IPv6でオンラインゲームをするメリットとできないときの対処法について

インターネット接続の新しい規格である「IPv6」。

そのIPv6規格でオンラインゲームをするメリットには、どんなものがあるのでしょうか?

また、IPv6対応のプロバイダでゲームができないときには、どのように対処したら良いのでしょうか?

この記事では、そんなIPv6とオンラインゲームの関係を詳しく解説していきます。

IPv6ってなに?

IPv6の「IP」とは「インターネットプロトコル」のことです。

そして、「v6」は、6番目のバージョンという意味。つまり、インターネットプロトコルの第6版がIPv6」ということになります。

ちなみにIPとは、「ネットワークに接続するすべてのコンピューターに対する基本ルール」と表現されるものであり、各デバイスにそれぞれ固有のIPアドレスを割り当てるという役割を担っています。

従来「IPv4」という規格が使用されていたのですが、昨今のスマートフォンやタブレットの普及により割り当てられるIPアドレスが枯渇してきたことから、新たなバージョンとして「IPv6」が生まれました。

IPv6とIPv4の違いは?

従来のIPv4では約43億個のIPアドレスしか作成できません。一見、膨大な数のようですが、これだけではIPアドレスがまるでたりず、今後、世界中すべてのデバイスをカバーすることができなくなってしまいます。

そこで新たに登場したのが「IPv6」であり、現在は「IPv4」から移行している最中です。

「IPv4」や「IPv6」についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

>>「IPv6」や「IPv4」ってなに?「PPPoE」と「IPoE」の比較と、おすすめの組み合わせは?

IPv6でオンラインゲームをするメリット

IPv6には、オンラインゲームを快適にプレイするためのメリットがたくさんあります。

そのメリットは、大きくわけて3つです。

・ネットが速くなる
・遅延が少ない
・回線落ちを気にせずにプレイできる

1つずつ、確認していきましょう。

ネットが速くなる

IPv6対応のプロバイダにすることで、インターネットの速度が上がります。IPv4規格のインターネット接続は混雑しているため、いくら速い回線を使用していたとしても、その恩恵を十分に受けることができません。

しかし、IPv6のプロバイダには十分な余裕があるため、インターネットがサクサクつながるというメリットがあります。

もちろん、オンラインゲームをプレイする際に必要なファイルをダウンロードするときの時間も大幅に短縮できます。

遅延が少ない

飽和状態を迎えつつあるIPv4のプロバイダでは、利用者が多い夜間の時間帯などでは、極端に通信速度が遅くなってしまうケースも少なくありません。

利用者が少ない時間帯で速度に不便を感じなくても、混雑する時間帯でオンラインゲームの行動に遅延が生じてしまうと、快適にプレイすることはできませんよね。

その一方で、IPv6規格のインターネット接続には混雑による遅延はありません。どの時間帯でも安定して快適なプレイをすることができます。

回線落ちを気にせずにプレイできる

回線落ちとは、それまで接続できていたデバイスが突然インターネットに接続できなくなってしまう状態のことを指します。これは接続が不安定になることが原因で起こります。

IPv4規格にしか対応していないプロバイダの場合、常にそういったリスクがありますが、IPv6規格に対応しているプロバイダであれば、安定したインターネット接続が可能。回線落ちを気にすることなく、安心してオンラインゲームをプレイできます。

IPv6でオンラインゲームをするときの注意点

ここまで解説してきた様に、オンラインゲームをプレイする際にはIPv6規格に対応したプロバイダの選択をおすすめします。ただし、それではまだ不十分です。

快適なインターネット通信を行うためには、通信方式にも注目しなければいけません。

また、オンラインゲームによってはIPv6でプレイできないこともあるため注意しなければいけません。

それぞれを、解説していきます。

IPoE方式に対応したプロバイダを選ぶ

インターネットの通信方式には「PPPoE」と「IPoE」の2種類が存在します。

2つの規格に共通している「oE」は「over Ethernet」の略で、「イーサネット※に接続する」という意味のこと。つまり、イーサネットに接続するためのアプローチの違いが2つの規格の違いと言えるのです。
※ローカルネットワークの規格のこと

PPPoEは電話回線のルールをイーサネットに応用して接続する方式であり、IPoEは直接イーサネットに接続する方式です。

つまり、IPoEの方がダイレクトな分、速度が速く安定するという特徴があります。速度と安定性を求めるならば、「IPoE方式に対応しているプロバイダ」選びが重要ということですね。

なかにはIPv6規格に対応しているのにIPoEには対応していないというプロバイダもありますので、注意しましょう。

PPPoEとIPoEの詳細は、こちらの記事を参考にしてください。

>>「IPv6」や「IPv4」ってなに?「PPPoE」と「IPoE」の比較と、おすすめの組み合わせは?

オンラインゲームによってはIPv6でプレイできないこともある

せっかくIPv6規格とIPoE接続の両方に対応したプロバイダを選んでも、オンラインゲームの配信サーバーやマッチングサーバーがIPv6に対応していないケースもあります。

その場合、ユーザー側ではどうすることもできません。

たとえば、Nintendo SwitchやPlayStation®4といったデバイスでオンラインゲームを行おうとしても、IPv6対応のみのプロバイダでは、ゲームを楽しむことができないのです。

ただし、その場合でもそれらのゲーム機に簡単に接続する方法があります。

それは、「IPv6とIPv4の両方に対応しているプロバイダ」と契約することです。

NURO 光はIPv4/v6デュアル方式

たとえば、NURO 光は光回線とプロバイダがセットになったサービスですが、IPv4とIPv6の両方に対応可能な「Pv4/v6デュアル方式」を採用しています。

NURO 光のIPv4/IPv6デュアル方式なら、IPv6からIPv4への切り替えは自動。ユーザー側で特別な設定をする必要がなく、快適です。

回線速度も下り最大2Gbps※と速く、IPv4/IPv6デュアル方式。オンラインゲームを快適に利用したいなら、ぜひNURO 光を試してみてください。

>>NURO 光が500円で試せる!詳細はこちら

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

まとめ

IPv6でオンラインゲームをするメリットは、ストレスを感じずにプレイできるという点です。

しかしながら、オンラインゲーム側のサーバーの問題で、IPv6では遊べないこともあります。その場合は、自動でIPv4に切り替わるプロバイダの選択をしましょう。

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,217円(税込)となり、この金額にはプロバイダ料金も含まれています。回線によってはプロバイダ料金が別途必要なものもあるため、お得に利用できます。

⇒NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる