インターネット料金が高くなる4つの理由と節約方法5選

インターネットの利用料金が高いと感じていませんか?

もし、利用中のインターネット料金が高いと感じているなら、その原因を知ることで料金を抑えられる可能性があります。

この記事では、インターネット料金が高くなる主な原因と、その節約方法についてまとめていきますので、少しでも通信料を抑えたい人はぜひ参考にしてください。

インターネット料金の平均は?

インターネット料金の月額は、光回線の戸建てプランで5,000円~6,000円程度、同じく光回線のマンション向けプランでは4,000円程度と言われています。

さらに、毎月の月額料金以外にも様々な料金がかかります。

以下に、インターネットを利用するうえでかかる費用をまとめてみました。

・初期費用(工事費+契約料/登録料)
・プロバイダ利用料
・回線使用料
・接続機器レンタル料金
・オプション料金
・違約金

それぞれの料金は、必要に応じて別々の時期に支払うことになります。支払いのタイミングは大きくわけて以下の3段階です。

・契約時に請求されるもの
・利用中に請求されるもの
・解約時に請求されるもの

順番に、1つずつ見ていきましょう。

契約時に請求される料金

契約時に請求される料金は、いわゆる初期費用と呼ばれるものです。

・初期費用(工事費+契約料/登録料)

初期費用には「工事費」と「契約料(または登録料)」の2つが含まれています。

これらは、契約時に必ず発生する料金ですが、契約料に関しては契約月の翌月に請求される場合がほとんどです。

一方、工事費は分割で毎月請求される場合が多いです。

NURO 光の場合、申し込み時の特典を利用することで工事費の請求額と同等額が月々の利用料金から差し引かれるため、工事費は実質無料です。

利用中に請求される料金

インターネット回線を利用中に請求される料金は、以下の4つです。

・プロバイダ利用料
・回線使用料
・接続機器レンタル料金
・オプション料金

インターネットの月額利用料金は「プロバイダ利用料」と「回線使用料」を合わせたものです。請求される場合もあれば、光回線業者のなかには別途プロバイダと契約をしなければいけない業者もあり、その場合は別々に請求されます。

続いて接続機器に関してですが、こちらはパソコンをインターネットに接続するために必要なモデムなどを指します。モデムは回線業者からレンタルして設置する場合と、自分で購入して用意する場合がありますが、レンタルしている場合には月々のレンタル料金が発生することがほとんどです。

また、インターネット回線が設けている様々なオプションに加入している場合は、そのオプションの月額料金も毎月の支払いに上乗せされて請求されます。

解約時に請求されるもの

解約時に請求されるものは「違約金」です。

・違約金

ただし、違約金は必ず発生するわけではありません。

多くの回線業者が2年(あるいは3年)ごとに、契約の切り替えと自動更新を行っているため、そのタイミングで解約をすれば違約金を支払わずに契約を解除することができます。

また、たとえば工事費用を分割で支払っている場合などは、解約時に残債が残っている場合、まとめて清算をする必要があります。

インターネット料金が高くなる4つの原因とは?

まずは、あなたのインターネット料金が高くなっている理由を調べましょう。

その原因として考えられるのは、大きく分けて以下の4つです。あてはまるものがあるかチェックしてみましょう。

・特典なしのプランで契約している
・インターネット回線の月額料金がそもそも高い
・プロバイダの料金が高い
・不要なオプション料金がかかっている場合も

1つずつ、内容を解説していきます。

特典なしのプランで契約している

インターネットの契約時に「月額割引」などの特典を受けずに契約している場合は、特典を受けて契約している場合に比べて、月額利用料金が高くなってしまいます。

ほとんどの回線業者では、加入時に様々な特典が提示されていますが、キャッシュバックを受ける場合と月額割引を受ける場合でどちらが得になるかをしっかりとシミュレーションしてみましょう。

また、「キャッシュバック申請のタイミングを忘れて結局受け取ることができなかった」という事態が心配な場合は、割引分が確実にお得となる月額割引プランを選んだ方が安心かもしれません。

インターネット回線の月額料金がそもそも高い

インターネット回線の月額料金が、そもそも高い場合があります。

特に、2年以上見直しをしていない人は、一度、他の回線業者の料金と比較することをおすすめします。

乗り換えた時には上記で紹介したような月額割引やキャッシュバックといった特典も利用できるため、この機会に他社の料金と比較してみましょう。

プロバイダの料金が高い

インターネット料金同様、プロバイダ料金が高いというケースもあります。

たいていのプロバイダ料金はインターネット回線の請求に含まれていますが、まれに別途プロバイダ契約をしている場合もあります。その場合には、プロバイダ料金を見直し、必要だと感じたらプロバイダの変更をおすすめします。

不要なオプション料金がかかっている場合も

加入時に割引サービスなどを受けるため、様々なオプションに加入している場合があります。

ほかにも、以前は利用していたけれど最近はまったく利用していないオプションを解約せずに、そのまま放置してしまっているケースも少なくありません。

オプションに関しましても、一度、どれくらいの費用を毎月支払っているのかを見直すことをおすすめします。そして、状況に応じて、必要のないオプションは解約してしまいましょう。

インターネット料金の節約は可能!削るべき5つの料金とは?

ここまで、インターネット利用の際にかかる費用をまとめてきましたが、上で説明した料金のほとんどは、実は節約することができるのです。

どのような形で節約できるかにつきましては、以下で簡単に解説します。

・工事費
→実質0円になる光回線業者を選ぶことで節約が可能

・月額利用料(プロバイダ料金+回線使用料)
→安い回線業者を選ぶことで節約が可能

・接続機器レンタル料金
→レンタル無料の回線業者を選ぶことで節約が可能

・オプション料金
→不要なものは解約することで節約が可能

・違約金
→解約可能な月に解約することで節約が可能

このなかで、すぐにできる節約は「オプション料金の解約」のみです。それ以外の料金は、現在利用している回線業者の基本料金であるため節約は不可能。回線業者を乗り換える以外に節約の方法がありません。

インターネット料金は回線を乗り換えると安くなる

インターネット回線の乗り換えの際は、上記のうち残りの4つのポイントを意識しましょう。

すなわち、

『残りの「工事費」が無料で、「月額利用料」が安く、「接続機器レンタル料」が無料な光回線業者に、既存業者の「違約金」が発生しないタイミングで乗り換える』

ということです。

その観点から考えると、NURO 光は上記の条件に当てはまる回線業者です。そのため、インターネット料金を節約したいなら、ぜひ検討してみてください。

>>NURO 光の詳細はこちら

また、契約時に受けとれるキャッシュバックの料金を、乗り換え前の業者の違約金に充てる方も多いです。

電話代とセットで節約できないかを考える

回線業者を乗り換えるにあたって、現在利用しているスマホのキャリアとのセット割引の有無も確認しておきましょう。

スマホのキャリアとインターネットの組み合わせによっては、月額の利用料金が割引になるサービスがあるからです。

ほかにも、家庭にある固定電話を「ひかり電話」に変更して、光回線とセットで申し込むことでインターネット料金が安くなる場合もあります。

それぞれの業者が設定している各種プランを確認するようにしましょう。

Softbankユーザーの方は、NURO 光のこちらのオプションをぜひ確認してください。

>>ソフトバンクとセットでお得なオプションを確認

NURO 光なら電気とセットでさらなる節約も可能

また、NURO 光では、光回線料金がさらにお得になる「NURO でんき」も始まりました。

NURO 光の利用者がNURO でんきに切り替えた場合を想定すると、家族構成や電気の使用量によって変わりますが、下記の料金が節約できます。
※試算前提は各エリアによって異なりますので、お申し込みの際は必ずお申し込み住所にあったページをご確認ください。

北海道の場合、2,000円~6,200円程度

関東の場合、1,800円~8,200円程度

東海の場合、2,600円~6,100円程度
※静岡県富士川以東にお住まいの方に関しては、「関東エリア」となります。

関西の場合、2,600円~5,600円程度

九州の場合、2,800円~6,200円程度


電気代とインターネット代を合わせて節約したい方は、注目のサービスです。

>>NURO でんきの詳細はこちら

まとめ

インターネット料金を節約するためには、どこにいくらかかっているのかを把握し、抑えられるところを抑えていくことが大切です。

それにともない、必要に応じて、インターネットの回線業者の乗り換えも検討しましょう。

NURO 光への乗り換え方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>光回線をNURO 光に乗り換えるメリットとその手順、注意点について

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる