NURO 光をVDSL方式のマンションに導入する方法は?光回線との違いを比較

NURO 光の回線を、VDSL回線のマンションに導入するにはどうしたらいいのでしょうか?

また、そもそもVDSL回線と光回線にはどんな違いがあるのでしょうか?

この記事では、そういった疑問に答えていきたいと思います。

VDSL方式と光回線方式の違いは?

VDSL方式・光回線方式は、どちらもマンションなどの集合住宅で光回線を利用する際の「配線方式」のことを意味する言葉です。

外部からマンション共用部まで引いた光回線を、どのような回線で各戸まで届けるか。「マンション建物内の回線の違い」が、両者の違いとなります。

VDSL方式

VDSL方式の場合、外部から引いてきた光回線はマンションの共用部で終了となり、そこから先の各部屋への回線は、電話線(アナログ回線)が使われます。

多くのマンションで採用されている回線方式ですが、そのデメリットは速度が遅い」という点。マンション内の配線に電話線(アナログ回線)が使われているため、速度は最大でも100Mbpsほどしか出ません。

外部からマンションまでの間に速度の速い光回線を使用していても、マンション内の回線の問題で光回線本来の速度が実感できない点が、VDSL方式の大きな特徴です。

一般的な光回線の速度が下り1Gbpsであることを考えると、どうしても速度は遅くなってしまいます。

光回線方式

光回線方式を採用したマンションでは、マンション共用部から各部屋までの回線にも光回線が使用されています。

そのため、VDSL方式の様に途中から速度が極端に遅くなってしまうということはなく、光回線本来の速度を実感することが可能です。

1本の光回線を複数の部屋に分配するため、1本の回線を独占する戸建向けのプランと比べて混雑する時間帯に多少の速度の低下は見られますが、VDSL方式よりもはるかに快適な速度を実感できるはずです。

NURO 光のマンション向けプランである「NURO 光 for マンション」も、光回線方式を採用したマンションで利用されるプランとなっています。

お住いのマンションがNURO 光のマンションプランに対応しているのであれば、お得なマンションプランがおすすめです。

>>NURO 光のマンション向けプランの詳細はこちら

※VDSL方式のマンションで、NURO 光のマンション向けプランは利用できません。

その場合は、ここからご紹介する方法でNURO 光をご利用ください。

NURO 光はVDSL方式のマンションでも利用可能!

VDSL方式のマンションであっても、「戸建てプラン」に申し込むことで、NURO 光の利用は可能です。

戸建てプランの場合、外部から引っ張ってきた光回線を直接各部屋につなぐため、マンションに備わっているVDSL回線は使用しません。

マンション向けプランよりも料金は高額になりますが、1本の光回線を最後まで独占して利用できるためマンション内の混雑による遅延なども起こらず、より快適にインターネットが利用できるなど、メリットは大きいです。

料金も月額4,743円(税抜)と相場の5,000円~6,000円よりも安く、申し込み特典も豊富。VDSL方式のマンションだからとNURO 光を諦めていた方は、ぜひ戸建てプランを検討してみてください。

>>NURO 光の戸建てプランの詳細はこちら

NURO 光の戸建てプランをマンションで利用する場合の注意点

最初からNURO 光に対応した光回線方式の設備が整っているマンションで「NURO 光 for マンション」を利用する場合、それほど大掛かりな工事は必要ではありません。

ただし、戸建てプランを利用する場合は、やや大掛かりな工事が必要となります。

そのため、賃貸マンションや賃貸アパートの場合は、オーナーに対して工事の許可を取る必要があります。

工事に際して壁に穴を開ける必要もあるため、きちんと説明したうえで了解を得るようにしましょう。

そのための交渉のコツなどは、こちらの記事で詳しくまとめています。

>>NURO 光をアパート・マンション導入時に大家さんから許可をもらうコツ

VDSL方式のマンションにNURO 光を導入する手順

VDSL方式のマンションの場合は、ここまでご紹介してきた様に戸建てプランに申し込む必要があります。

まずは、こちらのページから提供エリアを確認後、お申し込みください。

>>NURO 光 戸建てプランの申し込みへ

戸建てプランは2度の工事が必要

戸建てプランの場合は、申し込み後に以下の2つの工事を行う必要があります。

・宅内工事
・屋外工事

宅内工事では自室の配線を行い、屋外工事では最寄りの電柱から自室までの配線を行います。開通までは、1ヶ月~2ヶ月程度の期間が必要です。

工事に際して40,000円(税抜)の工事費が発生しますが、これらは公式からの申込であれば30ヶ月間で分割請求されると同時に、同額を毎月割引される仕組みとなっているため、実質的な負担額はありません。

30ヶ月以内にNURO 光を解約した場合のみ、残債を清算する必要があります。

工事中はポケットWi-Fiの貸し出しサービスが利用可能

工事が終了するまではインターネットが使えませんが、この間はポケットWi-Fiのレンタルサービスが割引価格で利用できます。

インターネット不通の期間を作らずにNURO 光への乗り換えが可能ですので、ぜひこういったお得なオプションサービスもご利用ください。

まとめ

現在お住いのマンションの設備がVDSL方式であったとしても、NURO 光の導入は可能です。

マンションの施設そのものを「NURO 光 for マンション」に対応した光回線方式に変えてしまうのも1つの方法ですが、賃貸の場合はあまり現実的ではないかもしれません。

その場合は、直接部屋にNURO 光の回線を引く「戸建てプラン」の利用を検討してみてください。

>>NURO 光の戸建てプランの詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる