遅いVDSL方式にIPv6接続がおすすめな理由!設定の仕方とその効果

多くのマンションで採用されているVDSL方式。光回線と電話回線を併用した配線方式のため、通信速度の遅さがネックです。

サイトの表示等が遅い、オンラインゲームを快適にプレイできないなど、なにかとストレスをためている人も少なくないことでしょう。

しかし、そんなVDSL方式でも、接続方法をIPv6にすることで速度改善が可能です。

この記事では、IPv6接続をVDSL方式で利用する際の設定の仕方や、IPv6接続にすることでどのような効果が実感できるのかといった点を中心に、解説していきたいと思います。

そもそもVDSL方式でIPv6接続はできるの?

マンションのVDSL方式でも、IPv6接続は可能です。

しかし、そのためにはVNE事業者が提供するサービスに対応したプロバイダと契約する必要があります。

VNE(Virtual Network Enabler)事業者とは、他の一般のプロバイダ業者に対して、IPv6接続機能を卸提供する事業者のこと。いわば、IPv6の大元締めのような業者です。

IPv6の利用にはVNE事業者を通す必要があるため、現在契約しているプロバイダがVNE事業者の提供するサービスに対応していない場合は、プロバイダの変更が必要になります。

IPv6接続に変更するとどんな効果が得られるのか

IPv6接続に変更することで「通信がスムーズになり速度が上がる可能性」が出てきます。

IPv6接続に変えたことで直接的にインターネットの通信速度がアップするわけではありませんが、VDSL方式のマンションで接続をIPv6に変更した結果、通信速度に変化が出たという結果もいくつもあります。

これは、IPアドレスのバージョンが変わり、発行できるIPアドレスが劇的に増えた結果、IPアドレスに余裕が生まれ、快適に(=スムーズに)通信ができているという見方が可能です。

状況によっては、体感速度がかなり変わることもあるので、試してみる価値はあるでしょう。

ただし、接続規格をIPv6にしただけではあまり意味がありません。前述の通り、IPv6は、単純に発行できるIPアドレスの数が増えただけだからです。

VDSL方式で通信速度を上げたい場合は、通信規格だけでなく通信方式も適切なものに変えなければいません。

IPoEで通信することが重要

通信規格をIPv6にする際、通信方式も従来のPPPoEからIPoEに変更しましょう。

PPPoEは電話回線のルールをイーサネットに応用した接続方式であり、古い方式のため通信速度が遅いという特徴があります。具体的には、下り最大200Mbpsに制限されているといった形です。

一方で、IPoEは直接インターネットに接続をする方式のため、下り最大1Gbpsという速度での高速通信が可能になります。

PPPoEとIPoEの詳細は、こちらの記事を合わせてご確認ください。

>>IPv6やIPv4ってなに?PPPoEとIPoEの比較とおすすめについて

IPv6接続の設定方法

IPv6接続を利用する場合には、プロバイダへの申し込みだけでなく、パソコンの設定を変更する必要があります。その設定方法は以下の通りです。

・コントロールパネルから「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択

・ネットワークと共有センターの画面で「アダプターの設定変更」を選択

・「ネットワーク接続」の画面が開くので「イーサネット」を右クリック

・展開したメニューのなかから「プロパティ」を選択

・項目のなかから「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」にチェックを入れる

・「インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)」を選択した状態で、「プロパティ」をクリック

・「IPv6アドレスを自動的に取得する」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」にチェックを入れる

・画面右下の「OK」をクリックして画面を閉じる

・「イーサネットのプロパティ」画面も閉じる

これで設定は完了です。

設定が反映されているかの確認方法は、コントロールパネルから「イーサネット」まで進み、右クリックして状態」をクリック。「全般」タブの「詳細」のなかに、IPv6の項目があるので、そこをチェックしてください。

IPv6の項目にアドレスが表示されていれば、設定は完了しています。

IPv6以外でVDSL方式の回線速度を改善する方法は?

IPv6接続以外にも、VDSL回線の速度を速くするために行えることはあります。

以下の3つの方法を、試してみてください。

・LANケーブルを変える
・ルーターを変える
・プロバイダを変える

遅い原因が上記の3つである場合は、それぞれを変更することで速度の改善が見込めます。

詳細はこちらの記事でご確認ください。

>>マンションのVDSL回線が遅い理由は?改善方法と光回線の導入について

より快適な通信のためにVDSL方式以外の選択肢という方法も

インターネットの接続方式をIPv6規格のIPoE方式にすれば、たしかに通信速度の向上は図れます。

しかし、そもそもVDSL方式の最大速度が100Mbpsであるため、この速度以上の速さを出すことはできません。

VDSLの速度の遅さを根本的に改善するためには、以下の2つのうちのどちらかの対策が有効です。

・VDSLを光回線に変更する
・独自に光回線を導入する

どちらも、VDSLを手放して、光回線に変更するという方法です。

それぞれ確認していきましょう。

VDSL方式を光回線方式に変更する

VDSL方式は、最寄りの電柱からマンションの共有部分までは光回線、共有部分から各部屋まではアナログ回線(電話線)を使用するという形をとっています。

そのうちの電話線の部分を光回線に変更するというのが、この方法です。

マンション全体で光回線方式の恩恵が受けられる反面、マンション内の回線を入れ替えるという大がかりな工事が必要になってきます。

そのため、オーナーの許可を得る必要がありますし、実際に回線を入れ替える際は、回線業者が求める最低契約戸数をクリアしなければいけません。

その意味では、ハードルが高い方法だと言えるでしょう。

独自に光回線を導入する

もう一つの選択肢は、今あるVDSL方式の配線には手をつけず、個人的に光回線の戸建てプランを契約するという方法です。

この場合も工事は必要ですが、大がかりなものにはならないため、オーナーの許可も取りやすいでしょう。

戸建てプランはマンションプランと比べて月額利用料金が高くなる点はネックですが、1本の回線を自分で独占できるため、常に安定したインターネット環境を得られる点は大きなメリットでしょう。

現在のVDSL方式の通信速度に満足がいかない場合は、光回線の「戸建てプラン」を検討してみることをおすすめします。

NURO 光の戸建てプランもマンションに対応可能!

高速通信で人気のNURO 光も、戸建てプランをマンションで利用することができます。

>>NURO 光の戸建てプランの詳細はこちら

NURO 光の戸建てプランが多くの人に支持される主な理由は、以下の3点。

・速度が速い
・料金が安い
・IPv6 IPoE方式で接続できる

1つずつ、確認していきましょう。

速度が速い

一般的な光回線の通信速度は、下り最大1Gbps。

それに対して、NURO 光通信速度は、下り最大2Gbpsです。

この通信速度の速さが、NURO 光の一番の特徴であり、強みです。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

料金がお得

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,217円(税込)となり、この金額にはプロバイダ料金も含まれています

つまり、高速インターネットをリーズナブルな料金設定で利用できるということです。

IPv6・IPoE方式に対応

NURO 光はIPv6・IPoE方式に対応しています。

無料で貸し出されるルーターもIPv6・IPoE方式で接続できるため、別途機器を用意する必要がありません。

また、IPv4にも自動で切り替わるため、IPv6非対応サイトが表示されないという不具合もありません。

さらに、IPv6を利用したくない場合は、IPv4接続のみ利用する設定にすることも可能です。その場合の設定方法は、以下の手順を参考にしてください。

・ブラウザでONU管理画面を開く(アドレスバーに「192.168.1.1」を入力)

・IDとパスワードを入力してログインする

ネットワーク」→「LAN」→「ダイナミックアドレス管理(IPv6)」に進む
・「DHCPを有効」のチェックを外す

これでIPv6に接続しない設定は完了です。

たくさんの特典がある

NURO 光には様々な特典があります。

・キャッシュバック
・1年間、月額980円(税込)
・ひかりTVとセットで、月々1,650円(税込)~
・3ヶ月間の利用料金がワンコイン(月額500円(税込))

これらの特典は併用できませんが、ご自身に合った特典を選ぶことができます。

ほかにも、スマートフォンがソフトバンクの場合は、月額550円(税込) ※東海・関西・九州は月額330円(税込)の「NURO 光 でんわ」に加入することで、スマホ1台につき550~1,100円ほどスマホ料金が割引になる特典(最大10台まで)もあります。

それぞれの詳細は、こちらの記事をご確認ください。

>>NURO 光をマンションで利用したい!お得なキャンペーンをプラン別に比較!

>>NURO 光とソフトバンクの【セット割】でスマホ代の節約を!

まとめ

お住まいのマンションがVDSL方式の場合、接続をIPv6にすることで通信速度の改善が可能です。

ただし、その限界はVDSL方式の理論上の最大速度である100Mbpsです。

それ以上の速さを求める場合はVDSL方式自体を見直し、マンション全体を光回線方式の配線にするか、個別で光回線の戸建てプランに契約をしましょう。

NURO 光には、3か月間、月額利用料金500円(税込)で試せる「ワンコイン体験プラン」も用意されています。

ぜひ一度、評判の速さを体験してみてください。

>>NURO 光のワンコイン体験の詳細はこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる