Wi-Fiが遅くなる6つの原因と対策!夜遅い場合は回線の変更で改善

なんとNURO 光43000円キャッシュバック

自宅のWi-Fi、遅いと感じていませんか?

一度にPCやスマホなど、複数の端末を接続するのに便利なWi-Fi接続ですが、速度が遅くてはやはり使いづらいもの。

この記事では、自宅のWi-Fi接続が遅くなってしまう原因と、原因別の対策について解説していきます。

Wi-Fiが遅くなる6つの原因

自宅のWi-Fiが遅くなる原因は、主に以下の6つです。

・ルーターと端末のあいだに遮蔽物がある
・電磁波を出す機器が近くにある
・接続している端末の数が多すぎる
・ルーターの調子が悪い
・ファイアフォールの設定による不具合
・夜になると遅くなる

1つずつ、確認していきましょう。

ルーターと端末のあいだに遮蔽物がある

Wi-Fiルーターとパソコン・スマートフォンなどのデバイスの間に壁などの遮蔽物があると、Wi-Fiの電波は弱くなってしまいます。

Wi-Fiの電波は、金属・コンクリート・土壁・断熱材・金属性の素材が入ったガラス・木材などに弱いです。

こういった素材で作られたものが無線LANルーターとデバイスの間の存在が多いと、電波が弱くなってしまったり、場合によっては電波をまったく通さなくなってしまう場合もあります。

電磁波を出す機器が近くにある

電子レンジやコードレス電話といった、電磁波を出す機器もWi-Fiの電波とは相性がよくありません。

そういった機器が近くにあると、電波がつながりにくくなってしまいます。

接続している端末の数が多すぎる

Wi-Fiに接続している端末が増えれば増えるほど、1台当たりに割り当てられるリソースが低下します。

たとえば、接続している台数が1台であれば電波のリソースすべてをその端末に割り当てられますが、接続する端末が2台になると1台当たりのリソースは半分に減ってしまいます。

このように、接続している端末が増えるほど1台当たりに割り当てられるリソースが減少していくため、接続台数の増加に伴い通信速度が遅くなってしまうのです。

また、同じ周波数帯(2.4GHz/5GHz)の電波機器の影響でもWi-Fiの速度が遅くなることがあります。

ルーターの調子が悪い

ルーターは、使い続けると「熱を持つ」「ログがたまる」「回線が混雑する」などの理由から、不調をきたす場合があります。

それまでスムーズに通信できていたのに急に接続の調子が悪くなった時には、このルーターの不調を疑うようにしましょう。

ファイアウォールの設定による不具合

スマホは繋がるけれど、PCが繋がらないという場合には、ファイアウォールの設定による不具合が考えられます。

もし、どちらか一方が繋がらない場合は、別の端末での接続が可能か確認するようにしましょう。繋がらない端末によって、インターネットが繋がらない原因の切り分けができます。

夜になると遅くなる

昼間は快適に利用できているのに夜間のみ通信速度が遅くなるという場合は、回線の混雑を疑いましょう。

夜は多くの人がインターネットを利用する時間帯のため、回線の混雑が起こりやすいです。昼休みや土日も混雑しやすいため、やはり速度の遅延が起こりやすくなります。

>>Wi-Fi 6とはどんな規格でいつから始まったの?特徴と価格を解説

快適にネットを利用するための速度の目安は?

インターネットを快適に利用するためには、それぞれの目的にあった速度がきちんと出ているかを知る必要があります。

大切なのは下り速度

回線速度で大切なのは、「下り速度」です。Webサイトを閲覧したり、YouTubeを視聴したりするのはすべて下り(ダウンロード)です。

一方で、上りは、メールの送信やSNSへの投稿、データファイルのアップロードなどを表します。

ネットでの作業のほとんどは閲覧や視聴でしょうから、「下り速度」が重要になるということですね。

作業別に必要な速度の目安は、以下の通りです。

メールの受信
下り1Mbps~

WEBページ閲覧
下り1Mbps~

SNSの受信や閲覧
下り1Mbps~

YouTube視聴
下り5Mbps~(Full HD)

オンラインゲーム
下り25Mbps~

4K動画視聴
下り25Mbps~

上記の数値以上の速度が出ていれば、それぞれの作業は快適に行えます。

Wi-Fiが遅い場合の原因別対策

作業ごとの必要速度の目安が確認できたところで、自宅のWi-Fiが遅いと感じた時に行える対策を、原因別に見ていきましょう。
完全にWi-Fiが繋がらない場合はこちらの記事をご確認ください。

ルーターと端末のあいだに遮蔽物がある場合

ルーターと端末とのあいだに遮蔽物があるなら、置く場所を変えることで通信速度が改善される場合があります。

ルーターの位置を変える場合は、部屋のすみや壁際に置くのではなく、なるべく部屋または家の中央に置くのがおすすめ。Wi-Fiの電波は同心円状に広がるためです。そうすることで、部屋(または家)全体にWi-Fiの電波が行き届きます。

もしくは、背の高い家具の上などに置くと良いでしょう。

電磁波を出す機器が近くにある場合

電磁波を出す機器はWi-Fiの電波に干渉してしまうため、できるだけこれらの機器を避けて設置するようにしましょう。

電子レンジやコードレス本の近くに置かないことはもちろん、水槽や水回りなども避けた方が無難です

接続している端末の数が多すぎる場合

1台のルーターに接続しているデバイスが多すぎる時は、数を減らすことで通信速度が改善されることがあります。

まずはどの端末が接続されているのかを1つずつ確認し、本当に必要なものだけを優先して接続するようにしましょう。

ルーターの調子が悪い場合

ルーターを定期的に再起動することで、通信状況が改善する場合があります。

これはルーターの不調の3つの原因である「熱を持つ」「ログがたまる」「回線が混雑する」という状況のすべてにおいて有効な手段です。

今まで不自由なく使っていて、急に通信速度が遅くなったと感じた時は、まずはこの方法を試してみてください。

ファイアフォールの設定による不具合の場合

スマホは接続できるのに、PCは接続できないといった場合、PCのファイアウォール設定を一時的に解除してみてください。

そして、その状態でインターネットに接続してみましょう。

問題なく接続できるようでしたら、それでOKです。

そして、確認後は改めてファイアウォールを設定するようにしましょう。ファイアウォールを解除するのは、あくまで一時的なことです。解除したまま放置するとセキュリティの面で危険ですのでご注意ください。

夜になると遅くなる場合

夜や土日など、多くの人がインターネットを利用する時間のみ一時的に遅くなってしまう場合、回線に問題があると考えられます。

その場合の問題は、回線が遅いということではなく「回線が混雑している」ということですので、回線を乗り換えることでしか解決が図れません。

毎晩ストレスを感じてしまっているようでしたら、思い切って回線を乗り換えることをおすすめします。

上記の対策で改善しない場合は回線の変更を!

回線を乗り換える場合、速度の速い回線を使うことがおすすめです。

速度の速さの目安は一般的な光回線の「下り最大1Gbps」ですが、NURO 光はそれ以上の速さを実現しています。

NURO 光の特徴を見ていきましょう。

・通信速度が速い
・月額料金がリーズナブル
・最大6万円まで他社違約金を補填
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiルーターを貸し出し

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbpsと下り最大10Gbps
一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍と10倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

2Gbpsの通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


10Gbpsの通信速度について
※「10Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の最大速度です。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(10GBASE-T利用)時で概ね10Gbps、無線接続時で概ね4.8Gbps(弊社が設置する宅内終端装置の機種によっては2.4Gbps)です。
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現する2ギガプラン(3年契約)の月額料金は、5,200円(税込)となっています。(10ギガプラン(3年契約)の月額料金は5,700円(税込))

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。
NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

最大6万円まで他社違約金を補填

NURO 光では、他社回線からの乗り換えに伴う違約金に対して、最大6万円までのキャッシュバック補填を実施しています。

工事費残債やモバイルWi-Fiルーター機器残債なども補填の対象となりますし、「43,000円キャッシュバック」や「1年間月額料金が980円」といった通常の入会特典との併用も可能。

ぜひ、解約月を気にせずにお得な乗り換えを実現してください。

入会特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下いずれかの特典を選べます。

1年間 月額980円(3年契約プランのみ) + 工事費実質無料
43,000円キャッシュバック+ 工事費実質無料

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。(しかも以下はすべて併用可能!)

多くが2022年夏以降に新しくできた新特典で、さらに合計何万円分もお得になる内容になっています。

【NURO 光 公式申込でついてくる特典】
・他社解約時の違約金最大6万円補填
・最長2か月、解約が完全無料!(契約解除料などが0円)
・基本工事費が実質無料

【オプションの申込で得られるもの】
・オプション申込で、最大2.5万円追加キャッシュバック
・NURO 光 でんわ利用で、ソフトバンクユーザーが最大月額1,100円割引
・ソニー製ONUが必ず届くNUROスマートライフが、初期費用&最大6ヶ月間無料
・NUROモバイル1年間0円~特典(申込後のメールにあるURLからモバイル申込で、3GBプランなら1年間0円特典)

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO 光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには開通工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーター機器のレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大2ヶ月0円で使えるので非常にお得です!

お引越しなどで「すぐにネット使いたい!」という方にはとてもありがたいサービスですね。なお、NURO 光の申込完了メールにリンクが掲載されています。
※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

まとめ

Wi-Fiが遅くなってしまうのには、様々な原因があります。

まずは原因がどこにあるのかを探り、それにあった対策をとるようにしてください。

そのうえで、「より快適にインターネット通信を行いたいという」根本的な解決を目指すのでしたら、おもいきって回線を変更することをおすすめします。

NURO 光は「お得な料金」と「高速インターネット」の2つを両立させている回線ですので、ぜひ候補のひとつとして検討してみてください。

>>NURO 光の詳細はこちら