タブレットの通信費を抑える最強の組み合わせは「Wi-Fiモデル+光回線」

スマホよりも大画面で、パソコンよりも手軽に持ち運べるタブレット端末は便利ですが、スマホ・自宅の固定回線とは別にタブレット用の回線を契約すると、通信費だけで家計をかなり圧迫してしまいます。

そこで今回は、通信費を抑えながらタブレットを利用する方法をご紹介します。

これからタブレットを購入しようと考えている方は、タブレット端末の本体価格も節約できる可能性がありますので、ぜひ参考にしてください。

タブレットには2種類がある

タブレットには、以下の2種類のモデルがあります。

Wi-Fiモデル
LTEモデル

それぞれの違いを、簡単に解説します。

Wi-Fiモデルとは

Wi-Fiモデルのタブレットは、Wi-Fi環境下でのみインターネット接続が可能な端末です。Wi-Fi接続できない場所ではインターネットの利用ができませんので、ご注意ください。

Wi-Fiモデルのメリットは、端末の価格がLTEモデルよりも安いということ。また、回線契約ができないため、タブレット用の通信費が上乗せされることはありません。

通信費の節約にはWi-Fiモデルがおすすめ

Wi-Fiモデルは安く購入でき、購入後は回線の月額利用料などがかかりません。

自宅や職場・学校、カフェなどのWi-Fi環境下での利用に制限されますが、お手持ちのスマートフォンのテザリング機能を利用すれば、Wi-Fiがない環境でもインターネットに接続することができます。

LTEモデルとは

LTEモデルのタブレットは、Wi-Fiモデルにスマートフォンの通信機能が付帯したタイプの端末です。

LTE機能を利用するためにはスマートフォン同様に個別の回線契約が必要ですが、契約すればWi-Fiがない外出先でもインターネットに接続することができるというメリットがあります

もちろん、Wi-Fi環境下であればWi-Fiで接続することも可能です。

LTEモデルのデメリットは、Wi-Fiモデルに比べて端末自体の値段が高いということ。また、端末購入後も毎月の回線利用料金が生じるため、スマホや自宅の光回線などと合算した通信費は高くなりがちです。

LTEモデルのプラン料金の種類

タブレットの料金プランは、スマホ同様に様々です。

・スマホの通信量とシェアするプラン
・通信量に応じてステップ製で従量課金されるプラン
・大容量のプラン

それぞれの使い方によって、最適なプランを選ぶことができます。た

LTEモデルとWi-Fiモデルのどちらがおすすめかは使い方によって異なる

LTEモデルとWi-Fiモデルのどちらを選ぶか悩まれている方は、以下のポイントに注目して購入するモデルを選びましょう。

・外出時をメインに電車の中などでもハードに使うならLTEモデル
・それ以外ならばWi-Fiモデル

外出時をメインに電車の中などでもハードに使うならLTEモデル

電車の中などWi-Fiの飛んでいないところでもタブレットをヘビーに使いたい場合は、LTEモデルを選びましょう。スマホのテザリングをしたとしても、その使い方ではスマホの月額料金が高くなってしまうからです。

それ以外ならばWi-Fiモデル

外出時のタブレット利用は、Wi-Fi環境の整っている会社やカフェの中など決まった場所のみという方は、Wi-Fiモデルを購入しましょう。

また、Wi-Fiモデルは単独でインターネット接続ができないため、公共のWi-Fi環境下以外で利用したい場合は、以下のように別途回線契約が必要となります。

・スマホのテザリング
・ポケットWi-FiなどのモバイルWi-Fiルーター
・光回線

それぞれ一長一短がありますが、自宅での利用を前提としている場合は光回線との組み合わせがおすすめです

通信容量に制限がないためデータのダウンロードや動画視聴、オンラインゲームなどを心置きなく利用できますし、速度も速く安定しているからです。

Wi-Fiモデルと光回線の組み合わせでタブレット通信費の節約を

光回線を選ぶ際は、通信速度と月々の利用料金、入会時の特典などをチェックしましょう。

NURO 光は上記の項目でユーザー満足度が高く、多くの方に選ばれています

>>NURO 光の詳細はこちら

NURO 光の主な特徴は、以下の5点です。

・速度が速い
・料金がお値打ち
・入会特典が選べる
・開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

NURO 光は通信速度が速い

一般的な光回線の通信速度は下り最大1Gbpsですが、NURO 光の通信速度は下り最大2Gbpsと、規格上2倍の速さを誇っています。動画のアップロードに関係する上りの速度も最大1Gbpsと、こちらも問題ありません。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、回線の安定性という観点からも優位性のある光回線です

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

NURO 光は月額料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、G2Tプランの場合月額料金は5,200円(税込)となり、この金額にはプロバイダ料金も含まれています

回線によってはプロバイダ料金が別途必要なものもあるため、お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

詳しくは後述しますが、公式サイトからのお申込で「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられますので、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

NURO 光は特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典と併用できる別の特典も多数あります。特に、ソフトバンクユーザーの方が光でんわとセットで申し込むと、「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といったお得な特典に加入することが可能です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大3ヶ月980円かつ容量が無制限で使えるので非常にお得です!

※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得に

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(G2Dプランの場合1年間500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

タブレットには「LTEモデル」と「Wi-Fiモデル」の2種類があります。それぞれ、メリットとデメリットがありますので、ご自身の利用目的に合ったタイプを購入してください。

タブレットの通信費を安く抑えたい方は、「Wi-Fiモデル+光回線」の組み合わせがお得です。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック