光回線の工事には立ち合いと穴開けが必要!内容や期間、費用を解説

光回線の工事には、その部屋の住人の立ち合いが必要です。また、外壁への穴あけ作業が必要になるケースも少なくありません。

この記事では、光回線を開通する際に必要な工事をテーマに、工事内容や期間、費用などを詳しく説明していきます。

これから光回線の利用を検討している方は、ぜひ事前に確認してください。

光回線を利用するためには工事が必要

光回線を利用するためには、回線の工事が必要です。工事をしなければ光回線の利用はできません。従来の回線とは異なり、電話線とは別の回線を引く必要があるためです。

>>光回線は電話線なしでも利用可能?アナログ回線との違いを解説

工事の内訳は、大きく2つに分けられます。

・屋外工事最寄りの電柱から自宅外壁まで光ファイバーを通す工事
・屋内工事自宅外壁から宅内まで光ファイバーを通す工事

「屋外工事」は、光回線の配線ルートの確保を最寄りの電柱を利用して行うための工事です。回線を自宅まで引くために、外部(電柱)と自宅を光ケーブルで繋げます。

「屋内工事」は、室内にケーブルを通すための工事です。屋外工事をするだけでは光回線の利用はできません。屋外工事は、あくまでも「電柱から自宅外壁」まで光ケーブルを通すものであり、そこから先の屋内工事を行うことで光回線が利用可能となるのです。

マンションの場合は?

光回線を導入する建物が戸建てではなくマンションの場合は、以下の状況によって選択肢が異なります。

・希望する光回線のマンションプランがすでに開通済み
・希望の光回線が開通していない

希望している光回線がすでに開通済みならば、それを利用します。自室まで光回線が通っていれば工事は必要ありませんが、マンションの共有部分までしか光回線が通っていないのでしたら自室までの開通工事が必要になります

工事にかかる時間の目安は1時間程度です。ただし、混雑状況によっては、申し込みから工事まで長い日数がかかってしまうこともあります。

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

>>光回線をマンションで利用したい!回線の確認方法と必要な工事について

一方で、希望する回線が住んでいるマンションに通っていないケース(ほとんどの方はこちらにあてはまるでしょう)では、戸建てプランで契約して回線を通すことになります。その際には、戸建て同様、工事が必要です。

マンションの工事には許可が必要

マンションにおいては光回線の工事をする際は、事前にオーナーの許可を得ておきましょう。その理由は、外壁に穴を開ける可能性があるためです。

許可をもらうポイントについては、こちらをご確認ください。

>>光回線工事をマンションで行う場合に必要な許可とその手順について

穴あけ工事が必要な3つの理由

光回線の工事で開ける穴の大きさは、3ミリ程度です。あまり目立つ大きさではないうえ、穴には防水加工が施されますが、それでも建物を傷つけることを快く思わないオーナーもいます。

壁に穴が開く可能性があるのは、工事の以下の工程です。

・外壁への光キャビネットの取り付けのとき
・光ファイバーを室内に引き込むとき
・引留金具を取り付けるとき

1つずつ、解説します。

外壁への光キャビネットの取り付けのとき

光キャビネットとは、家の外壁に取り付ける箱状の器具であり、電柱から引いたケーブルを室内につなげるための光ファイバーの分岐点となる装置のことです。

工事の際には、この光キャビネットを取り付けるタイミングで、3か所程度のビス留めが必要になります。穴の大きさは、いずれも3~4mm程度です。

光ファイバーを室内に引き込むとき

続いて、外壁から室内へ貫通させる穴も必要です。この穴を使って、光回線を室内に配線します。

穴には風雨を防ぐための防水加工をするほか、カバーも取り付けられます。工事の際には、このカバーを固定するためのビス留めの穴が必要になってきますので、ご注意ください。

引留金具を取り付けるとき

電柱から引いた光ケーブルを固定するためにも、ビス留めの穴が必要になります。光キャビネットから、室内へつながる穴までの距離にも寄りますが、ビス留めによるケーブルの固定は2~3か所行われます。

ただし、穴あけは必須ではない

多くの業者で省略できる可能性がある穴開けは、「外壁から室内への穴」です。エアコンダクト電話回線を通すときにあけた穴が利用できる場合は、新たな穴開け工事を回避することができます。

その他の2種類の穴に関しても、業者によっては回避することが可能です。

例えば、NURO 光など一部業者では器具の固定にビスではなく両面テープによる対応も選択できます。外壁によっては、両面テープが使用できないこともありますが、穴開けがどうしても嫌だという方は、工事前に事前に工事業者へ相談すると良いでしょう。

工事に立ち合いが必要な場合、必要ない場合

光回線の工事には基本的に立ち合いが必要です。しかし、ごく稀に立ち合いが必要ないこともあります。そのケースは2つの条件が重なったときです。

条件1:宅内まで配線が完了している
条件2:光コラボでの乗り換えの場合

以前の入居者(または自分自身)がすでに光回線の配線をしていて、なおかつ事業者変更で乗り換える場合にかぎり、立ち合いの必要はありません。光コラボでの乗り換えがそれにあたります。

しかし、上記の2つの条件を満たしていたとしても、100%工事不要になるわけではないのでご注意ください。立ち合いが必要になるかならないかという判断は、最終的には工事業者によって異なります。

光回線の工事の内容

前述の通り、光回線の工事は以下の2つの工程に分かれます。

・屋外工事
・宅内工事

多くの業者では、この2つの工事をまとめて行いますが、NURO 光など一部の業者では別々の日に工事を行うこともあります

もちろんNURO 光も、他の光回線業者同様に、工事日を1日にまとめることが可能です。また、土日に工事をしてもらうこともできます。

NURO 光の工事についての詳細は、こちらの記事をご確認ください。

>>NURO 光の工事は遅い?期間を早める方法や土日の対応を解説

光回線の工事期間の目安

時期によっても異なりますが、光回線の工事期間の目安は1ヶ月2ヶ月程度です。ただし、時期によっては2週間程度で工事が完了するケースもあります。

光回線の工事費用は業者によって異なる

光回線の工事費用は、18,00044,000円程度が目安。業者によって異なります。また、業者によっては条件を満たすことで工事費用が実質無料となるケースもありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

光回線を選ぶなら回線速度に注目

光回線を選ぶ際は、回線速度が速いに越したことはありません。対応地域にお住まいでしたら、ぜひNURO 光をご検討ください。

NURO 光の対応都道府県はこちらです(2021年2月時点)

【北海道エリア】 北海道

【関東エリア】 東京都、神奈川県、埼玉県千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】 愛知県静岡県岐阜県、三重県

【関西エリア】 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県

【中国エリア】 広島県岡山県

【九州エリア】 福岡県佐賀県

※一部地域を除く

>>NURO 光の対応エリアの確認方法をプラン別に紹介

NURO 光をおすすめする理由は、以下の5つです。

・高速インターネットが使える
・月額料金がお得
・特典も豊富
・工事費は実質無料
・開通までポケットWi-Fiの貸し出しをしている

高速インターネットが使える

一般的な光回線の速度が下り最大1Gbpsであるのに対して、NURO 光の速度はその倍の下り最大2Gbps。快適な環境でインターネットを使いたい人におすすめです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

月額料金が安い

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)(G2Tプラン)となり、この金額にはプロバイダ料金も含まれています

回線によってはプロバイダ料金が別途必要なものもあるため、お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

特典も豊富

NURO 光は、公式HPからの申し込み特典が充実しています。申し込みの際に、以下の4つのうちから1つ特典を選びましょう。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記の特典は併用できませんが、その他の特典は併用できるものが多数あります。

詳細はこちらをごらんください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

工事費用は実質無料

NURO 光の工事費用は44,000円(税込)ですが、一括で支払うわけではなく36ヶ月に分割して毎月1,222円ずつ支払う形式です(初月のみ1,230円(税込))。そして、同時に契約から36ヶ月間1,222円が毎月値引きされるため、工事費用は実質無料となるのです。(36ヶ月はG2Tプラン、G2Dプランは24ヶ月)

ただし、36ヶ月たたずに途中解約をすると、残債を一括で支払う必要がありますのでご注意ください。

工事費用については、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>NURO 光の工事費用が実質無料になる仕組みと注意点を解説

開通までポケットWi-Fiの貸し出しをしている

NURO 光では、開通までの期間にポケットWi-Fiの貸し出しを行っています。しかも、NURO 光をお申し込みの方向けのお得な料金が適用されます。

レンタルは日割りで行われるため、開通後の期間と支払いが重なることはありません。

まとめ

光回線を利用するには、多くのケースで工事が必要です。その際には外壁に穴を開ける可能性があり、工事には立ち合いも必要となります。

人気の回線は工事が完了してインターネットが利用できるようになるまで時間がかかることもありますので、余裕を持った申し込みをおすすめします。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック