ホームゲートウェイとは?多機能ルーターの設定方法と回線の紹介

インターネット通信をするうえで必要となる機器にはモデム・ルーター・ONUなどいろいろなものがありますが、その中の1つに「ホームゲートウェイ」と呼ばれる機器があります。

このホームゲートウェイとは、いったいどういった役割を果たす機器なのでしょうか?

この記事では、そんなホームゲートウェイの機能を解説していきます。一般的に混同されやすい、ホームゲートウェイとルーターとの違いについても確認していきましょう。

ホームゲートウェイとは多機能ルーターのことである

ホームゲートウェイを一言で表すと「多機能ルーター」のことです。

ルーターとはWi-Fiの電波を飛ばす機器のことで、PC、スマホ、タブレットなどの端末を無線接続するために必要となります。

そんなルーターに無線LAN機能以外の機能が付いているものが、ホームゲートウェイと呼ばれているのです。

ホームゲートウェイとルーターとの違い

ホームゲートウェイは、ルーターに以下の2つの機能が追加されたものです。

・ONUの機能
・ひかり電話の受信機能

つまり、「ルーター」「ONU」「ひかり電話の受信機能」の3つの機能を有しているものが、ホームゲートウェイと呼ばれている機器となります。

ホームゲートウェイがあればルーターは必要ない

ホームゲートウェイには、無線LAN機能があるので、LANケーブルは不要です。

そのため、Wi-Fiの電波を飛ばし、PC、スマホ、タブレット、ゲーム機などの各デバイスを無線接続することが可能です。

したがって、ホームゲートウェイさえあれば、改めてルーターを用意する必要はありません。また、ONU(光回線の終端装置)の役割も果たします。

そのため、ONUとルーターをそれぞれ用意する必要がなく、1台の機器で回線の接続から無線LANまでのすべてをまかなえるというのが大きな強みです。
ホームゲートウェイを無線LANルーターとして使う場合には、無線LANカードを別途用意する必要がある場合もあります。

ホームゲートウェイの設定方法

ホームゲートウェイの設定は簡単です。

まずコンセントに差し込み、電源を入れます。

電源を入れたら、PCを使ってホームゲートウェイのセットアップを行っていきしょう。

ホームゲートウェイの初期設定を行うときには、パスワードが必要です。パスワードはホームゲートウェイの端末に貼られたシールに記載されています。

設定方法は、ホームゲートウェイの機種タイプごとに多少の差がありますので、お手持ちのホームゲートウェイに同梱されている説明書を読み、その手順通りに進めてください。

ホームゲートウェイの初期設定が完了したら、続いて接続する端末の設定を行います。

Wi-Fi接続する端末ごとに1つずつ設定していきましょう。

PCやスマホの設定などを開き、Wi-Fiの項目から、該当のホームゲートウェイを選択し、ホームゲートウェイに貼られたシールに記載されているパスワードをパスワード入力欄に入力します。普通にWi-Fi接続する時と、同じ設定ですね。

これで、その端末は設置したホームゲートウェイとのあいだで無線接続ができるようになります。

ひかり電話でダイヤルインも可能

ホームゲートウェイの機能を使ってひかり電話を受信する際には、ダイヤルインも可能です。ダイヤルインとは、1つの電話機に対して2つの電話番号を持つことを意味します。

たとえば、自営業の場合、「自宅用の電話番号」と「会社の事務所用の電話番号」を発行してもらい、1つの電話機で2つの電話番号をまかなうという形です。

ただし、ダイヤルインを利用する場合は、ダイヤルインに対応した電話機を用意する必要があります。どんな電話機でも利用できるわけではありませんので、ご注意ください。

NURO 光なら無料で貸し出される

現在、回線業者からONUをレンタル(または購入)している場合は、自分でホームゲートウェイを購入して設置することも可能です。

ただし、その際の設定は自分自身で行う必要がありますし、ホームゲートウェイ端末の購入費用が発生します。

その点、NURO 光を利用すると、ホームゲートウェイ機能がすべて無料で利用できます。

具体的には、NURO 光で貸し出されるONUには無線LAN機能が備わっているため、別途ルーターを用意する必要がありません。

また、ひかり電話を利用する場合には別途TA(テレフォニーアダプター)の無料設置が依頼できます。
※NURO 光においては、設定できる電話番号は1契約1つになります。

ONUとTAの2台の機器が必要となりますが、Wi-Fiとひかり電話の両方を利用したい人は、どちらも無料で連絡可能なNURO 光を検討してみてください。

>>NURO 光の詳細はこちら

NURO 光にはお得がいっぱい

NURO 光には、ほかにも注目すべきお得なポイントが3つあります。

・速度が速い
・価格が安い
・特典がたくさん

1つずつ掘り下げていきましょう。

速度が速い

NURO 光なら、下り最大2Gbpsの速度でインターネット通信が可能です。

一般的な光回線の通信速度である下り最大1Gbpsの「2倍の速度」を実現しているということですね。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

価格が安い

NURO 光の利用料金は、月額4,743円(税抜)です。この金額には、プロバイダ料金も含まれていて、その他の費用はかかりません。

光回線の月額利用料金は5,000~6,000円が相場ですので、非常にリーズナブルな価格で高速通信を実現していると言って良いでしょう。

特典がたくさん

NURO 光には、キャッシュバックワンコインのお試しプランなど、様々な特典があります。一部特典の併用はできませんが、選択肢が多い分、自分に合った特典を選ぶことが可能です。

特典についての詳細は、こちらをごらんください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

また、ソフトバンクユーザーの方の場合、NURO 光 でんわに加入(月額500円(税別))することで、スマホ料金が割引になる「おうち割 光セット」やソフトバンクスマホやNURO 光 でんわ間での通話料金が無料になる「ホワイトコール24」などの特典もあります。

詳細は、こちらの記事もあわせてご確認ください。

>>NURO 光とソフトバンクの【セット割】でスマホ代の節約を!

まとめ

ホームゲートウェイには、ルーター機能の他に、「ONU機能」や「ひかり電話のダイヤルイン機能」などが備わっています。

通常、ONUとルーターの2台を用意しなければ、自宅で無線LAN接続の環境は作り出せませんが、ホームゲートウェイがあれば、1台でその環境を作り出すことが可能です。

そして、NURO 光では、無線LAN機能を搭載したONU、NURO 光 でんわに必要なTAを、それぞれ無料で貸し出しているため、実質的に無料でホームゲートウェイと同じ機能を持った機器がレンタルできるということです。

回線をNURO 光に乗り換えることで、回線速度も速くなるうえ月額利用料金も安くなる可能性がありますよ。今以上に快適なインターネット環境を得たい方は、検討してみてはいかがでしょうか?

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる