テレワークのネット環境作り|回線選びは速度やセキュリティに注意

2020年、日本人の生活スタイルはガラリと変わりました。コロナ禍の影響で、今までオフィスに出勤して仕事をしていた人も、自宅でリモートワークやテレワークをすることが多くなりました。

この記事では、新時代に必須の「リモートワーク・テレワークのためのネット環境作り」について解説します。

仕事に支障をきたさないためにも、ぜひ参考にしてください。

テレワークのネット環境で注意すべき5つのポイント

テレワークを快適に行うためには、以下の5つのポイントを意識してネット環境を構築する必要があります。

・回線の安定性
・通信速度
・セキュリティ
・契約期間
・費用

それぞれの詳細は、以下の通りです。

回線の安定性

回線が不安定な状態では、リモート会議中に通信が途切れる、止まるといった現象が起きてしまいます。

これでは仕事になりませんの、第一に有線すべきは「インターネット回線の安定性」です。

電波状況や接続状況が不安定な回線はもちろん、過去に頻繁な通信障害を起こしていないかなどの情報も、事前にチェックしておきましょう。

通信速度

テレワーク中にビデオ通話を伴うWEB会議を頻繁に行う方は、通信速度も重視しましょう。

WEB会議中は常に大容量のデータを送受信するため、回線の通信速度が遅いとスムーズなやり取りができません。

また、一定容量を超えると速度制限がかかる回線についても注意が必要です。速度制限がかかるとビデオ通話自体を行うことが困難になりますので、通信容量に制限が設定されていない回線を選ぶことをおすすめします

セキュリティ

仕事のための通信ですので、自宅のパソコンのセキュリティ対策も万全にしておく必要があります。

会社の重要なデータや書類が流出しないように、最低でも有料のウイルス対策ソフトをPCにインストールしてください

契約期間

多くのインターネット回線には、「〇年縛り」といった最低利用期間が設けられています。途中解約は可能ですが、その際は違約金が発生しますので、事前に金額は確認しておきましょう。

契約期間は回線の種類によっても異なりますが、光回線の場合は2年が一般的。ポケットWi-Fiの契約期間は3年が一般的です。

費用

インターネット回線を選ぶ際は、回線ごとの相場を事前に確認しておきましょう。

月額料金は回線によって異なりますが、ポケットWi-Fiは3,000~4,000円程度、光回線は5,000円~6,000円と考えておくとよいでしょう。

テレワークでおすすめのネット環境は光回線?ポケットWi-Fi?

上記のポイントを踏まえたうえで、テレワークに使用する回線を選びましょう。現在、人気の回線は以下の2回線ですので、まずはそれぞれの回線の特徴を比較していきたいと思います。

・光回線
・ポケットWi-Fi

光回線の特徴

光回線には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

・通信速度が速く回線が安定している
・セキュリティソフトが無料の回線もある
・データを無制限で利用できる
・工事に時間がかかる
・ポケットWi-Fiに比べて月額料金が高い

通信速度が速く回線が安定している

光回線の最大の特徴は、ポケットWi-Fiに比べて通信速度が速く安定しているという点にあります。

大手の光回線であれば通信障害なども起こりにくいですし、万が一、通信障害が起こった場合にも対応が速く復旧まで時間がかかりません。

使い勝手と安心感を重視する方は、大手の光回線を選ぶとよいでしょう

セキュリティソフトが無料の回線もある

光回線の中には、本来有料のセキュリティソフトを無料で利用できる会社もあります。

テレワークを行うパソコンにセキュリティソフトは必須ですが、そういった回線を選べば別途セキュリティソフトを契約する必要がないため、通信費用の節約にもつながります。

データを無制限で利用できる

光回線には、データ容量の制限がありません。

ポケットWi-Fiには「月間容量上限」または「短期間の容量上限」が存在しますので、容量を気にせず利用できるのは、光回線だけのメリットです

工事に時間がかかる

光回線のデメリットは、利用のために開通工事が必要な点です。申し込みから開通まで時間がかかることが多く、すぐにインターネットを利用できません。

特に、春の引っ越しシーズンなどは工事が混み合うため、できるだけ早い申し込みをすすめします

また、回線によっては契約者向けの割引価格でポケットWi-Fiのレンタルサービスを行っていますので、そういったサービスを利用するのも一つの方法です。

ポケットWi-Fiに比べて月額料金が高い

光回線の月額料金は、ポケットWi-Fiに比べて高額です。

ただし、入会時のキャッシュバック特典などは光回線の方が充実しています。例えば、NURO 光には契約後1年間の月額料金が980円(税込)となる特典や、43,000円のキャッシュバックを受け取れる特典などがあります(利用できるのはどちらか一方のみ)。

少しでも通信費用を節約したい方は、そういった入会特典の内容もチェックしたうえで、お得な光回線を選ぶことをおすすめします。

>>NURO 光の選べる特典はこちらから

ポケットWi-Fiの特徴

続いて、ポケットWi-Fiのメリット・デメリットも確認していきましょう。

・持ち運びができる
・工事の必要がない
・光回線に比べて月額料金が安い
・通信速度が遅く安定しづらい
・セキュリティソフトは付帯していない

持ち運びができる

ポケットWi-Fiの最大のメリットは、どこにでも持ち運べる点でしょう。

自宅だけでなく、近所のカフェなどでも仕事ができるため、気分転換をしながらテレワークをしたい方には魅力的な選択肢なのではないでしょうか。

工事の必要がない

ポケットWi-Fiには、開通工事の必要がありません。申し込み直後(厳密には、ポケットWi-Fiの端末を手にしたあと)から、すぐにインターネットの利用ができます。

固定回線に比べて月額料金が安い

ポケットWi-Fiの月額料金は、光回線に比べて安い傾向にあります。また、複数の通信容量プランを提供している会社が多く、容量を抑えれば非常にリーズナブルに利用することも可能です。

ただし、「月間容量」「短期間の容量どちらも無制限なポケットWi-Fiは2021年時点で存在しません

テレワークを前提に考える際は、「月額料金が安い反面、容量に制限がある」という点をしっかりと理解しておきましょう。

通信速度が遅く安定しづらい

基地局から自宅まで光ファイバーの有線で接続されている光回線と異なり、ポケットWi-Fiは基地局との接続も無線で行われています。

そのため、光回線と比較するとどうしても通信は不安定になりがちですし、速度も遅くなりがちです。

また、エリアや壁の材質など、個別の環境にも通信状況が大きく左右されます。ポケットWi-Fiの中には本契約の前に数日間のお試し期間を設けている回線もありますので、まずはそういったサービスを利用して使い勝手を確認してみることをおすすめします。

セキュリティソフトは付帯していない

ポケットWi-Fiに契約しても、セキュリティソフトが付いてくることはありません。

テレワークを安全に行うためには自分でセキュリティソフトを用意する必要があり、その分のコストは月額料金に上乗せされますので、コストを光回線と比較する際はセキュリティソフト分も考慮に入れましょう。

安全で快適なテレワークには光回線がおすすめ

光回線・ポケットWi-Fi両者の特徴を踏まえると、安全で快適なテレワークを実現するためのネット環境には光回線がおすすめです。

ただし、以下の条件に該当する方は、ポケットWi-Fiの方が便利に利用できるでしょう。

ポケットWi-Fiが向いている方

・工事が完了するまで待てず、今すぐテレワークをスタートしなければいけない方
・大容量が必要なビデオ会議がほぼない方
・カフェやレンタルスペース等、自宅以外で仕事をしたい方

逆に言うと、上記以外の方は光回線を選ぶことをおすすめします。

NURO 光がテレワークに最適な5つの理由

高速インターネットで話題のNURO 光は、テレワークにもおすすめです。

>>NURO 光の詳細はこちら

NURO 光がテレワークに最適な理由は、以下の5点。順番にご紹介します。

・NURO 光は通信速度が速く安定している
・NURO 光は月額料金がお値打ち
・NURO 光にはセキュリティソフトが無料で付いてくる
・NURO 光には3か月間のお試しプランがある
・NURO 光は開通までの期間、ポケットWi-Fiの貸し出しを行っている

NURO 光は通信速度が速く安定している

一般的な光回線の通信速度は下り最大1Gbpsですが、NURO 光の通信速度は下り最大2Gbpsと、規格上2倍の速さを誇っています。動画のアップロードに関係する上りの速度も最大1Gbpsと、こちらも問題ありません。

また、NURO 光は独自回線を使用しているため、回線の安定性という観点からも優位性のある光回線です。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

NURO 光は月額料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金はG2Tで5,200円(税込)となり、この金額にはプロバイダ料金も含まれています。

回線によってはプロバイダ料金が別途必要なものもあるため、お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

詳しくは後述しますが、公式サイトからのお申込で「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられますので、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

NURO 光にはセキュリティソフトが無料で付いてくる

NURO 光のG2Dプランの契約者は、カスペルスキーのセキュリティソフトを無料で利用できます。

ソフトはPC、スマホ、タブレットいずれの端末でも利用でき、合計で最大5台まで対応可能別途、有料のセキュリティソフトに申し込む必要はありません

NURO 光には3か月間のお試しプランがある

NURO 光には複数の入会特典が用意されていますが、その1つに「3か月間 月額500円~トライアル」があります。

こちらのプランを選択すると、万が一満足できなかった場合も、3ヶ月以内の解約であれば契約解除料や工事費残債がかかりません。

まずはどれくらい速いのか?本当に通信は安定しているのか?といった点を確認したい」という方は、こちらの入会特典でお申し込みください。

>>お試し特典の詳細はこちら

NURO 光では開通までの期間にポケットWi-Fiのレンタルが可能

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては、工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにポケットWi-Fiのレンタルを実施。5GB/月プランなどの容量に制限があるプランなら、初月980円~レンタル可能です

ポケットWi-Fiのレンタルは日割りで計算されますので、無駄な出費も避けられると好評です。

まとめ

テレワークを快適に行うため、ネット環境は非常に重要です。

業務に支障をきたさないためにも、通信の安定性を第一に考えましょう。そのうえで、速度が速く、料金もお値打ちで、セキュリティ対策も万全の回線を選ぶことをおすすめします。

ぜひ、この記事を参考に、ご自身のテレワークスタイルに最適な回線を選んでください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック