光回線とモバイル回線(ポケットWi-Fi)を比較!どちらを選べばいい?

現在、インターネット回線の主流は「光回線」と「モバイル回線(ポケットWi-Fi)」の2択。

どちらも利用者の多いサービスですが、どちらを選べば良いのでしょうか?

単純に月々発生する利用料金だけでなく、それぞれの特徴を知り違いを理解することで、自分のライフスタイルに合わせた選択ができるようになります。

この記事では、光回線とモバイル回線(ポケットWi-Fi)を比較しながら、回線選びのポイントを紹介していきます。

光回線とモバイル回線(ポケットWi-Fi)の違い

 

光回線とモバイル回線(ポケットWi-Fi)の月額利用料金には、大きな価格差はありません。ほんのわずかに、モバイル回線が安いといった程度です。

2種類の回線の大きな違いは、以下の4点です。

・通信速度
・通信制限の有無
・回線工事の有無
・固定の回線か持ち運べるか

それぞれの特徴とあわせて、どちらの回線にどんな特徴があるのか、確認していきましょう。

光回線の特徴

光回線の特徴は以下の3点です。

・速度が速い
・容量無制限に利用できる
・開通に時間がかかる

1つずつ掘り下げていきましょう。

速度が速い

光回線には、ポケットWi-Fi(pocket wifi)などのモバイル回線と比較して、通信速度が速いという特徴があります。

動画視聴や、ゲームをするのに適していると言えるでしょう。

容量無制限に利用できる

一般的な光回線には、1ヶ月の通信容量に制限がありません。

一部の光回線では使った分だけ料金を支払う従量課金制が採用されていますが、多くの光回線はどれだけ利用しても定額で、通信制限を受けることなくインターネットが楽しめます。

開通に時間がかかる

光回線を利用するためには、自宅に光ファイバーを引く工事が必要です。

したがって、開通までの期間は、申し込みから1~2ヶ月程度。この期間は新しく契約した回線は利用できないため、乗り換え時には解約の時期を工夫したり、一時的なポケットWi-Fiの利用を検討しましょう。

モバイル回線(ポケットWi-Fi)の特徴

続いて、モバイル回線(ポケットWi-Fi)の特徴を解説します。

大きな特徴は、以下の3つです。

・持ち運んでどこでも使える
・容量に制限がある
・工事が不要ですぐに利用できる

こちらも、1つずつ、掘り下げていきましょう。

持ち運んでどこでも使える

ポケットWi-Fiなどのモバイル回線は、どこにでも持ち運べる点が最大のメリットです。出先でインターネットを利用したい人にぴったりだと言えるでしょう。

その一方で、家族で共有するインターネットをポケットWi-Fiにしてしまうと、誰かが外に持ち出した場合に家でインターネットが利用できないといった事態にも陥ります。

かといって、家から持ち出さないのであれば、スペック的に上回る光回線の方がおすすめです。

モバイル回線(ポケットWi-Fi)をメインのインターネット回線にするのは、一人暮らしで家でも外でもポケットWi-Fiを使うという場合に限られるでしょう。

容量に制限がある

モバイル回線のほとんどは、月々の利用に制限があります。

利用制限があると、一定の容量以上の通信を行うと通信制限がかかり、通信速度が大幅に遅くなってしまいます。

実際の制限は、主に月間の設定容量を超えた場合と3日間などの一定期間の設定容量を超えた場合の、2つのケースでかかります。

一定期間が過ぎればかかった制限は解除されますが、それまで快適なインターネット通信ができなくなってしまいます。

工事が不要ですぐに利用できる

ポケットWi-Fiは、自宅に届いた瞬間から利用できます。

光回線のように、回線工事の必要もありません。手軽にインターネット通信ができる方法だと言えるでしょう。

選び方は自分のライフスタイルに合わせよう

「光回線」と「モバイル回線(ポケットWi-Fi)」を選ぶときに考慮すべきは、「自身のライフスタイル」です。

ライフスタイルに合わせて回線を選ぶことで、自分にぴったりなインターネット通信を行えるようになります。

光回線」がおすすめな人はどんな人なのか?

モバイル回線(ポケットWi-Fi)」がおすすめな人はどんな人なのか?

それぞれ、確認していきましょう。

光回線がおすすめな人

光回線がおすすめなのは、以下の条件に当てはまる人です。

・インターネットの利用は自宅がメイン
・容量の大きい動画を見たりゲームをすることが多い
・同じインターネット回線を家族と共有している
・一人暮らしだが自宅でのネット利用が多く動画やゲームがメイン

一般的な光回線は通信容量が無制限であるため、自宅で家族と一緒に利用することに向いています。

また、通信が速くて安定しているため、動画やゲームの利用にもぴったりです。

一人暮らしの場合でも、外出先であまりインターネット通信をせず、自宅で動画やゲームなど容量をたくさん消費するコンテンツを楽しむなら、光回線がおすすめです。

モバイル回線(ポケットWi-Fi)がおすすめな人

ポケットWi-Fiなどのモバイル回線がおすすめな人は、以下の条件に当てはまる人です。

・自宅ではあまりインターネットを利用しない
・一人暮らしでインターネットはSNSやサイトの閲覧などがメイン

あまり自宅でインターネットを利用しないなら、ポケットWi-Fiを1台持ち、それを自宅でも外でも利用するのが便利です。

一人暮らしなら誰かと回線を共有する必要もありませんし、それほど容量の大きいコンテンツを利用しないのであれば、通信制限にかかることもないでしょう。

スマホのネット接続もポケットWi-Fiにすれば、スマホ代の節約にもなります。

また、Wi-Fiが繋がらないという電波トラブルを減らしたい場合は、通信方式がLTEのポケットWiFiを選ぶと良いでしょう。

光回線派はNURO 光をチェック!

光回線を選ぶなら、通信速度の速いNURO 光をおすすめします。

NURO 光の特徴を簡単に紹介すると、以下のとおりです。

・他の光回線と比べて速度が速い
・ルーター機能付きのONUが無料で利用できる
・開通までの期間にポケットWi-Fiのレンタルが利用できる

光回線の速度は、回線業者によって異なります。

多くの光回線が下り最大1Gbpsであるのに対し、NURO 光の速度は下り最大2Gbps※。違いは明白です。

【通信速度について】
※「最大 2Gbps 」という通信速度はネットワークからお客さま宅内に設置する宅内終端装置へ提供する最大速度です。
※機器使用時の通信速度はお客さまの通信環境と規格により異なります。
※有線接続の場合は最大 1Gbps、無線接続の場合は通信規格 IEEE802.11ac における通信で最大 1.3Gbpsとなります。
※弊社が設置する宅内終端装置の機種によりIEEE802.11acに対応していない場合があります。
※なお、記載の最大通信速度は、技術規格上の最大値であり実使用速度を示すものではありません。
※インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により低下する場合があります。

また、NURO 光のONU(回線とPCの接続に使う機械)には無線LAN機能が備わっています。別途ルーターを用意せずに自宅でWi-Fi接続が行えるため、スマホやタブレットなど複数台を無線接続が可能。家族全員でインターネットを共有できます。

さらに、NURO光では、開通までの期間に日割りでポケットWi-Fiの貸し出しを実施。工事期間が長いという光回線のデメリットを、補っています。

費用もプロバイダ料金込みで月額5,217円(税込)と、リーズナブル。

速くて安定したインターネットを利用したい方は、ぜひご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちら

まとめ

ご自身のライフスタイルによって、光回線を選ぶべきか・モバイル回線(ポケットWi-Fi)を選ぶべきかが変わってきます。

今回の記事を参考に、どちらの回線が自分に合っているのかをご判断ください。

光回線を希望されるなら、「速くて安い」を実現しているNURO 光がおすすめ。まずは、こちらのページからお住まいの地域がNURO 光の影響エリアかどうかを確認してみましょう。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる