Wi-Fi接続の感度を高めるルーターの置き場所|電波が弱いときの対処法も

なんとNURO 光43000円キャッシュバック

インターネット回線に複数端末を接続したいなら、「無線ルーター」は欠かせません。

しかし、中にはWi-Fi接続時に電波の感度が弱いとお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、無線ルーターの電波感度は、「ルーターの置き場所」によって大きく左右されます。

この記事では、Wi-Fi接続が快適になる無線ルーターの置き場所をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。置いてはNGな場所や、置き場所を変えても電波が弱い場合の対処法についても、解説しています。

Wi-Fi接続が快適になる無線ルーターの置き場所おすすめ3選

Wi-Fi接続が快適になる無線ルーターの置き場所は、以下の3か所です。

・インターネットを利用する頻度が高い部屋
・床より1m~2m高い場所
・家や部屋の真ん中に位置する場所

おすすめ順に、ご紹介していきます。

インターネットを利用する頻度が高い部屋

まず検討していただきたいのが、インターネット回線を利用する部屋に無線ルーターを設置するということです。

その理由は、PCやスマホといったデバイスとルーターとの距離が近いほど、電波が強くWi-Fi接続しやすくなるからです。逆に、ルーターから距離が離れてしまうほど電波は弱くなりますし、自宅の壁や他の家電製品といった障害にも阻まれやすくなります。

ただし、一般的に無線ルーターはONU(光回線終端装置)のすぐ近くに設置します。回線によっては、ONUにルーター機能が搭載されている場合もあります。そして、ONUの設置場所は光回線導入時に決まるため、後から設置場所を変更するには別途工事が必要です。費用や手間がかかる点には注意してください。

床より1m~2m高い場所

続いて検討したいのが、棚やテーブルの上などの床より1m~2m高い場所です。

Wi-Fiの電波は球体状に飛ぶため、ルーターを直接床に置いてしまうと下半分が無駄になってしまいます。いくらスペックの高いルーターを利用していても、Wi-Fiの届く範囲が限定されてしまうのは、もったいないですよね。

壁掛けにするのもおすすめ

床より1m~2m高い位置にルーターを設置するうえでおすすめなのが、壁掛けです。

壁掛けに対応した無線ルーターや壁方専用の収納ボックス、ウォールシェルフなどを活用すれば、賃貸物件であっても無理なく利用できます。

配線カバーを利用すればケーブルを隠せるため、部屋の雰囲気やインテリアを損なわず、スッキリ置くことも可能です。

家や部屋の真ん中に位置する場所

最後は、家や部屋の中心にルーターを設置することです。Wi-Fiは全方向に電波を飛ばしているため、端に設置してしまうと接続範囲が限定的になってしまいます

できるかぎり部屋の中心に置くのが理想ですが、配線が邪魔になるのがネックです。配線カバーをうまく利用できる方は、部屋の真ん中への設置を検討してみてください。

無線ルーターの置き場所としてNGな所

以下のような場所に無線ルーターを置くと、電波が弱くなってしまいますので注意が必要です。

・床上
・部屋の隅
・窓際
・水槽の近く
・テレビなど家電製品の近く
・周囲に障害物がある場所

床上

前述した様に、床上にルーターを置いてしまうと電波が床に反射してしまい届きにくくなってしまいます。

棚の上に設置したり、壁に掛けたりするようにしましょう。

部屋の隅

Wi-Fiの電波は360°方面に飛ぶため、部屋の隅に設置するとうまく広がりません。部屋の中央に置くのは難しいですが、動線の邪魔にならない範囲でできるかぎり中心部に置けると良いでしょう。

窓際

ルーターは電子機器であるため、熱に弱いことがデメリットです。そのため、直射日光によってルーター本体の温度が上がりやすい窓際設置は、動作に異常をきたすリスクがあります。

窓際以外にも、高温になりやすい場所には置かないように気をつけましょう。

水槽の近く

Wi-Fiの電波は水に吸収されやすい性質があるため、近くに水槽があると電波は弱くなります。

水槽以外にも、金魚鉢や花、土壁など水分を吸収しやすいものが近くにあると、接続環境が悪くなる可能性があります

テレビなど家電製品の近く

テレビなどの家電製品の近くにルーターを置くと、電波が干渉し合うためWi-Fiのつながりが悪くなる場合があります。

テレビの他にも、電子レンジやIHクッキングヒーター、Bluetooth機器などとは設置場所を離すようにしましょう。

周囲に障害物がある場所

ルーターとPCやスマホといった接続デバイスの間に壁や家具があると障害物になるため、Wi-Fiの電波が弱くなる可能性があります。

Wi-Fiの周辺にはできるだけ何もない方がつながりやすくなるのは、紛れもない事実。主にインターネットを利用する部屋に無線ルーターを設置した方が良いと言われるのも、これが理由です。

置き場所を変えても無線ルーターの電波が弱い場合の対処法

置き場所を工夫しても無線ルーターの電波が弱い場合は、以下3つの対処法を試してみてください。

・周波数帯を変更する
・中継器を利用する
・電波強度の強いルーターに変更する

無線ルーターをどうしても最適な場所に設置できない場合にも、有効です。

周波数帯を変更する

多くのルーターには、以下2つの周波数帯が存在します。

周波数帯 特徴
2.4GHz ・障害物があってもつながりやすい
・5GHzよりも通信速度が遅い
・家電製品の電磁波と干渉する
5GHz ・通信速度が2.4GHzよりも速い
・家電製品の電磁波と干渉しにくい
・障害物があるとつながりにくい

それぞれの周波数帯によってSSIDが異なり、下記のように記載されています。

・2.4GHzの場合末尾には「2G」や「G」
・5GHzの場合末尾には「5G」や「A」

現在2.4GHz帯のSSIDに接続していてWi-Fiの調子が悪ければ、5GHz帯のSSIDにつないで接続状態を試してください(逆の場合もあります)。

Wi-Fiの周波数帯を変更すれば、接続環境が改善する場合があります。

中継器を利用する

無線ルーターの設置場所によっては、自宅の端の部屋や2階までWi-Fiが届かない、もしくは届きにくいという事態が起こりえます。

そのような場合は、ルーターとWi-Fiを利用したい部屋の中間地点に中継器を設置するのがおすすめです。中継器を導入すればWi-Fiエリアが拡大するため、これまでインターネットの利用がしにくかった場所でも使えるようになります。

より安定したWi-Fi環境を構築したいならメッシュWi-Fiがおすすめ

中継器のようにWi-Fiエリアを広げる手段として、「メッシュWi-Fi」という仕組みがあります。中継器に似た仕組みですが、メッシュWi-Fiに使用する子機の方が高機能なため、中継器よりもWi-Fiエリアが広く、通信速度が落ちにくい点が特徴です。

光回線NURO 光でもメッシュWi-Fiを月額330円でレンタルできるつながるメッシュWi-Fiというサービスを提供しています。Wi-Fi最新規格Wi-Fi6「11ax」を利用できるため、家中で快適なWi-Fi環境を構築したい方は、ぜひ検討してください。

>>NUROスマートライフ+つながるメッシュWi-Fiはこちら

NURO 光の「つながるメッシュWi-Fi」については、以下の記事でも詳しく解説しています。

>>NURO 光 つながるメッシュWi-Fiとは?利用方法や注意点を解説

メッシュWi-Fiの仕組みやメリットについては下記記事で詳しく解説していますので、併せて参考にしてください。

>>メッシュWi-Fi仕組みとメリットを解説|NURO 光での環境構築方法

電波強度の強いルーターに変更する

同じ無線ルーターを長年利用しているなら、規格が古くなっている可能性があります。その場合は、より電波強度の強い機種に変更しましょう。レンタル品でなければ、家電量販店やネットショップで最新機種を購入すればOKです。

アンテナ数が多く、ビームフォーミング機能などの多機能タイプは高額になりがちですが、スペックが向上するため、よりつながりやすくなります。

光回線「NURO 光」はONUを無料貸し出し

光回線NURO 光では、無線ルーター機能付きのONUを無料で貸し出しています。そのため、無線ルーターを別途購入する必要はありません。

また、無線ルーター機能を利用するためにオプション料金などがかかることもありません。月額利用料金の範囲内で、無線ルーター機能をお使いいただけます。

NURO 光で貸し出されるONUについては、以下の記事で詳しく解説しています。併せて参考にしてください。

>>【2023年最新版】NURO 光のONUはルーター機能を搭載!その種類と性能の違いを比較

ここからは、NURO 光の特徴をご紹介します。

・通信速度が速い
・月額料金がリーズナブル
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiルーターを貸し出し

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbpsと下り最大10Gbps
一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍と10倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

2Gbpsの通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


10Gbpsの通信速度について
※「10Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の最大速度です。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(10GBASE-T利用)時で概ね10Gbps、無線接続時で概ね4.8Gbps(弊社が設置する宅内終端装置の機種によっては2.4Gbps)です。
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


月額料金がリーズナブル

下り最大2Gbpsという通信速度を実現する2ギガプラン(3年契約)の月額料金は、5,200円(税込)となっています。(10ギガプラン(3年契約)の月額料金は5,700円(税込))

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」などの入会特典も受けられます。
NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下いずれかの特典を選べます。

1年間 月額980円(3年契約プランのみ)
43,000円キャッシュバック
PlayStation®5 for NURO
・NURO 光にのりかえ特典(最大6万円還元)

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

【NURO 光 公式申込でついてくる特典】
・最長2か月、解約が完全無料!(契約解除料や工事費残債などが0円)
・基本工事費44,000円が実質無料!

【オプションの申込で得られるもの】
・オプション申込で、最大2万円追加キャッシュバック
・NURO 光 でんわ利用で、ソフトバンクユーザーが最大月額1,100円割引
・ソニー製ONUが必ず届くNUROスマートライフが、初期費用&最大3ヶ月間無料
・NUROモバイル1年間0円~特典(申込後のメールにあるURLからモバイル申込で、3GBプランなら1年間0円特典)

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO 光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには開通工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーター機器のレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すれば最大2ヶ月0円で使えるので非常にお得です!

お引越しなどで「すぐにネット使いたい!」という方にはとてもありがたいサービスですね。なお、NURO 光の申込完了メールにリンクが掲載されています。
※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

まとめ

Wi-Fiの接続状態は、無線ルーターの設置場所を変更するだけで改善できる場合があります。

Wi-Fiの電波は球体状に飛ぶため、部屋の中心にテーブルを置いてその上に設置するのがベストですが、実際はそれができない方がほとんどでしょう。

そこでおすすめなのが、壁掛けです。

壁掛け対応の無線ルーターや壁方専用の収納ボックス、ウォールシェルフなどを活用すれば簡単に取り付けできますし、配線周りも配線カバーを使用すればスッキリと隠すことができますよ。

また、NURO 光で提供しているONUには無線ルーター機能が搭載されているため、別途用意する必要はありません。

NUROスマートライフというオプションに加入すれば、最新の無線規格Wi-Fi6に対応したソニー製ONUを利用できます。従来よりも約1.4倍も通信速度が速いため、家中のWi-Fi環境がさらに快適になるでしょう

さらに、NUROスマートライフのつながるメッシュWi-Fi」を利用すれば、1台の無線ルーターでは電波が届きにくい物件でも、広範囲の無線LAN環境を構築できます。

快適にWi-Fi接続をしたい方は、ぜひNURO 光ならびにそのオプションサービスをご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちら

>>>NUROスマートライフはこちら