Wi-Fi利用に工事が必要な回線・不要な回線を解説|おすすめは?

自宅でWi-Fが利用できると便利ですが、Wi-Fi環境を整えるために必要なものは、回線によって異なります。

例えば、光回線の場合は開通工事やルーターなどが必要ですが、モバイルWi-Fiルーターやホームルーターであれば工事不要でWi-Fiサービスが利用できます。

本記事では、それぞれのサービス内容を整理し、工事が必要な場合の内容や流れについて解説していきたいと思います。

自宅でWi-Fi利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

Wi-Fi利用に工事が必要なインターネット回線

Wi-Fi利用をするために工事が必要な回線は、光回線です

光回線は有線のため、基地局から光ファイバーを自宅に通すための開通工事が必要となります。

工事の際にONU(回線終端装置)と呼ばれる機器が設置され、ONUに無線ルーター(Wi-Fiを飛ばすための機器)を接続することでWi-Fi接続ができるようになります。

ONUから直接パソコンなどに有線接続をしてもインターネットは利用できますが、Wi-Fi接続を希望する場合は無線ルーター機能が必要です。

無線ルーターは家電製品で購入するか、光回線事業者から有料レンタルをするのが一般的ですが、NURO 光のONUには無線LAN機能が標準搭載されているため、開通工事終了後、すぐにWi-Fiが利用できます

また、NURO 光のONUは無料レンタルされるため、Wi-Fi接続をするための追加費用はかかりません

Wi-Fi利用に工事が不要なインターネット回線

 

一方で、Wi-Fi利用に工事が不要な回線もあります。

以下3つは工事不要で契約後すぐに利用可能です。

・ホームルーター(挿すだけWi-Fi/置くだけWi-Fi)
・モバイルWi-Fiルーター
・スマホのテザリング

それぞれの特徴は、以下の通りです。

ホームルーター(挿すだけWi-Fi/置くだけWi-Fi)

ホームルーターとは、コンセントに挿すだけで使える置き型のWi-Fiサービスです

挿すだけWi-Fi・置くだけWi-Fiと呼ばれることもあり、次に紹介するモバイルWi-Fiルーターよりも電波強度が強く、同時接続台数も多いため複数人で共有して使えます。

バッテリーがないため持ち運びはできませんが、光回線が利用できない地域や物件で使っている人も多いです。

メリットやデメリットについては、以下の記事にまとめているのでご確認ください。

>>置くだけWi-Fiのメリット・デメリットは?向かない人はどんな人?

モバイルWi-Fiルーター

ポケットWi-Fiに代表されるモバイルWi-Fiルーターとは、バッテリーを内蔵している小型のモバイルルーター端末です。種類によって利用できる電波は異なりますが、現在は5G回線まで対応しています。(ホームルーターも同様)

モバイルWi-Fiルーターの一番のメリットは、持ち運びができる点でしょう。光回線やホームルーターは外出先で使うことはできませんが、モバイルWi-Fiルーターであればコンパクトで充電機能も付いているため、家でも外でもネット接続が問題なくできます。

決められたデータ通信量を超えると速度制限がかかりますが、ヘビーユーザーでなければ支障なく使えるでしょう。

光回線より価格が安い点もメリットですが、端末本体を外出先に持ち出して使うため、家族での使用には不向きです。一人暮らしの方向けのサービスと言えますね。

モバイルWi-Fiルーターを自宅で使う場合の注意点に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>モバイルWi-Fiルーターを自宅で使う注意点|使用量が多い人は固定回線を

スマホのテザリング

デザリングとは、スマホのデータ通信を使ってWi-Fi接続をする技術のことです。Wi-Fiの電波が飛んでいない場所であっても、スマホ1台あればパソコンなどの他の端末のインターネット接続ができるようになります。

ただし、スマホプランの通信容量を使用するため、使い過ぎてしまうと容量上限に達し、速度制限を受けやすくなる点は気を付けるべきポイントと言えるでしょう。

また、キャリアによってはテザリング機能を使用するためにオプションに加入する必要があります。

光回線と工事不要のWi-Fiを比較

工事が必要な光回線と工事が不要Wi-Fi(モバイルWi-Fiルーターやホームルーター)には、それぞれ以下のようなメリットがあります。

・光回線は速度が速く容量も無制限
・工事不要Wi-Fiはすぐに使えて持ち運び可(モバイルWi-Fiルーターの場合)

光回線は速度が速く容量も無制限

光回線は開通工事をして光ケーブルを直接自宅に引き込むため、インターネット利用時に電波干渉や遮蔽物の影響を受けにくいという特徴があります。

そのため、速度や安定性も最も重視する方にはおすすめです。オンラインゲームや動画配信、Web会議システムなどをストレスなく使いたい場合は、光回線の導入を検討すると良いでしょう。

また、モバイルWi-Fiルーターのように3日で10GBや月に50GBといった容量制限がなく、気兼ねなくインターネットを利用できます。

工事不要Wi-Fiはすぐに使えて持ち運び可

モバイルWi-Fiルーターやホームルーターといった工事不要のWi-Fiサービスは、通信会社の基地局から発信された電波を端末が受信し、さらに端末から発信された無線Wi-Fi用の電波を利用してインターネットに接続する方式です。

5Gが始まり高速通信が利用できるようになりましたが、他の電波や障害物によって安定性が欠ける場面が多々あります。

契約してその日から使える手軽さはありますが、速度制限が設けられているタイプもあり、ネットのヘビーユーザーには向きません。

ただし、家でも外でもWi-Fi利用したいという方には、持ち運び可能なモバイルWi-Fiルーターはおすすめです。外に持ち出してしまうと自宅の回線が無くなるため家族との共有には不向きですが、一人暮らしのライトユーザーの方にとっては、便利なサービスと言えるのではないでしょうか。

光回線とモバイルWi-Fiルーターの比較に関しては、こちらの記事も併せて参考にしてください。

>>光回線とモバイル回線(モバイルWi-Fiルーター)を比較!どちらを選べばいい?

【戸建てとマンションで比較】光回線の工事内容と流れ

ここからは、光回線の工事内容についてご紹介していきたいと思います。戸建てとマンションとでは、光回線の工事内容が若干異なります。

戸建ての場合

戸建ての場合、最寄りの電柱から自宅の外壁まで光ケーブルを引き込む「屋外工事」と、宅内に光ケーブルを入線してONU(回線終端装置)を設置する「宅内工事」を実施します。工事にかかる時間は、1~2時間程度です。

なお、NURO 光では屋外工事と屋内工事を、それぞれ別日に実施します。

気になる工事費用は、20,000円~40,000円程度。一括払いか分割払い(24回~60回)で選べる会社が多いです。

下記の記事では、戸建ての場合の光回線工事について、工程などを詳細に解説しています。

>>【戸建ての光回線工事の内容や流れについて】費用や時間、注意点も解説

マンションの場合

マンションの場合、マンションの共有スペースまで配線されている光ケーブルを各部屋まで引き込む作業が必要です。部屋の壁に光コンセントを取り付けし、ONU(回線終端装置)を設置します。

作業時間は30分~1時間程度。工事費用は20,000円~30,000円と、戸建てと同じ程度となります。

また、利用を希望する回線がすでに部屋まで接続されている場合は、ONU(回線終端装置)を取り付けるだけでOKです。

光回線をマンションで利用する場合の手順については、こちらの記事で詳しく解説しています。工事の許可が必要なケースとそうでないケースなどについても言及していますので、参考にしてください。

>>光回線工事をマンションで行う場合に必要な許可とその手順について

また、マンションに導入されていない光回線を契約する場合は、マンションであっても戸建て向けのプランを契約することができます。

その場合は、専用の回線を直接自分の部屋につなぐため、手順は戸建ての場合と同様です。事前に管理会社や大家さんに工事許可を取ったうえで、導入を検討してください。

NURO 光はWi-Fi標準装備だからおすすめ

前述した通り、NURO 光であればONU(回線終端装置)にWi-Fi機能が標準で搭載されています。そのため、開通工事後すぐにWi-Fi接続の利用が可能です。

ここからは、NURO 光の特徴についてご説明します。現在、NURO 光は以下のような理由で多くの方にご利用いただいています。

・通信速度が速い
・料金がお値打ち
・入会特典が選べる
・開通までの期間にWi-Fiの貸し出しあり
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

速度が速い

NURO 光の通信速度は、下り最大下り最大2Gbps。一般的な光回線の速度は下り最大1Gbpsですので、理論値上2倍の速度を実現しています。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、安定性も高いです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)となっています。(G2Tプランの場合)

この金額にはプロバイダ料金も含まれており、別途プロバイダ料金がかかることはありません。お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

さらに、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられます。NURO 光は、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーターのレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すればソニー製のホームルーターが最大3ヶ月980円かつ容量が無制限で使えるので非常にお得です!

※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典が受けられます。(G2Dプランの場合500円)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます。

まとめ

自宅Wi-Fiを利用する際に工事が必要か否かは、利用する回線サービスによって異なります。

それぞれのサービスにメリットとデメリットがありますので、ご自身のライフスタイルに合わせて選んでみてください。

光回線のNURO 光は、速くて安いが特徴です。開通工事の必要はありますが、開通後は無料で貸し出されるONUに無線Wi-Fi機能が搭載されているため、別途ルーターなどを用意する必要はありません。

開通後、すぐに無線Wi-Fi接続をお楽しみいただけますので、光回線の安定した通信で制限なくWi-Fi接続を楽しみたい方は、ぜひNURO 光をご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック