テレワーク(在宅勤務)やSOHOは回線が命!テレビ電話が遅延する原因と対処法

近年、オフィスに通勤することなく自宅で仕事をする人(在宅勤務)が増えています。(特に新型コロナウイルス(COVID-19)発生からは推奨企業の増加に伴い顕著に増えています。)

他の社員とテレビ電話(Web会議)を行いながら仕事をするテレワークを実施している人や、自宅で起業をしたSOHOワーカーにとって、軽視できないのがパソコンとインターネット環境ではないでしょうか。

通信環境が安定しないと、オンラインのテレビ会議がスムーズに進まず、ビジネスに悪影響を及ぼしてしまうからです。

この記事では、テレビ電話に不調を感じる原因とその対処法を解説していきます。自宅で快適に仕事を行うために、ぜひチェックしてみてください。

テレビ電話が遅い、音声が途切れる3つの原因

テレビ電話の不調のあらわれ方は、以下の3つのパターンに分けられます。

映像の動きが遅い映像がカクつく

音声が途切れる

ハウリングを起こしてしまう

これらの症状は、単体で現れることもあれば、複合して現れることもあります。そして、上記のような症状は、以下の4つの原因によって引き起こされます。

・端末のスペックが原因
・マイクやスピーカーが原因
・テレビ電話アプリが原因
・回線が原因

1つずつ、確認していきましょう。

端末のスペックが原因

PCやスマートフォンなどのモバイル端末がスペック不足の場合、テレビ電話がスムーズに利用できないことがあります。

テレビ電話を使用した通話ではリアルタイムでの映像のやり取りが行われます。そのため、テレビ電話に使用する端末には、ある程度のスペックが必要です。具体的には、「CPU性能」と「パソコンのリソース確保」が必須となります。

必要な性能やリソースは、テレビ電話に使用するアプリによっても変わってきますが、あまりにも古い端末を利用している人は、一度端末のスペックを疑ってみましょう。

別の端末ではスムーズにテレビ電話が行えるのに、特定の端末で行えない場合は、端末のスペックに原因がある可能性が高いです

マイクやスピーカーの問題

マイクやスピーカーの不調、または設定によって音声が途切れたり、聞こえなくなってしまったりする場合があります。

また、同じ部屋で複数台の端末を使ってテレビ電話を利用した場合、ハウリングが起こることもあります。

いつもはスムーズにテレビ電話ができるのに、その日に限って不調がでてしまっているという場合には、この原因が考えられます。

テレビ電話アプリの問題

テレビ電話アプリの問題で、不調が出る場合があります。

普段スムーズに利用できている場合や、テレビ電話の最中に急に不調が出た場合には、この原因が考えられます。

そのときは、アプリが最新のバージョンになっているのか確認するようにしましょう。

回線の問題

回線の速度が原因で、スムーズにテレビ電話が使えないことがあります。

テレビ電話は、インターネットの閲覧やメールの送受信などと比べて大容量のデータをやり取りすることになります。

そのため、ある程度の端末のスペックが必要になるのですが、それだけでは不十分です。なぜならば、大容量のデータのやり取りをし続けるためには、回線速度も重要であるからです。

端末を変えてテレビ電話を試みても同じように不調が見られる場合は、回線が原因である可能性が高いです。

原因別の対処法

上記のように、不調の原因を切り分けたあとは、原因別の対処法をとっていきましょう。

端末のスペックが原因

端末のスペックに不安がある場合は、テレビ電話以外の作業を同時に行わないようにしてください。

テレビ電話以外のアプリをすべて終了し、その端末がテレビ電話に割けるリソースを確保してみましょう。端末のスペックが原因の場合、これで問題が解決する場合があります。

OSの高速化も視野に

しかし、これだけでは解決しない場合も少なくありません。その場合は、端末OSの高速化を図るための設定をすることも有効です。

こちらは、各種検索エンジンで「OS名 高速化」という形で検索をして、そのOSごとの高速化設定を試してみるのも1つの手です。

根本解決のためには端末の買い替えを

もっとも、こちらで解決できない場合もあります。また、解決したとしてもテレビ電話のたびに他のアプリを終了させるというのも手間がかかってしまいます。

さらに根本的な解決を目指すのならば、費用はかかりますがパソコンを買い替えることも検討しましょう。

マイクやスピーカーが原因

マイクやスピーカーが原因の場合、考えられるのは2つのパターンです。

・ケーブルの接続不良
・設定が間違っている

まずは、きちんとマイクが端末に接続されているのかを確認しましょう。

マイクやスピーカーがUSB接続ならば、別のポートに挿してみるのも1つの手です。マイクやスピーカーを挿しているUSBポートに問題がある場合も少なくないからです。

接続するUSBポートを変更しても状況が好転しないようでしたら、マイク・スピーカーの設定の見直しをしましょう。

複数端末によるハウリングにも注意

また、同じ部屋にテレビ電話を利用している人が複数人いると、エコーが発生する場合もあります。

マイク同士がハウリングを起こしてしまいますので、マイク同士の距離を離すために別々の部屋で会議をするか、エコーキャンセラー機能付きのマイクに買い替えましょう。

テレビ電話アプリが原因

いつもは問題なく使えているのに、その日だけ突然、テレビ電話が使えないのでしたら、アプリに原因や不具合がある可能性が高いといえます。

まずは公式サイトやSNSで情報を調べると同時に、アプリのバージョンが最新であるかも確認するようにしましょう。

アプリが最新でない場合は、アプリのバージョンアップをしてください。それで改善される場合があります。

回線が原因

上記3つに問題がなかったとしても、回線の速度が遅いとスムーズにテレビ電話ができません。

まずは端末を無線で接続しているのでしたら、有線接続に変更しましょう。無線よりも有線の方が、通信速度が上がるためです。

もし、テレビ電話を使用するたびに不調が出てしまうのでしたら、根本的な解決を図るためにも、おもいきって回線を乗り換えることを検討しましょう。

テレビ電話に必要な回線速度

テレビ電話を使ったWeb会議に必要な通信量の目安は、以下の通りです。

30Kbps〜2Mbps

ps」とは「パーセコンド」の略で、1秒間にどれくらいの量のデータ通信が行えるかということを意味します。

また、テレビ電話に必要な通信速度は使用するアプリ (Messenger, Zoom, ハングアウト, パラレル, FaceTimeなど) によって異なりますが、たとえばスカイプならば300Kbps1.5Mbpsの速度が必要だと言われています。

もちろん、ギリギリこの数値を満たす速度よりも、回線速度が速ければ速いほど、スムーズな利用が可能です。

スムーズに会議を行うために回線速度は速い方がいい

インターネットにおける現在の主流は、光回線です。

一般的な光回線の速度は、下り最大1Gbps。この速度でも十分快適に電話会議を行えますが、中にはさらに速い回線が存在します。

NURO 光は下り最大2Gbps

NURO 光の通信速度は、下り最大2Gbps。これは、一般的な光回線の規格上倍の速度です。

今後も頻繁にテレビ電話による会議を実施する予定ならば、思い切って回線を変更することで、通信速度が原因のストレスを感じずに済みますよ。

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

NURO 光には通信速度以外にもメリットがたくさん

NURO 光には、通信速度以外にも様々なメリットがあります。

・条件を満たせば法人でも個人向けプランの契約が可能
・次世代規格であるIPv6・IPoEに対応
・特典もいろいろ

それぞれ、解説をしていきます。

条件を満たせば法人でも個人向けプランの契約が可能

NURO 光には法人向けの特別なプラン(NURO Biz)も存在しますが、料金は基本的に個人向けプランよりも高額に設定されています。

ですが、以下の条件を満たせば、法人であっても割安な個人向けプランでの契約が可能です。

・戸建てオフィスの場合
・代表者の個人名で契約する

個人向けプランの月額料金は5,217円(税込)です。

しかも、この料金にはプロバイダ料金が含まれています。

NURO 光の法人向けプランに関しては、こちらの記事も合わせてご覧ください。

>>NURO 光を法人契約!NURO Bizと個人向けプランの違いについて

次世代規格であるIPv6・IPoEに対応

NURO 光は、光回線の次世代規格であるIPv6に対応しています。また、IPoEの通信方式にも対応しているため、高速で安定したインターネット通信を行うことができます。

さらに、状況に応じて従来規格のIPv4にも自動で切り替わります。そのため、NURO 光なら閲覧先のサイト等がIPv6の規格に対応していない場合でも、問題なくインターネット通信が可能です。

IPv6やIPoEについては、こちらの記事も参考にしてください。

>>「IPv6」や「IPv4」ってなに?「PPPoE」と「IPoE」の比較と、おすすめの組み合わせは?

特典もいろいろ

NURO 光には、キャッシュバックや月額料金の割引、ひかりTVとのセット割引、お試しプランなど様々な特典があります。

これらの特典には、それぞれに違った特徴がありますので、ひかり電話の利用などご自身の求めるスタイルに合わせてベストなものを選びましょう。また、NURO 光では、ほかにも併用できる特典もありますので、そちらもあわせて確認してみてくださいね。

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

>>NURO 光をマンションで利用したい!お得なキャンペーン・特典をプラン別に比較!

お手持ちのスマートフォンがソフトバンク契約の場合は、NURO 光とのセット割が利用できます。割引額の詳細などは、こちらの記事をご覧ください。

>>NURO 光とソフトバンクの【セット割】でスマホ代の節約を!

まとめ

テレビ電話が不調となる原因としては、「端末」「スピーカー・マイク」「アプリ」「回線」の4つが考えられます。

より良い環境を整えるためにも、より最適な回線への乗り換えの申し込み手続きを検討してみてはいかがでしょうか。

NURO 光は、高速回線が低価格で利用できるうえ、条件を満たせば法人であってもお得な個人向けプランを利用できます。

>>NURO 光の詳細はこちらから

なんとNURO 光で43,000円が翌月もらえる