インターネット回線の種類を比較!あなたに合ったおすすめは?

インターネット回線には、様々な種類があるのをご存知でしょうか。

この記事では、現在利用できるインターネット回線の種類とそれぞれの特徴について、詳しく最新情報を解説していきます。

おすすめのインターネット回線の導入方法もあわせてご紹介していきますので、回線選びの参考にしてください。

インターネット回線の種類は2つ

インターネット回線の種類は、大きくわけて以下の2種類です。

・有線タイプ
・無線タイプ

それぞれのタイプの詳細や特徴を見ていきましょう。

有線タイプの種類は5種類

有線タイプのインターネット回線としては、現在の主流である光回線のほかに、電話回線やケーブルテレビが提供する回線など5種類が挙げられます。

・光回線
・CATV
・ADSL
・ISDN
・ダイアルアップ接続

それぞれ、どんな回線なのでしょうか?

光回線

光回線は現在主流のインターネット回線で、データの送信に光ファイバー(ガラス素材やプラスチック素材に光を反射しながらデータを送るケーブルのこと)を利用しています。

他の有線タイプの回線と比べて、通信速度が速いというのが最大の特徴です。

CATV

CATVは、ケーブルテレビが提供しているインターネット回線です。

利用するには、ケーブルテレビを視聴するための回線を引く必要があります。

ADSL

ADSLは、アナログ電話回線を利用する方式で、光回線以前の主流となっていたものです。

光回線が主流になってからは、新規でADSLを選択する方は減少しています。

ISDN

ISDNは、デジタル電話回線を利用するインターネット回線です。利用には、アナログ回線(通常の電話回線)のほかに、デジタル電話回線を引く必要があります。

この回線は通信速度が64Kbpsと非常に遅く、また通信時間に応じて利用料金が加算されていく方式であるため、現在ではあまり使われていません。

ダイヤルアップ接続

こちらは、インターネット黎明期の回線です。ISDN同様、利用時間に応じて料金が発生します。

1つの回線で電話とインターネットの両方をカバーするため、電話を使っているとインターネットが利用できず、インターネットを使っていると電話が利用できないという状況が起こります。

通信速度も54Kbpsと遅く、現在ではほとんど利用されていません。

無線タイプの種類は2種類

続いて、無線タイプの紹介です。

無線タイプには、以下の2つの選択肢があります。

・ポケットWi-Fi
・スマホのテザリング

ポケットWi-Fi

通信端末を持ち歩けて便利なのが、ポケットWi-Fiです。

通信速度は有線接続にこそかないませんが、十分な快適さでインターネット通信を行えます。

スマホのテザリング

こちらは、単独でモバイルデータ通信ができるスマホなどの端末を利用して、パソコンやタブレットなどをインターネットに接続する方法です。

Bluetooth接続やWi-Fi接続を行えば、接続時にケーブルは必要ありません。

インターネット回線の種類でおすすめはどれ?

インターネット回線は、使用用途によっておすすめが変わってきます。

考え方の基本は以下の2点です。

・自宅で利用するなら光回線
・外で利用するならポケットWi-Fi

それぞれの特徴を、メリットとデメリットに分けて解説します。

有線タイプの3つのメリット

有線タイプのメリットは主に3つです。

・速度が速い
・通信速度が安定している
・大容量の通信に向いている

それぞれ、掘り下げていきます。

速度が速い

有線は無線に比べて、通信速度が速いのが最大の特徴です。主にデスクトップパソコンなどをケーブルに接続して使用すると良いでしょう。

通信速度が安定している

有線の場合、直接LANケーブルでパソコンとルーターを繋ぐため、安定してインターネットが利用できます。

大容量の通信に向いている

有線タイプは速度が速く通信が安定しているため、大容量の通信に向いています。

通信料が大きい動画の視聴をする際に途中で止まってしまうことが、無線タイプに比べて少ないです。

有線タイプの3つのデメリット

続いては有線タイプのデメリットを3つ紹介します。

・LANケーブルが必要
・無線LANルーターなしではスマホ・タブレットに接続できない
・工事が必要

こちらも、それぞれ解説していきます。

LANケーブルが必要

有線の場合、パソコンとルーターをLANケーブルで接続する必要があります。そのため、ルーターの他に別途LANケーブルを購入しなければいけません。

また、場合によっては、配線の都合で部屋のレイアウトを考えていかなければいけないという悩みも出てきてしまうかもしれません。

無線LANルーターなしではスマホ・タブレットに接続できない

有線では、スマホやタブレットは接続できません。

無線LANルーターを別途用意し、そちらを利用して接続をすることになります。

ただし、逆に言うと無線LANルーターさえ用意すれば、家族全員がそれぞれのデバイスでインターネットを楽しむことが可能です。

工事が必要

有線タイプの利用時には、回線を引き込む工事を行わなければいけません。そのため、開通まで時間がかかってしまう場合があります。

無線タイプの3つのメリット

無線タイプ(Wi-Fi回線)についても、まずはメリットから見ていきましょう。

・配線が不要
・無線LANルーターなしでスマホ・タブレットに接続できる
・外に持ち歩ける

それぞれを解説します。

配線が不要

ポケットWi-Fiならば、工事の必要がありません。到着した直後からインターネットを使えるようになります。

無線LANルーターなしでスマホ・タブレットに接続できる

ポケットWi-Fiはそれ単体が通信機器です。

別途、無線LANルーターを用意しなくても、スマホやタブレットでインターネット利用ができるようになります。

外に持ち歩ける

小型で軽いため、手軽に外に持ち歩けます。そのため、自宅以外でもインターネット接続をしたい方にはおすすめです。

ただし、家族で共有する回線をポケットWi-Fiにしてしまうと、誰かが外に持ち出した際、他の家族はその間インターネットの利用ができなくなってしまいます。あくまでも一人暮らし向けのメリットだと言えるでしょう。

無線タイプの3つのデメリット

続いて、無線タイプの3つのデメリットです。

・通信速度が有線よりも遅い
・場所によって電波が届かないことがある
・セキュリティ面に注意が必要

それぞれを、細かく見ていきましょう。

通信速度が有線よりも遅い

無線タイプの通信速度は、有線タイプに比べて遅いです。インターネットに速さを求める方にとっては、ここが大きなデメリットになってしまいます。

場所によって電波が届かないことがある

無線タイプは、障害物や遮蔽物に弱いため、家のなかでも電波が届く部屋と届かない部屋ができてしまいます。

また、電子レンジなどの電磁波を出す機器にも弱く、そういった機器の使用中には通信が安定しなかったり、繋がらなかったりすることもあるので注意が必要です。

セキュリティ面に注意が必要

無線タイプは、その電波が届く範囲であれば、たとえ家の外であっても端末の接続が可能です。

もちろん、Wi-Fiにパスワードを設定することもできますが、設定していない場合は、誰でも簡単にアクセスできてしまうため、ご注意ください。

最近の主流は光回線(有線)もしくはポケットWi-Fi(無線)

ここまで、インターネット回線の種類についてまとめてきましたが、今(記事公開時2020年時点)の主流は以下の2択です。

・有線:光回線
・無線:ポケットWi-Fi

このどちらを選ぶべきかは、それぞれの特徴をより深く理解し、自分のライフスタイルと照らし合わせて比較判断してください。

それぞれがどんな方に向いているのか?という点に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>インターネット回線の選び方3つのポイント!あなたに合った回線は?

自宅で利用する場合は、速度の速い回線を導入しよう

インターネットを自宅で利用する場合におすすめなのは、やはり速度の速い回線を選んだ方が快適です。

現在、主流となっているのは「光回線」ですが、なかでもNURO 光がとくにおすすめ。その理由は、以下の3点です。

・超高速インターネット
・NURO 光には様々な特典もある
・開通までの期間にポケットWi-Fiの貸し出しも行っている

それぞれ、詳しくご紹介します。

超高速インターネット

NURO 光の回線速度は、下り最大2Gbps※。今後の4K映像配信の普及などに対応するために、先駆けてすでに個人向けサービスを開始しています。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

NURO 光には様々な特典もある

NURO 光には、様々なキャッシュバックや割引特典があります。

NURO 光と契約した場合に受けられる特典の選択肢は、以下の4つです。

・キャッシュバック(43,000円)
・1年間月額980円(税別)
・最大3ヶ月月額500円(税別)のお試しプラン
・ひかりTVとセットの申し込みで1年間月額1,500円(税別)~

ただし、これらの特典は、重複して受けることはできません。

上記の特典と重複できるものとしては、Softbankユーザーのみが利用できるセット割(おうち割 光セット)などがあります。

特典の詳細は、こちらの記事でご確認ください。

>>NURO 光をマンションで利用したい!お得なキャンペーンをプラン別に比較!

それぞれの特典詳細を確認して、ご自身に合ったものを選ぶと良いでしょう。

開通までの期間にポケットWi-Fiの貸し出しも行っている

NURO 光では、お申し込みいただいた方向けに、開通までの期間にポケットWi-Fiを、お得な特別料金で貸し出しています。

1日単位でのレンタルもできますし、返却もコンビニや宅配、ポストへの投函でラクラクです。

「工事完了に時間がかかってネットが使えないのは困る!」という方もたくさんいらっしゃると思いますので、とってもありがたいサービスですね。
※お申込多数のため発送に遅延が発生している場合がございます。
※予告なく終了・変更している場合がございます。

>>NURO 光の詳細はこちら

>>マンション向けプランの詳細はこちら

NURO 光導入までの手順

NURO 光の申し込みから開通までは、以下の手順となります。

・インターネットから申し込み

・工事日程の決定

・宅内工事

・屋外工事

・開通

申し込みから開通までは1ヶ月~3ヶ月程度の時間がかかりますが、その間にポケットWi-Fiを日割りで貸し出しているので、すぐにインターネットの利用ができます。

ちなみに、マンションの場合でも、オーナーの許可を得ることで戸建てプランのNURO 光が利用できます。

まとめ

今回の記事では、様々なインターネット回線の種類とその特徴について確認してきました。

現在の主流は、有線タイプならば光回線、無線タイプならばポケットWi-Fiですが、状況やニーズによって選ぶべき回線や組み合わせも変わってきます。

そのあたりについてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、これからインターネット回線を選ぶ方はぜひ参考にしてください。

>>インターネット回線の選び方3つのポイント!あなたに合った回線は?

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる