自宅で使うインターネットのおすすめは固定回線?モバイルルーター?

自宅用のインターネット回線を検討している方向けに、生活スタイルや目的に応じたおすすめの選択肢をご紹介いたします。

自宅でのインターネット利用が多いのか、外でのインターネット利用が多いのかによって固定回線・モバイル回線のどちらを選ぶべきかが異なります。

それぞれの接続方法におけるメリット、デメリットも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

インターネット通信の選択肢は大きく分けて2つ

自宅で利用するインターネット通信の選択肢は、大きく分けて以下の2つです。

・固定回線(ケーブルテレビを含む)
・モバイルルーター(ホームルーターを含む)

それぞれに違った特徴がありますので、1つずつ確認していきましょう。

固定回線の特徴

固定回線とは、光回線やケーブルテレビなど、物理的な回線を自宅に引くことでインターネットが利用できるようになる接続方式です。2023年にサービスが終了するADSLも固定回線に含まれます。

まずは、固定回線のメリットを確認しましょう。

〇メリット〇
・通信が安定する
・高速通信が可能

基地局から自宅までが光ファイバー・ケーブル・電話線といった有線で物理的に接続されているため、通信が安定し、安心で快適な高速通信が可能です。

自宅内においては、PCとONU(またはルーター)をLANケーブルで「有線接続」とWi-Fiルーターを利用する「無線接続」の両方が利用できます。

「有線接続」「無線接続」のいずれの場合も、次に紹介するモバイルルーター接続より通信が安定し、高速通信が行えます。

そんな固定回線のデメリットは、以下の3つです。

〇デメリット〇
・自宅以外では使えない
・開通までの時間がかかる
・ケーブルが邪魔になる(有線接続の場合)

固定回線は、自宅以外の場所でインターネットの利用ができません。これが、一番のデメリットと言えるでしょう。

また、固定回線を自宅に引くには工事が必要なため、開通するまでに時間がかかってしまいます。開通までの期間は、工事の混雑状況によっても異なりますが、申し込み後戸建てで1~2ヶ月程度、マンションで1~3ヶ月程度と考えておきましょう。

さらに、有線接続した場合に限りますが、ケーブルが邪魔になってしまうと感じる方も少なくありません。

モバイルルーターの特徴

モバイルルーターとは、インターネットに接続するための小型端末のことです。基地局からモバイルルーターまでは無線で接続され、モバイルルーターを経由して複数の端末にWi-Fi接続をすることが可能となります。

メリットは、以下の2点です。

〇メリット〇
・外出先でも使える
・契約後すぐに利用できる

モバイルルーターのメリットは、小型のため外出先にも持ち運びができるという点です。自宅でも外出先でも利用できるため、外でのインターネット利用が多い方は重宝するでしょう。

また、多くのモバイルルーターでは、レンタルなどの契約後すぐに端末が自宅に郵送されます。固定回線と異なり工事が不要のため、待ち時間なくインターネット利用を開始できます。

そんなモバイルルーターのデメリットは、以下の4点です。

〇デメリット〇
・端末の充電が必要
・固定回線より遅い
・安定しづらい
・契約プランによっては通信に上限がある

端末を充電しなければ利用できないため、外出先で無制限に使えるわけではありません。つねに電池残量に気をつける必要があります。

また、モバイルルーターの速度は固定回線よりも遅く、安定しづらいというデメリットがあります。外出時に利用できる一方で、サクサク動かずにストレスを感じることも少なくありません。

ほかにも、モバイルルーターは、契約プランによって利用可能な通信の上限が設けられていることもあります。固定回線と違い、無制限にインターネットを利用できないことがありますのでご注意ください。

ちなみに、「ホームルーター」は据え置き型のモバイルルーターのようなもので、コンセントに接続するだけでインターネットが利用できるという手軽さがある反面、光回線と比べてモバイルルーターと同様のデメリットがあります。

上記の理由から、「外出中に常にインターネットに繋がっていなければいけない」というような珍しいケースならばともかく、よほどの理由がない限り自宅でのインターネット利用は固定回線を選ぶのが良いでしょう。

自宅のインターネット回線の選び方のポイント

ここからは、固定回線の選び方について解説していきます。固定回線を選ぶ際に意識したいポイントは、以下の3つです。

・回線速度は速いか
・利用中の携帯キャリアとの兼ね合い
・キャッシュバックなどの特典の有無

回線速度は速いか

固定回線の強みは、安定と通信速度です。ただし、ひと言で固定回線と言っても安定性や速度は回線によって異なります。固定回線を選ぶ際は、この強みを実感できる回線を選びましょう。

現在の主流は光回線ですが、光回線のなかでも速度の違いがあります。WEBサイトや動画の閲覧をよくするタイプの人は、下りの最大速度を比較することをおすすめします。

利用中の携帯キャリアとの兼ね合い

光回線の中には、特定のスマホキャリアユーザー向けに「セット割」を用意しているところがあります。

セット割を使えば、「スマホ+回線」のトータルの月額料金を抑えることができるため、ランニングコストの節約につながるでしょう。

ご自身のキャリアとセット割を行っている回線がどこなのかを、事前に確認しておくことをおすすめします。

スマホセット割ができる一覧

スマホキャリア会社 セット割が適用できる光回線
ドコモ ドコモ光
ソフトバンク ソフトバンク光、NURO 光
AU KDDIグループ光回線、電力会社の光回線、ソネット光やビックローブ光など
格安SIM 会社によって割引になることも

ただし、割引が適用される条件や割引金額はプランによって異なります。加入前に各キャリアで確認しておきましょう。

キャッシュバックなどの特典の有無

回線を選ぶ際には、キャッシュバックや工事費無料などの特典がある回線を選びましょう。また、事前に解約時の違約金などを調べておくことで結果的にコストを抑えることができます。

ただし、回線によってはキャッシュバックの受け取りタイミングがかなり先である場合や、不要なオプションに加入することが条件となっている場合もあります。

また、公式HPからの申し込みか代理店からの申し込みかでも特典の内容は異なります。

各社の条件ならびに申し込み経路を、事前にしっかりと確認しておきましょう。

回線速度を求めるならばNURO 光がおすすめ

月額利用料金がリーズナブル、かつ速度が速い回線」が希望なら、NURO 光がおすすめです。

通常の光回線が下り最大1Gbpsであるのに対し、NURO 光の下り速度は最大2Gbps。高速インターネットが利用できます。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

>>NURO 光の詳細はこちら

NURO 光には、ほかにも様々なメリットがあります。

・料金がお値打ち
・特典が豊富
・工事費が実質無料
・開通までの期間にポケットWi-Fiを貸し出している

料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金はG2Tプランで5,200円(税込)、さらにこの金額にはプロバイダ料金も含まれています

回線によってはプロバイダ料金が別途必要なものもあるため、お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

特典が豊富

NURO 光には、契約時に様々な特典が用意されています。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記の特典は併用することができず契約時にどれか1つを選ぶことになるのですが、上記の特典と組み合わせることができる別の特典もたくさんあります。

特典についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

さらに、ソフトバンクのスマホを利用している方は、NURO 光 でんわに加入(月額550円(税込))することで、端末1台当たりの利用料金が5501,100円割引になるおうち割 光セット」の利用や、24時間ソフトバンクスマホとの通話量が無料になる「ホワイトコール24」の特典を受けることもできます。

ソフトバンクユーザーがお得になる特典につきましては、こちらの記事をご覧ください。

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

工事費が実質無料

NURO 光では、31ヶ月以上の利用で工事費用が実質無料になります。

工事費用用自体は44,000円(税込)かかりますが、G2T(3年契約)プランの場合その請求は36ヶ月で分割して行われます(1,222円/月)。同時に、分割工事費用と同等額が毎月の利用料金から割り引かれ、この割引が工事費用の残債が無くなるまで、36ヶ月間続くのです。
※G2D(2年契約)プランの場合は、24ヶ月で分割して支払われます。

G2Tプランの具体的な支払いのイメージは、以下の通り。

5,200円(月額利用料金)+1,222円1,222円(割引特典)=5,200円(税込)」
※工事支払い1回目の料金は1,230円、割引特典は1,230円となります。

つまり、36ヶ月以上NURO 光を利用すれば、工事費用が実質無料になるというわけですね。36ヶ月以内にNURO 光を解約した場合は工事費用の残債をまとめて支払う必要がありますので、ご注意ください。
※G2D(2年契約)プランの場合は、24ヶ月以上のご利用で工事費実質無料になります。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

>>NURO 光は2年目以降も料金が変わらない!その理由を徹底解説

開通までの期間にポケットWi-Fiを貸し出している

NURO 光は、開通までの期間、希望者にポケットWi-Fiの貸し出しを行っています。

そのため、工事が完了するのを待つ必要なく、すぐにインターネットの利用が開始できます。ポケットWi-Fiの利用料金は、日割りで計算されるため経済的です。

NURO 光の注意点

そんな魅力的なNURO 光回線ですが、以下の2点にはご注意ください。

・NURO 光は利用可能な地域が限られている
・マンションで利用する場合にはオーナーの許可が必要

どちらも重要なポイントですので、解説していきます。

NURO 光は利用可能な地域が限られている

NURO 光は、全国どの地域でも利用できるわけではありません。NURO 光を利用できる地域は、以下の通りです。

【北海道エリア】 北海道

【関東エリア】 東京都、神奈川県、埼玉県千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】 愛知県静岡県岐阜県、三重県

【関西エリア】 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県

【中国エリア】 広島県岡山県

【九州エリア】 福岡県佐賀県

※一部地域を除く

各都道府県の詳細エリアについては、こちらでご確認ください。

>>NURO 光の対応エリアを確認

マンションで利用する場合の注意点

マンションなどの集合住宅でNURO 光を検討されている場合は、そのマンションが以下のどのパターンに該当するかを確認してください。

マンションがNURO 光に対応している

マンションが他の光回線に対応している

マンションがどの光回線にも対応していない

 

①の場合はマンションプランの「NURO 光 for マンション」に申し込みが可能です。

>>NURO 光 for マンションの詳細はこちら

ですが、②③の場合はマンションプランでの契約ができません。その代わり、「戸建てプラン」での契約が可能です。回線工事の際に壁に穴を開ける可能性があるため、マンション所有者の許可を取ったうえで戸建てプランにお申し込みください。

>>戸建てプランの詳細はこちら

マンションにおける光回線工事の詳細については、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>光回線工事をマンションで行う場合に必要な許可は誰からもらう?

まとめ

インターネットを自宅メインで利用するのでしたら、モバイルルーターよりも固定回線を選びましょう。

現在の固定回線の主流は光回線ですが、同じ光回線でも通信速度や月額料金は回線業者によって異なります。

ぜひ、速さと安さの両立で多くの方に支持されているNURO 光をご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック