光回線よりケーブルテレビが遅い3つの理由は?どちらがおすすめか解説

なんとNURO 光43000円キャッシュバック

インターネット回線を選ぶ際、「ケーブルテレビと光回線のどちらが良いか」と悩んだ経験はありませんか?

特に「ケーブルテレビは光回線よりも遅い」という声もよく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

本記事では、ケーブルテレビと光回線を比較し、両者の違いについて解説します。それぞれどのようなメリット・デメリットを持ち、どのような方におすすめなのか?という点についてもまとめていますので、回線選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

>>NURO 光の詳細はこちら

ケーブルテレビが光回線より遅いと言われる主な理由3つ

ケーブルテレビは光回線と比較して通信速度が遅いと言われる場合が多いですが、その背景には以下のような理由があります。

・同軸ケーブルを利用しているから
・主流プランの最大通信速度が遅いから
・速度制限がかかる場合があるから

それぞれの詳細は、以下の通りです。

同軸ケーブルを利用しているから

ケーブルテレビで利用している回線は、主にテレビ放送に使われる同軸ケーブルです。この同軸ケーブルは電気信号を使用して情報を伝達するため、その性質上、光回線よりも速度が遅くなる場合があります。

一方、光回線が使用しているのは光ケーブル(光ファイバーケーブル)」です。光信号を使って通信を行うため、電気信号よりも大容量の通信が可能となります。

また、いくつかのケーブルテレビでは、同軸ケーブルと光ケーブル(光ファイバーケーブル)を組み合わせてインターネットを提供しています。具体的には、放送局から家の近くの変換器までが光ケーブルを使用し、それ以降は同軸ケーブルで接続するとい形式です。

このような構成のため、光回線のみを使用した場合と比べて、速度が遅くなるケースがあるのです。

主流プランの最大通信速度が遅いから

光回線各社は、上下1Gbpsや5Gbps、さらには10Gbpsという高速な通信速度でインターネットを提供しています。

これに対して、ケーブルテレビ事業者の中には最大10Gbpsのインターネットを提供している会社は存在するものの、多くの事業者が提供しているプランは上りが最大10Mbps・下り320Mbpsといった内容です。

このような「主流となるプランのスペックの違い」も、ケーブルテレビが遅いと言われる理由の一つと言えるでしょう。

速度制限がかかる場合があるから

ケーブルテレビには、「1日のデータ利用量が30GB以上になるとアップロード速度が制限される」という特徴があります。

この制限は、流合雑音(りゅうごうざつおん)と呼ばれる雑音が集まる現象を回避するための、ケーブルテレビ特有の対策です。

SNSに画像や動画をアップする際は、特に注意が必要です。

ただし、ケーブルテレビにもメリットはある

ここまで解説したように、通信速度を比較すると光回線に劣る印象のケーブルテレビですが、以下のようなメリットも存在します。

・光回線の提供エリア外でも使える
・低速プランやテレビとセットであれば安い
・地域番組と多彩な専門チャンネルを視聴できる

光回線の提供エリア外でも使える

光回線は基本的に日本全国で利用できますが、山間部などの特定の地域ではエリア外となる場合があります。その理由は、物件の形状や場所が原因で開通工事が難しい、または不可能となるケースがあるからです。

しかし、ケーブルテレビは地域ごとに放送局が設立されているため、光回線のエリア外であっても利用可能となる場合が多々あります。

低速プランやテレビとセットであれば安い

ケーブルテレビ各社は、1Gbps未満の低速プランやテレビとセットにしたプランを提供しています。これらのプランを利用すれば。リーズナブルに利用できる可能性が高いです。

特に、マンションやアパートにケーブルテレビが導入されている物件の場合は無料でインターネットを使えるケースもあるため、大変お得です。

地域番組と多彩な専門チャンネルを視聴できる

ケーブルテレビの魅力は、その豊富なテレビサービスです。地元のニュースやイベントを特集した地域密着型の番組を視聴できますし、映画やスポーツ、アニメなどの専門チャンネルも楽しめます。

さらに、これらのテレビサービスをインターネット回線とセットで加入すれば、お得な特典やサービスを受けられることが多いです

ただし、ケーブルテレビは利用地域によって運営している事業者が異なります。運営事業者によって提供されるサービスの内容や料金プランは異なりますので、事前に確認しておきましょう。

ケーブルテレビと光回線のどちらを選ぶべき?

適切なインターネット回線を選択する際は、ご自身のライフスタイルや利用目的に合ったサービスを選ぶことが重要です。

ここまでご紹介したケーブルテレビと光回線を踏まえ、それぞれどのような方におすすめのサービスかをまとめました。

ケーブルテレビがおすすめの方

ケーブルテレビは、以下のような方におすすめです。

・テレビも一緒に利用する方
・CS放送や地域番組を楽しみたい方
・通信速度よりも安さを重視したい方
・光回線が提供エリア外の方

ケーブルテレビの大きなメリットは、テレビも楽しめる」という点です。地デジとBS放送に加え、CS放送や地域特有の番組も視聴可能なプランが多数用意されています。

そのため、テレビ好きの方や地域の情報や文化に興味のある方にはぴったりなサービスと言えるでしょう。

また、通信速度を求めるよりも月額料金を抑えたい方にもおすすめです。マンションやアパートにお住まいであれば、よりリーズナブルなプランを利用できる可能性もあります。

光回線がおすすめの方

光回線は、以下のような方におすすめです。

・通信速度や安定性を重視したい方
・キャンペーン特典でお得に加入したい方
・テレビサービスを利用しない方

高速で安定したインターネット接続を求める方には、光回線が最適です。

また、有料のテレビサービスを利用せずインターネットのみの契約を考えるなら、光回線の方がコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

入会時のキャンペーン・特典も充実していますので、キャッシュバックや割引などを利用してよりお得に申し込んでください。

光回線「NURO 光」がおすすめの理由

光回線には多くのサービスがありますが、中でもNURO 光は以下のような理由でおすすめです。

・通信速度が速い
・月額料金がリーズナブル
・最大6万円まで他社違約金を補填
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiルーターを貸し出し

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbpsと下り最大10Gbps
一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍と10倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

2Gbpsの通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


10Gbpsの通信速度について
※「10Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の最大速度です。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(10GBASE-T利用)時で概ね10Gbps、無線接続時で概ね4.8Gbps(弊社が設置する宅内終端装置の機種によっては2.4Gbps)です。
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現する2ギガプラン(3年契約)の月額料金は、5,200円(税込)となっています。(10ギガプラン(3年契約)の月額料金は5,700円(税込))

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。
NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

最大6万円まで他社違約金を補填

NURO 光では、他社回線からの乗り換えに伴う違約金に対して、最大6万円までのキャッシュバック補填を実施しています。

工事費残債やモバイルWi-Fiルーター機器残債なども補填の対象となりますし、「43,000円キャッシュバック」や「1年間月額料金が980円」といった通常の入会特典との併用も可能。

ぜひ、解約月を気にせずにお得な乗り換えを実現してください。

入会特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下いずれかの特典を選べます。

1年間 月額980円(3年契約プランのみ) + 工事費実質無料
43,000円キャッシュバック+ 工事費実質無料

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。(しかも以下はすべて併用可能!)

多くが2022年夏以降に新しくできた新特典で、さらに合計何万円分もお得になる内容になっています。

【NURO 光 公式申込でついてくる特典】
・他社解約時の違約金最大6万円補填
・最長2か月、解約が完全無料!(契約解除料などが0円)
・基本工事費が実質無料

【オプションの申込で得られるもの】
・オプション申込で、最大2.5万円追加キャッシュバック
・NURO 光 でんわ利用で、ソフトバンクユーザーが最大月額1,100円割引
・ソニー製ONUが必ず届くNUROスマートライフが、初期費用&最大6ヶ月間無料
・NUROモバイル1年間0円~特典(申込後のメールにあるURLからモバイル申込で、3GBプランなら1年間0円特典)

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO 光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには開通工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーター機器のレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大2ヶ月0円で使えるので非常にお得です!

お引越しなどで「すぐにネット使いたい!」という方にはとてもありがたいサービスですね。なお、NURO 光の申込完了メールにリンクが掲載されています。
※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

>>NURO 光の詳細はこちら

まとめ

ケーブルテレビが光回線に比べて通信速度が遅いと言われる主な理由は、以下の3点で。

・同軸ケーブルを利用しているから
・主流プランの最大通信速度が遅いから
・速度制限がある場合があるから

ただし、ケーブルテレビにもメリットは存在します。例えば、テレビサービスの多様性や手頃な月額料金などに魅力を感じる方もいるでしょう。

一方で、インターネット回線に通信速度や安定性を求めるのであれば、光回線がおすすめです。

光回線にも多くの種類がありますが、高速インターネットをリーズナブルな料金で利用したい方は、ぜひNURO 光をご検討ください。お得な入会特典も、充実しています。

>>NURO 光の詳細はこちら