デザリング機能は、スマホの電波が良い場所で使いましょう。また、スマホと端末の間に電波を妨害する障害物を置かないように注意してください。

端末に大きな負荷がかかっている場合

パソコンやスマホに負荷がかかっている場合は、電源を一度落として休ませましょう。熱が開放されたタイミングで起動し、Wi-Fiの接続状況をチェックしてください。

VPNを利用している場合

VPN接続をしていてWi-Fiが遅くなることが多いなら、主に以下の対策が有効です。

・有線接続に切り替える
・有料VPNサービスを利用する
・プロバイダに問い合わせる

有線接続に切り替える

基本的にWi-Fi接続よりも有線接続の方がより通信速度が速く、安定性もあります。端末を移動させる必要がなければ、有線接続がおすすめです。

有料VPNサービスを利用する

VPNには無料と有料サービスがありますが、おすすめは圧倒的に有料サービスです。無料VPNには月間の通信量に上限があり、速度や安定性も十分ではありません。それに対して、有料VPNは大容量と高速通信に向いています。

利用者が多い・表示するWebページが重いといった場合でも、Wi-Fi接続が急に遅くなるリスクを回避できるでしょう。

プロバイダに問い合わせる

急に遅くなった場合は、プロバイダ側による速度制限がかかっていないかを確認しましょう。速度制限が解除されれば、Wi-Fiの速度が戻る場合があります。

通信回線が原因なら光回線への乗り換えがおすすめ

現在、スマホのテザリングやモバイルルーターなどでWi-Fi接続を行っているなら、光回線に乗り換えることでWi-Fi接続の速度も安定する可能性が高いです。

もちろん、光回線であってもルーターに問題がある場合はWi-Fiの速度は低下しますが、基地局からルーターまでが有線でつながっているため、圧倒的に通信速度が安定しています。

また、速度制限もないため高画質な動画やオンラインゲームも楽しみ放題です

NURO光は通信速度が下り2Gbps

一般的な光回線の通信速度は下り最大1Gbpsですが、NURO 光の通信速度は下り最大2Gbps。一般的な光回線の2倍の速度でインターネットが楽しめます。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

さらに、NURO 光には以下のようなメリットがあります。

・月額料金がリーズナブル
・入会特典が豊富
・開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり
・NURO でんきと同時申し込みで毎月501円(税込)割引

月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(G2Tプランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が豊富

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大3ヶ月980円かつ容量が無制限で使えるので非常にお得です!

※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

NURO でんきと同時申し込みで毎月501円(税込)割引

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(G2Dプランの場合500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

Wi-Fiが急に遅くなる原因とその対処法について、詳しくお伝えしました。まずは原因がどこにあるのかを探り、それに合った対処法を取るようにしましょう。

また、根本的に通信速度を速くしたい方には、高速光回線のNURO 光がおすすめです。

ぜひ、候補のひとつとして検討してみてください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック