無線ルーターのルーターモードとは?アクセスポイントモードの違いを解説

無線ルーターには「ルーター(RT)モード」と「アクセスポイント(AP)モード」という機能があります。

この記事では、それぞれの機能の違いやメリット・デメリットについて解説。モードの切り替え方法についてもお伝えしますので、ルーターの使い方に迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

無線ルーターのルーター(RT)モードとは?

ルーター(RT)モードとは、パソコンやスマホなどの複数端末を同時にインターネットにつなげる機能です。

光回線の場合、ONU(回線終端装置)という機器がモデムの役割を果たし、光信号とデジタル信号の変換を行うことでインターネット接続が可能となります。しかし、ルーター機能が搭載されていないと、接続できるデバイスはパソコン1台のみに限られます。

複数の端末をインターネット接続するために必要なのが無線ルーターで、その時に設定するモードがルーターモードというわけです

同時接続台数を増やせるのがメリット

上記でご紹介した通り、インターネットへの同時接続台数を増やせるという点が、ルーターモードのメリットです。

有線接続をする場合は、無線ルーターの側面にLANポートにLANケーブルを挿すだけでOK。無線接続をしたい場合も、端末側でSSIDとパスワードの設定をすればWi-Fi接続ができます。

このルーターモードが無線ルーターの基本的な使い方であり、ルーターモードが初期設定となっています

ルーターが2台以上あると電波干渉を起こすリスクも

注意点は、無線ルーターが2台以上あると、電波干渉を引き起こすリスクがあるという点です。

お互いの電波が干渉して、通信状態が遅くなったり不安定になったりしてしまうのです。

ルーターモードの無線ルーターが二台以上つながっている状態は「二重ルーター」と呼ばれますが、ストレスを感じることも多く、インターネットのヘビーユーザーにはおすすめできません。

無線ルーターのアクセスポイント(AP)モードとは?

アクセスポイントモードとは、ルーター機能をオフにしてもう1台の無線ルーター機能を引き継がせるための機能です。ブリッジモードとも呼ばれており、ルーターモードのように電波干渉を引き起こしません。

Wi-Fiの範囲を広げられるのがメリット

1台目の無線ルーターをアクセスポイントモードにすることで、1台目の無線ルーターのWi-Fi範囲を広げることができます。

例えば、アクセスポイントモードにした無線ルーターを2Fに移動させて、Wi-Fiのエリアを拡大させるといった使い方ができます。つまり、中継器と同じ役割を果たすということです。

ルーター機能は使えない

アクセスポイントモードを使っていると、ルーター機能は使えません(と言っても、2台目の無線ルーターにルーター機能は必要ないかもしれませんが)。

設定の仕方は無線ルーターによって手順が異なり、慣れていないとハードルが高いと感じる可能性もあります。

無線ルーターを2台設置するメリットやデメリット、方法については、以下で詳しく解説しています。こちらも、併せて参考にしてください。

>>直列?並列?ルーター2台の接続方法|メリット・デメリットを解説

それぞれのモードに切り替える方法

ルーターモードとアクセスポイントモードを切り替える方法は、以下の2つです。

  • モード切り替えスイッチで変更する
  • 無線ルーターの管理画面から変更する

モード切り替えスイッチで変更する

一般的な無線ルーターには、次の3つのモード切り替えスイッチが付いています。

スイッチ名 機能
CNV(コンバーターモード) 中継器として利用する場合
BR(ブリッジモード) ルーター機能を停止する場合
アクセスポイントモードに該当
RT(ルーターモード) 通常のルーター機能
デフォルトはルーターモードなのでそのままでOK

無線ルーターの電源を切ったうえで、RT(ルーターモード)からBR(ブリッジモード)にスイッチを切り替えます。そして、電源を入れて起動させれば完了。次に紹介する管理画面から変更する方法よりも簡単にできるので、おすすめです

無線ルーターの管理画面から変更する

指定のIPアドレスをブラウザ上に入れると、無線ルーターの管理画面が表示されます。

ユーザー名とパスワードを入力してログインし、マニュアルに沿って設定を変更しましょう。

詳しい手順は無線ルーターのマニュアルに記載されています。機種によって設定方法が異なるため、必ずチェックしてください。

光回線「NURO 光」のONUはルーターを標準搭載

光回線サービス「NURO 光」のONUは、ルーター機能を標準搭載しています。そのため、追加でルーターを用意する必要なく、複数端末のインターネット接続が可能です(ただし、光電話を利用する場合、TAという機器が別途必要となります)。

もし、お持ちのルーターを追加してWi-Fiの接続エリアを広げたい場合は、アクセスポイントモードにしてご利用ください。

また、NURO 光のONUは、従来規格のIPv4だけでなく次世代規格のIPv6にも対応しています。接続先のサイトに合わせて自動で切り替わるため、混雑時でも安定したインターネット通信が可能です。

>>NURO 光の詳細はこちら

NURO 光は、以下のような理由で多くの方に支持されています。

・通信速度が速い
・料金がお値打ち
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiルーターを貸し出し
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(3年契約プランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が豊富

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(3年契約プランのみ)
・2年間 月額3,590円(2年契約プランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO 光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大3ヶ月980円かつ容量が無制限で使えるので非常にお得です!

※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

NURO でんきと同時申し込みで毎月501円(税込)割引

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(2年契約プランの場合500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

無線ルーターのルーターモードは通常のルーター機能、アクセスポイントモード(ブリッジモード)はWi-Fiの接続範囲を広げるための機能と、理解しておきましょう。

2台の無線ルーターをどちらもルーターモードで接続してしまうと「二重ルーター」状態となり、デメリットが多くおすすめできません。

Wi-Fiの接続範囲を広げたい場合は、2台目の無線ルーターはアクセスポイントモードにして使用してください。

NURO 光で無料貸し出しをしているONUにはルーター機能が搭載されており、機器が1つにまとまります。配線周りもスッキリしますので、ぜひ検討してみてください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック