NURO 光の6つのメリットと4つのデメリットについて

光回線には多くの種類がありますが、なかでもNURO 光は通信速度の速さと利用しやすい料金設定で人気です。

この記事では、そんなNURO 光のメリットとデメリットをご紹介します。

NURO 光の利用を検討している方は、ぜひ一度ご確認ください。

NURO 光のメリット・デメリット

NURO 光のメリットとデメリットを、順番に解説していきます。

メリット

NURO 光のメリットは、主に以下の6点です。

・速度が速い
・料金が安い
・ルーター不要で無線LANが利用可能
・セキュリティが無料
・工事費が実質無料
・4.3万円キャッシュバックなどの特典がある

1つずつ掘り下げていきましょう。

速度が速い

光回線業者は数多く存在しますが、「下り最大速度は1Gbps」という業者がほとんどです。

その点、NURO 光には上り下り最大概ね10Gbpsという速度を実現したプラン「NURO 光 10Gs」が用意されています。

また、NURO 光の場合、一般のプランでも下り最大速度は2Gbps。高速で快適なインターネット通信を行うことが可能です。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※「10Gbps」「6Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の最大速度です。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(10GBASE-T利用)時で10Gsプラン:概ね10Gbps、6Gsプラン:概ね6Gbps、無線接続時で概ね1.7Gbpsです。
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,217円(税込)となり、この金額にはプロバイダ料金も含まれています。回線によってはプロバイダ料金が別途必要なものもあるため、お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能。

無線LANのためのルーターを購入する必要もなく、導入の際の工事費用も公式サイトからの申込なら実質無料なため、初期費用もランニングコストも安く光回線を始めることができます。

ルーター不要で無線LANが利用可能

NURO 光と契約すると、無料でONU(Optical Network Unit=光回線終端装置)を借りることができます。

このONUには、無線LANの機能もついているため、別途ほかの機器を購入しなくてもパソコンやスマートフォン・タブレットなどを無線(Wi-Fi)接続することが可能です。

自宅での利用時は、スマートフォンやタブレットも通信制限を気にすることなく利用できますね。

セキュリティが無料

先ほども触れましたが、NURO 光ではカスペルスキーのセキュリティソフトを最大5台まで無料で利用することができます。そのため、パソコンを使ううえで必須となるセキュリティソフトを別途購入する必要がありません。

ただし、セキュリティソフトが無料で利用できるのは戸建てプランのみ。利用料金がさらにリーズナブルなマンション向けプランの場合は、月額550円(税込)ほどのオプション料金がかかります。

工事費が実質無料

公式ページからのお申し込み特典としては、開通のための工事費用44,000円(税込)が実質無料になります。

仕組みは以下のとおり。

まず、工事費として発生した44,000円を、開通月の翌月から30か月で分割して支払う形をとります。そして、同時にその支払い額と同じ金額が、毎月利用料金から割引きされます。

表で表すと、具体的には以下の表の通りになります。

開通月 開通2ヶ月目 開通3ヶ月目~31ヶ月目
月額基本料金 ~5,217円(日割りで請求) 5,217円 5,217円
基本工事費割賦 なし 1,486円 1,466円
特典割引額 なし -1,486円 -1,467円
実質支払額 ~5,217円 5,217円 5,216円

毎月の支払額から工事費割賦が相殺されるため、工事費が実質無料になるというわけです。

ただし、開通月より31ヶ月以内に解約をされた場合は、工事費の残債を清算する必要が生じますので、ご注意ください。

キャッシュバックがもらえる

NURO 光では、「戸建てプラン」「マンション向けプラン」ともに、様々な特典を用意しています。

なかでも、目を引くのがキャッシュバックの特典です。

戸建てプランの場合は、43,000円のキャッシュバックを受けられ、マンションプランの場合は、10,000円のキャッシュバック(※時期によって異なります)を受けられます。

どちらもオプションに加入することなく、NURO 光に申し込みをするだけで受け取れるキャッシュバック特典です。

ただし、キャッシュバックを受けとる場合には、他の割引特典との併用はできませんので、ご注意ください。

デメリット

続いて、NURO 光の4つのデメリットをご紹介します。

・提供エリアが限定されている
・プロバイダーが限定される
・理論値と実測値が異なる
・回線工事が2回必要

こちらも、順番に掘り下げていきましょう。

提供エリアが限定されている

NURO 光は、全国どこでも契約できるわけではありません。

「戸建てプラン」「マンションプラン」ともに、以下の地域でのみ利用できます。

北海道
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海(愛知、静岡、岐阜、三重 )
関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
九州(福岡、佐賀)
※一部エリアを除く

上記のエリア内にお住いの方のみ、NURO 光をご利用いただきます。

プロバイダーが限定される

NURO 光を利用する場合、プロバイダーはSo-netとなり、ほかのプロバイダーを選択することはできません。

そのため、NURO 光と契約する際は今まで利用していたプロバイダーを解約する必要が生じ、それに伴いメールアドレスの変更が必要になってきます(ただし、今までのプロバイダーでメールアドレスのみの利用契約をすることも可能)。

もっとも、面倒なプロバイダー選びをする必要がなくなるという意味では、これもメリットになり得ます。

理論値と実測値に差がある

NURO 光は一部プランで下り10Gbpsの通信速度を誇り、一般回線でも下り2Gbpsの通信速度を誇ります。

しかし、実際にはLANケーブルやルーターなどの回線をつないでいる機器が2Gbpsまで対応していないことが多いため、理論値ほどの速度は出せないのが現実です。

とはいえ、理論値と実測値に差が出るのはどの回線を利用した場合でも生じる現象であり、快適なインターネット環境には十分な速度ですので、ご安心ください。

地域ごとの実測値については、こちらのページで公開しています。

>>NURO 光の実測値を確認する

回線工事が2回必要

NURO 光を利用する際は回線の引き込み工事を行う必要がありますが、その工事は以下の2回に分けて行われます。

・宅内工事
・屋外工事

それぞれが別日程で行われるため、開通まで時間がかかる点がデメリットと言えます。

長い時で約2ヶ月かかってしまうこともありますが、すぐにインターネットを利用したい人向けにポケットWi-Fiを特別料金で日割り貸し出ししているため、ネットにつながらない期間の心配はありません。

NURO 光の料金は?

NURO 光の月額利用料金は「戸建てプラン」と「マンション向けプラン」で異なります。

簡単に解説しますが、それぞれの詳細は以下の記事をごらんください。

>>NURO 光の料金を6つのプランで比較!お得なオプションや特典もチェック!

戸建てプラン

戸建てプランには、2種類の選択肢があります。

・G2(契約期間なし): 7,836円(税込)/月
・G2 V(2年契約):5,217円(税込)/月

2年契約であるG2Vでは途中解約した場合に10,450円(税込)の契約解除料を支払う必要がありますが、開通のための工事費が月々割り引かれて実質無料になるという特典もあります。

一方で、契約期間なしのG2の場合は、いつ契約を解除しても契約解除料は発生しませんが、工事費の月々割引きはありません。

マンション向けプラン

マンション向けプランの場合は、同一マンションでNURO 光を利用している人の人数によって月額利用料金が異なります。その場合の料金は2,090~2,750円(税込)です。

詳細は、こちらの記事をごらんください。

>>NURO 光をマンションで使う方法!2つのプランの選び方と注意点について

NURO 光にはお得なオプションがいっぱい

NURO 光には、様々なオプションがあります。

たとえば、Softbankユーザーにお得な「おうち割 光セット」や、その他無料オプション、有料オプションなど多岐にわたります。

Softbankユーザーにお得な「セット割」

NURO 光の「おうち割 光セット」とは、Softbankユーザーのスマホの利用料金がお得になるサービスです。

このサービスを利用するには、別途「NURO 光 でんわ」の「ホワイトコール24」(月額550円(税込))、ソフトバンクモバイルの「ホワイトコール24」(無料)の両方に申し込む必要がありますが、以下の金額の割引を毎月受けることができます。

データ定額50GB、20GB、5GBの場合
→毎月1,100円(税込)割引(1台につき)

データ定額(3Gケータイの場合)
→毎月550円(税込)割引(1台につき)

これは1台ごとの割引金額ですので、家族分のスマートフォンすべてが対象になります(最大10回線まで)。

※ 3年目以降の割引の有無は、対象固定通信サービスによって異なります。
※ ウルトラギガモンスター定額50GB、データ定額5GB/20GBご利用でお申し込みの場合。割引金額は対象料金サービスにより異なります。

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

>>NURO 光とソフトバンクの【セット割】でスマホ代の節約を!

無料オプションや有料オプションも充実

また、NURO 光には様々なオプションがあります。

無料オプションは、上で説明しましたセキュリティソフトの無料利用や無線LAN機能を有したONUの無料貸し出しなど。

有料オプションも、種類は多岐にわたります。

オプションの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光オプション一覧】無料・有料のおすすめを紹介します

まとめ

以上、NURO 光のメリットとデメリットについてご紹介してきました。

デメリット部分に関しても、実質的には利用できないエリアがあるという点に限られるかと思います。

NURO 光を利用可能なエリアにお住まいの方は、ぜひNURO 光の速度を体感していただければ幸いです。

>>「戸建向けプラン」NURO 光の申し込みはこちら

>>「マンション向けプラン」NURO 光の申し込みはこちら

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる