NURO 光の宅内工事の内容やかかる時間は?工事ができないケースを解説

NURO 光の宅内工事を予定されている方を対象に、宅内工事の内容やかかる時間について解説していきます。

宅内工事ができないケースやキャンセル可能な期間についてもお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。

NURO 光では工事が2回必要

NURO 光では開通までに2回の工事を実施する必要があります。

1.宅内工事
2.屋外工事

上記の順番で工事を行い、2回目まで完了して始めてNURO光の利用が可能です。

宅内工事はNUROが、屋外工事は外部の業者で行いますが、それぞれの内容は以下の通りです。

1.宅内工事

戸建ての場合

戸建ての場合、外壁に光キャビネットという長方形の箱を取り付けます。

そして、光キャビネットから室内に光ケーブル(光ファイバーで通信をするためのケーブル)を通し、光コンセントやONUの設置をします。

光キャビネットについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

>>光キャビネットとは?役割や大きさ、設置方法について解説

マンションの場合

マンションの場合は、MDFという配線中継ボックスから各部屋へ光ケーブルを入れていく作業をします。基本的には、室内に設置されている光コンセントから入線してONUに繋げていく流れです。

宅内工事に要する時間は、戸建ての場合もマンションの場合も1~2時間です。ONUの設置場所を決めるため、その意思決定ができる方が立ち会いましょう。

宅内工事に関しては、後ほど詳しく解説します。

2.屋外工事

戸建の場合は宅内工事で設置した光キャビネットに電柱から光ケーブルを接続し、マンションの場合は同じく電柱からの光ケーブルをMDFへ接続します。

宅内工事同様に、作業時間は1時間~2時間ほど。工事の状況によって時間が延びることもありますので、余裕を持ってスケジュールを立ててください。

屋外工事の詳細に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>NURO 光の工事の2回目の内容を解説|開通までに時間がかかる理由とは?

NURO 光の宅内工事は1回目に実施

ここからは、宅内工事の内容について深掘りして解説していきます。

NURO 光の宅内工事の工程は、以下の通りです。

1.工事日の調整連絡
2.光キャビネットの取り付け
3.光ケーブルの引き込み
4.ONUの宅内設置

1.工事日の調整連絡

NURO 光への申し込み後、工事日の日程調整をする連絡が入ります。

工事の希望日はネット経由で伝えることが可能です。希望した日時に工事が行われる場合はメールもしくは携帯電話のSMSにてその旨の連絡が入り、希望以外の日時になる場合はNURO 光開通センターより直接電話が入ります。

希望日以外の場合、電話がつながらないと工事日が決まりませんので、不在着信が残っている場合は必ず折り返しをしてください。

また、申し込み時に工事日を希望しないという選択も可能です。その場合、NURO 光開通センターより電話もしくは携帯電話のSMSに連絡が入ります。

土・日・祝日に工事をすると別途3,300円(税込)の費用がかかるため、調整できる場合は平日がおすすめです。

2.光キャビネットの取り付け

基本的に他社の光回線では、宅内工事と屋外工事を1回で済ませるため光キャビネットを設置することはありません。

しかし、NURO 光は工事を2回行うため、宅内に配線する光ケーブルと屋外から引き込む光ケーブルを1つに集約する光キャビネットの取り付けが必須です。

そして、光キャビネットを設置するときに、3か所ビス留めをする必要があります。また、光キャビネットの台座と光ケーブルが落ちないように外壁へ引留金具を取り付けなければなりません。

NURO光を撤去するときに穴埋め作業は行われますが、希望される方には両面テープでの対応も行っています。

3.光ケーブルの引き込み

光キャビネットの取り付けが完了したら、光キャビネットから室内へ光ケーブルを入線します。

入線方法の優先順位は、以下の通りです。

1.電話線の配管を使う
2.エアコンダクトを使う
3.壁に穴を開ける

電話線の配管を試し、配管が使えない場合はエアコンダクトを使用し、それでも無理な場合は壁に穴を開けるという流れです。

電話線の配管を使用できないケースについては、下記の記事で詳しくまとめています。

>>光回線の工事でエアコンダクトを使うケース・使えないケースを解説

宅内に入線できたら、光ケーブルの先に光コンセントを設置します。光ケーブルとONUは直接接続できないため、双方を中継するための光コンセントが必要です。

また、光コンセントには以下の2つのタイプがあります。

電話線の配管を使う場合 エアコンダクトを使う場合
壁に穴を開ける場合
光アウトレット 光ローゼット

光ケーブルの入線方法によって、設置するタイプが決まります。

4.ONUの宅内設置

光コンセントから光コードを出し、ONUに接続します。

ONUとは回線終端装置とも呼ばれ、光信号とデジタル信号の交換を行うための機器です。ONUにLANケーブルを接続すると有線接続ができますし、NURO 光のONUには無線LAN機能も搭載されているため、無線Wi-Fi接続も可能です。

以上で宅内工事が完了となります。

宅内工事の時期は申し込み1週間後が目安

NURO 光の申し込みから開通するまでの期間は、戸建てで1~3か月程度、マンションで1~4ヶ月程度です。

1回目に実施される宅内工事は、混雑していなければ申し込みから1週間程度で行われます

2回目の屋外工事は1か月以上先になることも

屋外工事には、外部の回線事業者が自宅前まで光ファイバーを敷設して、宅内に引き込む準備が必要です。

NUROに申し込むと、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社から回線事業者へ工事の準備を申請します。

この準備には宅内工事の結果が必要なことが多く、その場合は宅内工事日から1ヶ月ほど時間がかかってしまうのです。

この準備が終わり次第、屋外工事日が予約できるようになります。

条件を満たせば工事を1日にまとめることも可能

通常は2回かかるNURO 光の開通工事ですが、5,500円(税込)の追加料金で2回の工事を1日にまとめることができます。

ただし、以下の条件に該当する方が対象です。

・戸建て住宅

追加料金はかかってしまいますが、忙しく何度も工事の立ち会いが難しいという方におすすめです。

土日祝に実施することも可能

先述した通り、開通工事の日程を土・日・祝日に指定すると3,300円(税込)の追加料金がかかります。

2回の工事を1日にまとめ、土日に行う」ことも可能ですが、その場合は合計で8,800円(税込)の追加料金がかかりますので、その点は注意してください。

宅内工事をキャンセルしたいときは?

工事ができない場合や、何らかの事情で申し込みをキャンセルしたい場合は、NURO 光のキャンセルが可能です。

まず、2回目に行われる屋外工事の2日前までであれば、無料でキャンセルできます。また、屋外工事を実施した結果、工事ができないと判断された場合も、無料でのキャンセルが可能です。

NURO 光の工事ができないケースは、主に以下のようなケースとなります。

・光ケーブルを通せない
・工事の許可が降りない

光ケーブルを通せない

電話線の配管やエアコンダクトを使って光ケーブルを入線しますが、何らかの事情で入線が困難な場合は、壁に穴を開けなければなりません。

賃貸物件など、壁に穴を開けることができない事情がある場合は、工事を進めることができません。

工事の許可が降りない

屋外工事では近くの電柱から自宅まで光ファイバーを引き込みますが、電柱と自宅の間に道路や、河川がある場合は、国や市に工事の許可を取らなければなりません。工事業者の方で申請しますが、すぐに許可が降りないことも多く、必ず許可が下りるとは限りません。

また、電柱からの距離が離れすぎている場合も、工事を行うことができません。

NURO 光の特徴

NURO 光は、以下のような理由で多くの方に支持されています。

・通信速度が速い
・料金がお値打ち
・入会特典が選べる
・開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

通信速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

月額料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(3年契約プランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(3年契約プランのみ)
・2年間 月額3,590円(2年契約プランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大2ヶ月0円で使えるので非常にお得です!

お引越しなどで「すぐにネット使いたい!」という方にはとてもありがたいサービスですね。なお、NURO 光の申込完了メールにリンクが掲載されています。
※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得に

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(2年契約プランの場合500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

NURO 光の宅内工事は、混雑していなければ申し込みから1週間程度で行われます。内容は、光キャビネットの取り付けからONU設置までです。

2回目の屋外工事までに時間がかかることが多いですが、NURO 光では会員価格にてWi-Fiルーターのレンタルを実施していますので、安心してください。

屋外工事の2日前まであれば、いつでもキャンセルは可能。屋外工事が始まっても工事が進められない状況であれば、その時点でキャンセルは無料です。

「工事ができないかも?」と不安な方も、ぜひお気軽にお申し込みください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック