インターネットプロバイダと速度の関係について|速くする方法は?

「インターネットが遅い」という理由からプロバイダの乗り換えを検討する方がいらっしゃいますが、実はプロバイダの変更は通信速度の向上という目的としては適切ではありません。

この記事では、インターネットの通信速度とプロバイダの関係について詳しく解説していきます。

また、通信速度が遅いときの有効な対策についてもご紹介いたしますので、「速度が遅い」と悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

インターネットとプロバイダの関係性

結論から言うと、プロバイダは通信の安定性に影響を与えはするものの、通信速度に大きな影響を与えることはありません。

プロバイダによっては「速度が速いプロバイダ」と表現していることもありますが、正確には「通信が安定するため通信速度が速くなったとユーザーが感じるケースがある」という意味です。

そして、プロバイダの以下の3つの要素がインターネット通信の安定性に影響を与えています。

・利用者数
・保有する設備
・通信方式

利用者数の多さによって安定性が変化する

プロバイダの利用者数が多いほど、回線が混雑します。回線の混雑は通信の不安定さにつながるため、ユーザーの地域によっては現在の速度が遅くなったと感じるケースもあるでしょう。

保有する設備によって安定性が変化する

プロバイダの設備の違いによって、提供できるサービスに差が生まれます。

大手プロバイダは信頼性の高い設備を保有していることが多いため、ユーザーが快適に利用できる可能性が高いです。また、なんらかの不具合が起こった際のアフターフォローも迅速に行われる傾向があるので、プロバイダ選びではサポートなどの評判についても重視すると安心です。

通信方式によっても快適さに差が出る

これから新しくプロバイダを選ぶなら、次世代の通信方式であるIPv6に対応しているプロバイダがおすすめです。

さらに、IPv4とIPv6が自動で切り替わるプロバイダなら、状況にあわせて最適な接続が可能に。

IPv6やIPv4につきましては、こちらの記事をご覧ください。

>>「IPv6」や「IPv4」ってなに?「PPPoE」と「IPoE」の比較と、おすすめの組み合わせは?

プロバイダの乗り換えよりも回線の乗り換えが大切

プロバイダを乗り換えることで、安定したインターネットの通信ができる可能性が高まります。しかし、それだけでは、劇的に通信速度を速くすることはできません。

通信速度にこだわりたいのでしたら、プロバイダではなく、回線の乗り換えを検討してみてください。

回線はインターネットの通信速度に直接影響するため、新しく光回線を選ぶ際には以下の3つの要素に注意しましょう。

・同一エリア内の加入数
・自宅のインターネット環境
・回線自体の基本性能

それぞれ、解説していきます。

同一エリア内の加入数が多いか少ないか

この点はプロバイダと共通ですが、インターネット回線は同一エリアの加入数が多いほど混雑してします。

回線の混雑は通信速度の低下に直結しますので、利用者の多い大手ならではのデメリットと言えるでしょう。

インターネット回線を大手通信会社に乗り換えたけれど、思ったほど速度が出ない」という場合は、同一エリアの利用者が多いことが理由であるケースが多いです。

自宅のインターネット環境

高速な光回線と契約したにもかかわらず口コミ通りの速度が出ないなら、自宅のネット環境に問題があるかもしれません。

回線の速度向上のためにも、以下の5つのケースに該当していないかチェックしてみましょう。

・モデムが古い・故障している
・複数の端末をWi-Fi接続している
・有線接続しているLANケーブルのカテゴリが古い
・モデムと端末の間に障害物がある
・電波干渉が起こっている

光回線が遅くなってしまう理由につきましては、こちらの記事で詳細をご確認ください。

>>インターネットが遅い原因と対処法は?原因別の解決方法を紹介!

回線自体の基本性能

光回線の速度は、業者によって異なります。多くの回線業者の公式サイトでは「下り最大1Gbps」などと記載されていますが、その数値はすべて理論値です。どの通信会社を選んでも、実際にはそこまでの速度は出せません。

しかし、理論上の数字が大きい方が、実際の通信速度も速くなる傾向にあります。また、複数のデバイスを同時に接続するなら、下り最大1Gbpsよりも下り最大2Gbpsの方が通信容量が大きいため、速度が出やすく安定しています

速度にこだわるなら高速の光回線がおすすめ

今よりも通信速度を向上させたいなら、プロバイダの変更よりも回線の変更を検討しましょう。そのためにも、回線解約の違約金が発生するタイミングなども把握しておきましょう。

そして、せっかく光回線を選ぶなら、下り最大2Gbps を実現しているNURO 光をご検討ください。

通信速度が速いだけでなく、独自回線を使用しているため回線が安定しているという点も、NURO 光の大きなメリットです。

>>NURO 光の詳細はこちら

通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。
※端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)
※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

通信速度が速いという点以外にも、NURO 光には以下のような特徴があります。

・NURO 光は月額料金がお値打ち
・NURO 光は特典が選べる
・NURO 光では開通までの期間にポケットWi-Fiのレンタルが可能
・NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得に

NURO 光は月額料金がお値打ち

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金はG2Tプランで5,200円(税込)となり、この金額にはプロバイダ料金も含まれています

回線によってはプロバイダ料金が別途必要なものもあるため、リーズナブルな価格で高速インターネットの利用が可能です。

詳しくは後述しますが、「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が980円」といった入会特典も受けられますので、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

NURO 光は特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下の特典を選べます。

・1年間 月額980円(G2Tプランのみ)
・2年間 月額3,590円(G2Dプランのみ)
・ひかりTVセット割引
・NURO でんきセット割引
・3か月間 月額500円~トライアル
・43,000円キャッシュバック

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

特に、ソフトバンクユーザーにおすすめなのが、光でんわとセット申し込みで受けられる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」といった特典です。

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

NURO 光では開通までの期間にポケットWi-Fiのレンタルが可能

NURO 光を利用するためには回線工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては、工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにポケットWi-Fiのレンタルを実施。5GB/月プランなどの容量に制限があるプランなら、初月980円レンタル可能です

ポケットWi-Fiのレンタルは日割りで計算されますので、無駄な出費も避けられると好評です。

NURO でんきと同時の申し込みでさらにお得に

NURO 光とNURO でんきを同時に申し込むと、インターネット回線の利用料金が1年間月額0円になる専用特典があります。(G2Dプランの場合)

こちらの特典はNURO 光単体の「1年間の利用料金が980円(税込)」特典がベースとなりますが、NURO でんきに同時申し込みをすることで、割引率がアップ。

2年目以降も「NURO でんき永年割引」が適用され、NURO 光の月額基本料金から501円(税込)が割引されます

まとめ

インターネットの速さと、プロバイダには直接的な関係はありません。プロバイダはインターネット通信の安定に影響を与えるだけです。

通信速度を向上させたいなら、プロバイダではなく回線の乗り換えを行いましょう。

光回線の速度も回線業者によって異なりますので、お値打ち価格で高速回線が利用できるNURO 光をぜひご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちら

なんとNURO 光43000円キャッシュバック