スマートスピーカーにはWi-Fiが必要!できること・接続方法は?

自宅の家電をインターネットにつないで今の生活をより快適にする「スマートホーム」に注目が集まっています。

そして、スマートホーム化をさらに便利にするのが、音声による操作を可能にする「スマートスピーカー」です。

この記事では、スマートスピーカーの機能や快適に利用するためのWi-Fi環境などについて解説していきます。

スマートスピーカーの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

スマートスピーカーとは?

スマートスピーカーとは、音声で操作をするAIアシスタント機能のついたスピーカーのことです。各メーカーから様々な名前のスマートスピーカーが販売されています。

スマートスピーカーは様々なニーズに対応可能

スマートスピーカーで行えることは、家電の操作だけではありません。その機能は多岐にわたりますが、代表的なものは以下の5つです。

・家電の操作
・天気予報やニューストピックスの読み上げ
・単語や言葉の意味を解説する辞書機能
・音楽鑑賞、映画鑑賞、動画視聴
・商品の注文

メーカーによっては上記以外の機能が追加されている場合もありますが、ほとんどのスマートスピーカーのメイン機能は上記5項目となっています。

スマートスピーカーの基本的な使い方は「しゃべるだけ」

スマートスピーカーの使い方は、簡単です。スマートスピーカーに声が届く範囲から、話しかけるだけ。これだけで簡単に、様々な機能を使うことができます。

スマートスピーカーを使用するときには「ウェイクワード」と呼ばれる単語を読み上げ、そのあとに「スピーカーへの指示」を伝えます。ウェイクワードはスマートスピーカーによって異なりますが、スマートスピーカーの名称やサービス名であることがほとんどです。

【スマートスピーカーの使用例】

○○(ウェイクワード)、今日の天気は?

○○(ウェイクワード)、××(アーティストや曲名)かけて

CMなどで、「Alexa(アレクサ)、今日の天気は?」と話しかけているシーンをよく見かけますよね。

これが、スマートスピーカーの基本的な使い方です。

スマートスピーカーにはWi-Fiが必要

誰でも簡単に使えて非常に便利なスマートスピーカーですが、注意点があります。

「それは、インターネット環境下でないと使用できない」ということです。それも、有線接続ではなく、無線でインターネットに接続する必要があることがほとんどです。つまり、多くの場合、Wi-Fi環境がないとスマートスピーカーが使えません。

また、多くのスマートスピーカーには専用のスマホアプリが必要です。設定などの操作を、アプリ上で行うケースが多いためです。スマホアプリを必要とするスマートスピーカーの場合は、スマホがないとスマートスピーカー自体が使えないというわけです。

ただし、すべてのスマートスピーカーが、操作にアプリを必要とするわけではありません。例えば、ディスプレイ搭載モデルのスマートスピーカーは画面のタッチ操作に対応していることが多いため、スマホやスマホアプリが必要ないこともあります。スマートスピーカー購入の際には、そういった点にも注意するようにしましょう。

Wi-Fiに繋げるための3つの選択肢

スマートスピーカーをWi-Fi接続するための選択肢は、以下の3つです。

・固定回線を契約して自宅内にWi-Fiを飛ばす
・ポケットWi-Fiを契約する
・スマートスピーカー機能搭載の
AIホームゲートウェイを選ぶ

回線契約とWi-Fiについてのメリット・デメリットは、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>自宅で使うインターネットのおすすめは固定回線?モバイルルーター?

おすすめは「固定回線」

上記3つの選択肢のうち、おすすめは固定回線です。

その理由は、スマートスピーカーは24時間インターネットに繋げておく必要があるからです。スマートスピーカーがインターネットに繋がっていない状態では、アプリを使って外出先から家電の操作をすることもできなくなってしまいます。

したがって、外出時に一緒に持ち出すことが多いポケットWi-Fiはスマートスピーカーとの相性が良くないのです。

「AIホームゲートウェイ」という選択肢も

もっとも、家でPCやオンラインゲームをあまりしないのであれば、固定回線を引く必要はないかもしれません。

ソニーのスマートホームサービスMANOMA(マノマ)のように、スマートスピーカー機能を搭載した「AIホームゲートウェイ」を利用すれば、SIMカードを挿すだけで利用できるLTE回線の契約が可能です。通信速度や容量は固定の光回線には劣りますが、スマートスピーカーの機能が使えるうえ単独でポケットWi-Fiに契約するより料金が安くなります。

MANOMAについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>MANOMA(マノマ)の機能、プランやメリットについて、NURO 光とも比較

スマートスピーカーの設定方法

ここからは、スマートスピーカーを購入したあとの設定方法を解説します。設定手順は、以下の通り。非常に簡単です。

・スマートスピーカーの電源を入れる

・スマホからアプリの起動(もしくは、スマートスピーカーを操作)

・接続したいWi-Fiを選択

・Wi-Fiのパスワードを入力

・接続完了

これだけで、すぐに使えるようになります。

スマートスピーカーを快適に使うための固定回線にはNURO 光がおすすめ

MANOMAのようなスマートスピーカー機能付き「AIホームゲートウェイ」も選択肢の1つですが、通信速度や通信容量、速度制限などが気になる場合は、やはり光回線を契約し、室内にWi-Fiを飛ばしたうえでスマートスピーカーを利用するのが安心です。

そして、安定したインターネット接続を重視するのであれば、速さと安さを両立したNURO 光をぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

>>NURO 光の詳細はこちら

NURO 光は、下記の理由で多くのお客様に選ばれています。

・速度が速い
・価格が安い
・入会特典が豊富
・開通までの期間にポケットWi-Fiの貸し出しを行っている

NURO 光は速度が速い

一般的な光回線の通信速度は、下り最大1Gbpsです。それに対して、NURO 光の通信速度は下り最大2Gbps。また、NURO 光は独自の回線を使用しているため、安定しやすいという特徴もあります。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

NURO 光は価格が安い

NURO 光の月額利用料金は、4,743円(税抜)です。一般的な光回線の月額料金目安は5,000円~6,000円ですので、料金面に関してもリーズナブルな光回線と言えます。

また、NURO 光の回線料金にはプロバイダ料金が含まれているため、回線料金のほかにプロバイダ料金がかかるということがありません。

NURO 光は特典が豊富

NURO 光には、様々な特典があります。キャッシュバックや月額料金が1年間割引きになる特典ワンコインのお試しプランなど、それぞれの希望に合わせて特典を選択することが可能です。

NURO 光の特典には併用できるものとできないものがありますので、詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

NURO 光では開通までの期間にポケットWi-Fiの貸し出しを行っている

光回線の利用には回線工事が必要ですが、工事完了までに時間がかかってしまう点は光回線のデメリットと言えるでしょう。

その点、NURO 光では、開通工事が完了するまでの期間に、希望者に対してポケットWi-Fiの貸し出しを行っています。

そのため、工事完了を待たず、契約後すぐにインターネットの利用が可能です

まとめ

スマートスピーカーの利用には、自宅内のWi-Fi環境が必須です。Wi-Fi環境を整えるためには、速度が速くて容量が大きい、安定した光回線を選ぶことをおすすめします。

提供エリア内にお住まいの方は、ぜひ速さと安さを両立したNURO 光をご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる