直列?並列?ルーター2台の接続方法|メリット・デメリットを解説

Wi-Fi電波の範囲を広げたい」「端末の接続台数を増やしたい」といった理由で、無線ルーターを2台以上設置する方がいます。

正しく設置すればストレスなく上記の目的を満たすことはできますが、間違った方法で接続してしまうと、いわゆる「二重ルーター」と呼ばれる状況となり、通信速度が遅くなるといった事態が発生するリスクがあるため、注意が必要です。

この記事では、そもそも無線ルーターを2台設置することの是非について触れつつ、仮に設置する場合に直接・並列のどちらで接続するべきか?という点について解説していきます。

無線ルーターの2台設置を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

そもそも無線ルーターが2台不要な理由

そもそも論として、以下の理由から無線ルーターを2台以上用意する必要性は低いと言えるでしょう。

・中継器でWi-Fiの範囲を広がられるから
・無線ルーターの機能が向上しているから
・HUB(ハブ)を使えば有線接続を増やせるから

それぞれ解説していきます。

中継器でWi-Fiの範囲を広がられるから

ルーターを2台以上設置する主な理由は、「Wi-Fiの接続範囲を広げる」といったものではないでしょうか。

しかし、中継器を使えば、新規で無線ルーターを買う必要はありません。中継器とはインターネットの電波を拡大させる機器で、電源を入れてコンセントに挿すだけで使えます。

例えば、1階にONUと無線ルーターが設置されている物件であれば、2階に中継器を取り付けることで、電波の届きにくい2階でも快適にWi-Fi接続ができるようになります。

無線ルーターのアクセスポイントモード(ブリッジモード)を利用しても同じような役割を担うことができますが、中継器は無線ルーターより価格が安く購入しやすいため、おすすめです

無線ルーターの機能が向上しているから

接続端末が増えたことで通信速度が遅くなったかな?と感じても、無線ルーターを2台使う必要はありません。なぜなら、スペックの高い無線ルーターに買い替えれば解決する場合が多いからです

スペックが上がればWi-Fiの同時接続台数が増えますし、電波強度も強くなります。2019年9月よりWi-Fiの新規格「Wi-Fi6」がリリースされていますので、まだ利用していない方はぜひ検討してみてください。

以下の記事では「Wi-Fi6」について詳しく解説しています。こちらも、併せてご確認ください。

>>Wi-Fi 6とはどんな規格でいつから始まったの?特徴と価格を解説

HUB(ハブ)を使えば有線接続を増やせるから

有線接続の端末数を増やしたい場合は、HUB(ハブ)を利用することで問題が解決します

HUB(ハブ)とは、複数のパソコンをインターネットに接続するときに使うネットワーク中継機器のこと。H無線ルーターより安価に手に入りますし、簡単に接続台数を増やせます。

また、親機から離れた場所でLANポートが必要なときは、LANポート付きの中継器を利用しましょう。

ルーターやモデム、ONUとの違いについては、以下の記事でまとめています。ぜひ参考にしてください。

>>光回線のルーターとは?役割や選び方、つなぎ方を徹底解説

無線ルーターを2台接続するデメリット

無線ルーターの2台接続には、以下のようなデメリットもあります。

・電波干渉で通信速度が低下し不安定になる
・一部のコンテンツにアクセスができなくなる

厳密には、上記のような現象は2台の無線ルーターをどちらも「ルーターモード」で接続した場合に起こります。いわゆる「二重ルーター」と呼ばれる状態ですね。

電波干渉で通信速度が低下し不安定になる

2台の無線ルーターがどちらもルーターモードの状態では、両方の機器から異なる電波が生じることになります。

その状態では電波干渉が起こりやすく、通信速度が低下する、接続が途切れるといった現象が起こりやすいのです。

仮に無線ルーターを2台つなげてWi-Fiの範囲を広げたい場合は、2台目の無線ルーターは「アクセスポイントモード(ブリッジモード)」に設定しましょう。

一部のコンテンツにアクセスができなくなる

二重ルーター状態では、IPアドレスが被る可能性もあります。その状態ではインターネットに接続できなくなり、PlayStation®4やNintendo Switchなどのオンラインゲームも遊ぶことができません。

PS4™で「NATタイプ3」「失敗」、Nintendo Switchでエラーコード「2618-0516」が表示されている原因のひとつは、IPアドレスの重複です。

NATとは?

NATとは、プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換する作業のこと。現在、IPアドレスが不足しているため、家庭用のゲーム機器やスマホにはプライベートIPアドレス(会社や家庭内でしか使えないIPアドレス)が割り当てされています。

無線ルーターやHGW(ホームゲートウェイ)で変換することでインターネットに接続ができる仕組みですが、ルーター機能を有する無線ルーターが複数台あると、IPアドレスの重複が起き、NATがうまく行えなくなってしまうのです。

無線ルーターを2台接続するメリット

デメリットの多い二重ルーターですが、接続台数やWi-Fiエリアを広げたい場合には有効です。例えば、ONUと無線ルーターが1Fのリビングに設置していて、2階の自室でWi-Fiまでつながりにくい場合です

前述したように、2台目の無線ルーターをアクセスポイントモード(ブリッジモード)にすることで、中継器と同じように利用することができます。

あらためて機器を購入する場合は中継器の方が安くおすすめですが、無線ルーターが余分にある方は、試してみると良いでしょう。

2台の無線ルーターを接続する方法

無線ルーターを2台同時で使うためには、直列もしくは並列で接続する必要があります。それぞれの接続方法は、以下の通りです。

無線ルーター2台を直列で接続する

直列での接続手順は以下の通りです。

  1. 無線ルーター2台をLANケーブルで接続する
  2. 1台目をONUにつなげて起動します
  3. 2台目をブリッジモードで起動する

1.無線ルーター2台をLANケーブルで接続する

無線ルーターをLANケーブルでそれぞれ接続します。このとき無線ルーターの電源を入れる必要はありません。

2.1台目をONUにつなげて起動します

接続が完了したら、1台目の無線ルーターをONUにつないで電源を入れます。

3.2台目をアクセスポイントモード(ブリッジモード)で起動する

2台目に関してはアクセスポイントモード(ブリッジモード)で起動します。アクセスポイントモードにするとルーター機能がオフになり、1台目のルーター機能を橋渡しします。

そのため、無線ルーターを2台設置しても電波干渉はしません。2台目を2Fや離れに設置すれば、Wi-Fiエリアを拡大することが可能です。

無線ルーター2台を並列で接続する

並列で接続する場合の手順は、以下の通りです。

  1. HUB(ハブ)を用意してONUに接続する
  2. HUB(ハブ)から無線ルーター2台を接続する

1.HUB(ハブ)を用意してONUに接続する

繰り返しになりますが、HUB(ハブ)とは複数の端末をインターネットに接続させるネットワーク機器です。無線ルーターよりも安く、数千円程度で購入できます。

ONU(回線終端装置)とHUB(ハブ)を、LANケーブルでつなぎましょう。

2.HUB(ハブ)から無線ルーター2台を接続する

接続後、2台の無線ルーターをHUB(ハブ)につなげます。使用する無線ルーターをAとBの2つとすると、Aの周波数を2.4GHZ帯・Bの周波数を5GHZ帯に分けると負荷を下げて使えます。

光回線「NURO 光」はONUにルーター機能を搭載

光回線のNURO 光では、ルーター機能を搭載したONUを無料でレンタルしています。そのため、無線ルーターを別途用意する必要なく、複数端末のインターネット接続が可能です(ただし、光電話を利用する場合、TAという機器が別途必要)。

また、NURO 光のONUは従来規格のIPv4だけでなく次世代規格のIPv6にも対応しており、IPoE方式での接続を行うため、混雑時でも安定してインターネット通信を行えます。

>>NURO 光の詳細はこちら

加えて、NURO光は以下のような理由で多くの方に支持されています。

・通信速度が速い
・料金がお値打ち
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiルーターを貸し出し
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(3年契約プランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が豊富

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(3年契約プランのみ)
・2年間 月額3,590円(2年契約プランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大3ヶ月980円かつ容量が無制限で使えるので非常にお得です!

※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

NURO でんきと同時申し込みで毎月501円(税込)割引

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(2年契約プランの場合500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

無線ルーターをどちらもルーターモードで2台設置をしてしまうと「二重ルーター」状態となり、デメリットが多いためおすすめできません。2台をつなげて利用する際は、2台目をアクセスポイントモード(ブリッジモード)にして利用しましょう。

また、中継器やHUB(ハブ)を用意すれば、無線ルーターが1台だけでもWi-Fi範囲を広げたり、接続台数を増やしたりすることが可能です。

ONUと無線ルーターを一つにまとめてスッキリさせたい方には、NURO 光がおすすめ。無用で貸し出されるONUにはルーター機能が搭載されているため、1台で複数端末をインターネットに接続することができます。

ぜひ、この機会にNURO 光を検討してみてください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック