Wi-Fi電波はあるのにインターネットに繋がらない!|理由と対処法を解説

Wi-Fiの電波が飛んでいる場所にいるにもかかわらず、スマホやパソコンがインターネットに繋がらないことがあります。

そんな時は、Wi-Fiに繋がらない理由を切り分けて原因を探ってみましょう。

この記事では、上記原因とそれぞれの対処法について詳しく解説しています。すぐにでも解決したい方は、ぜひ参考にしてください。

Wi-Fiの電波はあるのに繋がらない場合に確認すること

お手持ちのパソコンやスマホがWi-Fi電波を確認できている場合は、回線事業者やプロバイダ会社に原因はありません。

Wi-Fi電波を確認できている時点で、ONU(回線終端装置)までインターネットは問題なく繋がっているからです。

電波自体を確認できている場合は、以下の2点から確認していきましょう。

・ルーターの設置場所は問題ないか
・2台以上のルーターを設置していないか

それぞれの詳細は、以下の通りです。

ルーターの設置場所は問題ないか

ルーターは置き場所によって繋がりにくくなってしまうため、設置場所は大切です。

ルーターの電波は中心から360℃放射状に飛ぶ仕組みとなっているため、家の中心や床から1m以上ある場所に設置すると繋がりが良くなります。

一方で、以下のような場所は接続が不安定になりやすいです。

・電子レンジやテレビといった家電製品の近く
・金属製の棚
・コンクリート製の壁
・水槽などの水回り
・部屋の隅、床に直起き

一般的な家電製品には、ルーターと同じ2.4GHz帯の電波が利用されています。そのため、Wi-Fiと家電製品の電波が干渉して通信状態が不安定になってしまうのです。

また、金属・コンクリート・断熱材は、Wi-Fiの電波を通さない、もしくは弱くします。部屋の壁やラックにこれらの素材が使われていないか、一度チェックしてみてください。

2台以上のルーターを設置していないか

自宅に2台のルーターが設置されている状態は二重ルーターと呼ばれ、それぞれのルーターがIPアドレスを奪い合ってしまい、各端末が正常にインターネットに接続できなくなってしまうことがあります。

よくあるケースが、回線事業者がWi-Fi機能付きのONU(回線終端装置)をレンタルしてくれているにも関わらず、自前ルーターを別途取り付けてしまう場合です。

知らないうちに二重ルーターになっていることが多く、インターネットに繋がらない、繋がっても通信速度が遅くなるなど、弊害が起こりやすいため、注意が必要です。

二重ルーターに関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。

>>NURO 光では二重ルーターは必要なし!例外やデメリットを解説

Wi-Fiの電波はあるのに繋がらない原因とは?

ルーターの設置場所や二重ルーターに関して問題なければ、次にWi-Fiに繋がらない原因を切り分けていきましょう。

主に、以下の2つになります。

・ルーター側に原因がある
・パソコンやスマホ側に原因がある

ルーター側に原因がある

ルーター側に問題があるかどうか確認するために、他の端末でもインターネットに繋がらないのかを試してみてださい。

例えば、ノートパソコンで「Wi-Fi電波はあるのに繋がらない」現象が起きていれば、スマホやタブレットでも同じことになるのかチェックします。

他の端末でWi-Fi接続ができない場合は、ルーターになんらかの問題がある可能性があると考えられます。

パソコンやスマホ側に原因がある

特定の端末だけWi-Fiが繋がらない場合、そのデバイスに問題がある可能性が高いです。原因を切り分けるために、まずは他の機器でも接続して、繋がるかを確認してみてください。

Wi-Fi電波はあるのに繋がらないときの対処法

原因が切り分けられたら、続いては対処法を確認していきましょう。

・ルーターの設置場所に問題がある場合
・2台以上のルーターを設置している場合
・パソコンやスマホ側に原因がある場合

上記3つの項目に分けてご説明します。

ルーターの設置場所に問題がある場合

ルーターの場所が適切でない場合は、ルーターを適切な場所に設置し直しましょう。これだけで、繋がりにくさが解決することが多いです。

上述した通り、理想の設置場所は高い家具の上かつ部屋(または家)の中央です。Wi-Fiの電波は障害物に弱く、同心円状に広がることが理由です

2台以上のルーターを設置している場合

二重ルーターには接続できる端末数が増えるといったメリットもありますが、インターネットに接続できないといったトラブルが起こりがちです。そのため、よほどの事情がないかぎり、ルーターは1つにまとめることをおすすめします。

二重ルーターが原因でインターネットの接続がうまくいかない場合には、二重ルーターの状態を解消することで、ほぼ状況が改善されます。

また、もしWi-Fiの電波が届く範囲を広げたい場合は、中継器を利用すれば問題ありません。中継器であれば二重ルーターにならないため、安心して使えます。

ルーター側に原因がある場合

ルーターに原因がある場合は、以下の順番で改善されるか試してみてください。

  1. ルーターの再起動
  2. ファームウェア更新
  3. ルーターの買い替え

1.ルーターの再起動

ルーターを長く使い続けていると、電波干渉が起きたり、熱をこもったり、アクセスログ(通信情報ログ)がたまったりと、不具合が発生してしまうことがよくあります。

そのような場合は、ルーターの再起動が有効です。一度コンセントを抜き、すべてのケーブルを外します。この状態で、数分間放置。一度放電することで、再びインターネットに接続できるでしょう。

2.ファームウェア更新

再起動しても改善されない場合は、ルーター内部のファームウェアが古いことが考えられます。ファームウェアとは、インターネットやパソコンの周辺機器を動作させるソフトウェアのことです。

ルーター機種によってアップデートする方法は異なりますが、基本的には以下のような手順でアップデートできます。

・メーカー指定のIPアドレスをブラウザに入力
・設定画面を表示しファームウェア更新を選択
・最新バージョンをチェックし更新

ルーターの中には、自動的に最新バージョンのファームウェアに更新できるものもあります。ルーター設定画面に自動更新の項目があればチェックを入れましょう。

詳細については、各メーカーのホームページを確認してください。

3.ルーターの買い替え

1と2を試しても改善されない場合には、ルーター自体が故障している可能性が高いです。その場合は、ルーターの買い替えが必要になってきます。

家電量販店や大手ネットショッピングで、4,000円程度~の価格で購入できます。一般的にルーターの寿命は4~5年と言われているため、買い替えのタイミングに来ている方も多いかもしれません。

パソコンやスマホ側に原因がある場合

インターネットに接続できないのが1つの端末だけならば、その端末の故障か、端末の設定に問題があると考えられます。

パソコンやスマホ側に原因がある場合も、以下の順番で改善されるか試してみてください。

  1. 接続し直し&接続先の変更
  2. 端末側の再起動
  3. Wi-Fi設定の見直し
  4. セキュリティソフトの停止
  5. 端末の買い替え

それぞれの詳細は、以下の通りです。

1.接続し直し&接続先の変更

スマートフォンなどのモバイル端末のWi-Fi接続を一度切り、再度Wi-Fiに繋いでください。もしくは、他のSSIDに接続できるか確認します。場合によっては、これだけで接続できることがあります。

2.端末側の再起動

上記を試しても解決しなければ、端末の再起動です。スマホであれば電源ボタンを長押しするとメニューが表示されますので、「再起動」を選択しましょう。

3.Wi-Fi設定の見直し

それでも解決しない場合は、Wi-Fi設定を見直してみましょう。LANポートやWANポートとの接続方法が間違っていることがあるため、ケーブルの配線も再度確認してください。

アプリだけがWi-Fiに繋がらない時は、各アプリのモバイル通信の許可状況も確認する必要があります。

4.セキュリティソフトの停止

それでも解決しない場合は、セキュリティソフトのファイアウォール機能を一旦停止してください。多くのセキュリティソフトには、インターネット通信を監視し、危険なアクセスを遮断して情報漏洩を防ぐファイアウォール機能が搭載されています。

しかし、この機能が問題でインターネットに接続できないことがあります。ファイアウォール機能無効後は、ウイルスやスパイウェアに感染しやすくなるため、必ず設定を戻すようにしましょう。

5.端末の買い替え

1~4を実施しても解決できない場合は、端末が故障している可能性があります。修理、または買い替えを検討してください。

NURO光なら高速インターネットが安定して楽しめる

Wi-Fiには接続できるものの、速度や安定性に不満がある方は、思い切って回線を変更してしまうのもおすすめです。

特に、光回線のNURO 光は下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているため、安定して高速インターネットを楽しむことができます。

>>NURO 光の詳細はこちら

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

他にも、NURO 光には多くのメリットがあります。「速度が速い」以外の大きなメリットは、以下の4つです。

・月額料金がリーズナブル
・入会特典が豊富
・開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり
・NURO でんきと同時申し込みで毎月501円(税込)割引

それぞれ、確認していきましょう。

月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(G2Tプランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が豊富

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大3ヶ月980円かつ容量が無制限で使えるので非常にお得です!

※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

NURO でんきと同時申し込みで毎月501円(税込)割引

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(G2Dプランの場合500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

Wi-Fi電波はあるのにインターネットに繋がらない」という問題はルーターか端末のどちらかに原因があります。本記事で紹介した方法を1つずつ試し、原因を切り分けて対処していきましょう。

一方で、「繋がるけれどWi-Fiの速度が遅いという場合には、ぜひNURO 光への乗り換えをご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック