NURO 光はなぜ速い?2つの理由とメリット・デメリットを解説

なんとNURO 光43000円キャッシュバック

高速インターネットが代名詞のNURO 光。

一般的な光回線に比べて、なぜNURO 光の速度は速いのでしょうか?

この記事では、その理由を解説していきます。

また、通信速度以外のNURO 光のメリット・デメリットを、一般的な光回線と比較しながらご紹介していきます。

ご利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

>>NURO 光の詳細はこちらから

NURO 光が速い理由

NURO 光が速い理由は、以下の2点を備えているためです。

・G-PONという通信規格
・速度が劣化しないホームゲートウェイを独自提供

順番に、解説していきますね。

G-PONという通信規格

NURO 光は、他の多くの光回線とは異なる通信規格を採用しています。

一般的な光回線は「GE-PON」という通信規格を使用していますが、NURO 光が採用しているのはG-PON」と呼ばれる別規格です。

「PON」とは、光-電気変換を行うことなく光信号を分岐させて1つの光ファイバを複数ユーザーで共有する伝送技術のことです。

そんな「PON」の中の1つの通信規格にあたるのが「GE-PON」で、主にNTTやKDDIが採用している規格です。その特徴は、転送速度が下り最大1Gbpsであることです。

一方で、NURO 光が採用するG-PON」の特徴は、高速通信が可能なこと。具体的には、下り最大2Gbpsの速度が出せます。日本では「GE-PON」が主流ですが、欧米などではこちらの規格「G-PON」が主流の規格になっています。

日本で「G-PON」を採用している回線業者は、NURO 光以外では一部のケーブルテレビのみです。

「G-PON」が普及しない理由としては、コストの問題とサービス提供側の都合があげられます。一度「GE-PON」で組み立てたシステムを「G-PON」に変更するには、膨大なコストが発生してしまうためです。

速度が劣化しないホームゲートウェイを独自提供

NURO 光では、レンタル可能なホームゲートウェイONU)も「G-PONに対応しています。

ONUとは、光回線の終端装置(光信号とデジタル信号間の変換を行う装置)のこと。いくら回線速度が速くても、終端装置であるONUがその速度に対応していなければ、せっかくの高速通信を体感することはできません。

そういった問題を解消するために、NURO 光では「G-PON」の特徴である下り最大2Gbpsに対応したONUを独自に用い、それを無料で貸し出しているのです。

>>NURO 光の詳細はこちらから

NURO 光は独自回線業者

光回線には2種類があります。

「光コラボ系の回線」と「独自回線」です。

フレッツ系の回線を使う光コラボ

光コラボとは、NTTの光回線を他の会社が間に入って提供する回線サービスのことです。

「○○光」と様々な名称のサービスがあります。

これらは、「○○」の呼称が異なったとしても、多くはフレッツ光の回線を利用しています。

違いは、プロバイダです。つまり、「○○光」とは、そのサービスを提供しているプロバイダが異なるだけで、回線自体はすべて同じものを使用しています。

独自回線

フレッツ光とは別の回線を使用している業者は、独自回線業者と呼ばれます。

独自回線業者が使用しているのは、NTTの回線の中で使用されてない空き回線です。これらの回線は「ダークファイバー」と呼ばれています

NURO 光は、この独自回線を使った光回線業者にあたります。

独自回線を使うことのメリットは、回線が混雑していないことです。利用者の少ない回線を使うことで回線の混雑を避けられるため、スムーズなインターネットを実現できるのです。

NURO 光は戸建てでもマンションでも利用可能!

NURO 光は、マンションなどの集合住宅でも利用可能です。

仮にマンションに別の光回線が引かれていたとしても、戸建てプランで契約すれば自室に直接NURO 光の回線を引くことができます。

ただし、集合住宅で独自にNURO 光の回線を引く場合には、オーナーの許可が必要です。詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>光回線工事をマンションで行う場合に必要な許可は誰からもらう?

「光コラボ(○○光)」と「NURO 光」のメリット、デメリットを比較

「光コラボ」の回線と「NURO 光」の回線のメリットやデメリットを、それぞれ確認していきましょう。

「光コラボ(○○光)」のメリット・デメリット

光コラボのメリットとデメリットはこちらです。

・全国対応している
・回線が混雑する

メリットとして、光コラボの回線はどの地域にいても、利用することがでるという点があげられます。

全国どこでも利用できますが、想像していたほどの通信速度が出ない可能性が高いということです。

NURO 光のメリット・デメリット

一方で、NURO 光のメリットとデメリットがこちらです。

・利用できる地域が限定されている
・回線に余裕があるため速度が速い(下り最大2Gbps)

NURO 光はダークファイバーを使用した回線です。そのため、その回線を利用している人はNURO 光ユーザーに限定されます。その結果、回線の混雑が起こりづらく、快適なインターネット通信ができるようになります。

2Gbpsの通信速度について
※「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。 端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T 1ポート・カテゴリ5e以上のLANケーブル利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。) ※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

一方で、回線を使える地域が限定されてしまっているため、利用エリア外からでは申し込みができません。2024年4月時点でのNURO 光の対象エリアは、こちらです。

【北海道エリア】 北海道

【東北エリア】 宮城県、福島県、山形県※東北エリアは10Gのみ提供

【関東エリア】 東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県

【東海エリア】 愛知県静岡県岐阜県三重県

【関西エリア】 京都府大阪府兵庫県滋賀県奈良県

【中国エリア】 広島県岡山県

【九州エリア】 福岡県佐賀県

※一部地域を除く

NURO 光には速度以外にも特徴がある

NURO 光には、速度以外にも様々な特徴があります。

大きな特徴は、以下の4点です。

・さらに速い規格も選べる
・料金がお得
・入会特典が選べる
・開通までWi-Fiレンタルサービスがある

1つずつ掘り下げていきましょう。

さらに速い規格も選べる

NURO 光には、一般的な戸建てプランよりもさらに通信速度の速いプランも存在します。

NURO 光の戸建てプランは下り最大2Gbpsですが、10Gbpsを実現したプランが存在するのです。

NURO 光 10ギガ(3年契約/契約期間なし)」と呼ばれるプランで、これらのプランでは、さらに高速な通信規格を採用しています。

たとえば、「NURO 光 10ギガ(3年契約/契約期間なし)」で採用している規格はXGS-PONというものです。高速インターネット通信を行えるプランとして、NURO 光のなかで1番通信速度が速いものになっています。

「NURO 光 10ギガ(3年契約/契約期間なし)」では通常のものと対応地域が異なるため、自分の住んでいる地域がどちらの規格に対応しているのか確認しましょう。

2024年4月現在、10ギガ対象エリアは以下となります。

【北海道エリア】 北海道

【東北エリア】 宮城県、福島県、山形県

【関東エリア】 東京都神奈川県埼玉県千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】 愛知県静岡県岐阜県三重県

【関西エリア】 京都府大阪府兵庫県滋賀県奈良県

【中国エリア】 広島県岡山県

【九州エリア】 福岡県佐賀県

※一部地域を除く



【10ギガプランへのアップグレードについて】
「NURO 光 2ギガプラン」を1年以上ご利用のお客さまは「NURO 光 10ギガプラン」へのアップグレードができるようになりました。

*「NURO 光 10ギガプラン」へのアップグレードはNURO 光 2ギガ(3年契約/2年契約/契約期間なし) または G2/G2T/G2D/G2N/G2V/TW プランのご利用期間が13ヶ月目以上の方がお申込み可能になります。
*「NURO 光 10ギガプラン」の月額基本料金は5,700円~になります。
*お客さまがお住まいの環境によっては、10ギガ提供エリア内でも申し込み受付できない場合があります。

10ギガ提供エリアも順次拡大しております。
現在「NURO 光 10ギガプラン」提供エリア外のお客さまもぜひ「NURO 光 2ギガプラン」のお申し込みをご検討ください。

>>10ギガプランアップグレードの詳細はこちら


「NURO 光 10ギガ(3年契約/契約期間なし)」についての詳細は、こちらの記事をあわせてご確認ください。

>>NURO 光の高速プラン「G10」「G10T」を比較|違いは契約期間

料金がお得

NURO 光の魅力は速さだけではありません。

下り最大2Gbpsという通信速度を実現しているNURO 光ですが、月額料金は5,200円(税込)(3年契約プラン)となり、この金額にはプロバイダ料金も含まれています

回線によってはプロバイダ料金が別途必要なものもあるため、お値打ち価格で高速インターネットの利用が可能です。

詳しくは後述しますが、公式サイトからのお申込で「43,000円キャッシュバック」「1年間月額料金が税込980円(3年契約プラン)」といった入会特典も受けられますので、まさに速さと安さを両立している回線と言えるのではないでしょうか。

入会特典が選べる

NURO 光では、申し込み時に以下いずれかの特典を選べます。

1年間 月額980円(3年契約プランのみ)
43,000円キャッシュバック
PlayStation®5 for NURO
・NURO 光にのりかえ特典(最大6万円還元)

上記特典は併用できませんが、上記特典と併用できる特典も多数あります。

【NURO 光 公式申込でついてくる特典】
・最長2か月、解約が完全無料!(契約解除料や工事費残債などが0円)
・基本工事費44,000円が実質無料!

【オプションの申込で得られるもの】
・オプション申込で、最大2万円追加キャッシュバック
・NURO 光 でんわ利用で、ソフトバンクユーザーが最大月額1,100円割引
・ソニー製ONUが必ず届くNUROスマートライフが、初期費用&最大3ヶ月間無料
・NUROモバイル1年間0円~特典(申込後のメールにあるURLからモバイル申込で、3GBプランなら1年間0円特典)

それぞれの特典についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

>>【NURO 光キャンペーン特典】併用できるもの・できないもの

>>NURO 光はソフトバンクユーザーならば【セット割】でさらにお得に利用できる

開通までの期間にWi-Fiルーターの貸し出しあり

NURO 光を利用するためには開通工事が必要ですが、申し込み時の混雑状況によっては工事完了まで時間がかかってしまう場合があります。

その間、光回線を利用することはできませんが、NURO 光では会員向けにWi-Fiルーター機器のレンタルを実施。

NURO 光のWi-Fiレンタルを利用すれば最大2ヶ月0円で使えるので非常にお得です!

お引越しなどで「すぐにネット使いたい!」という方にはとてもありがたいサービスですね。なお、NURO 光の申込完了メールにリンクが掲載されています。
※初期費用として2,200円(税込)がかかります。
※当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値(10GB)を超えた場合、通信の速度を制限する場合がございます。

まとめ

NURO 光が高速通信を可能としている理由は、以下の2点です。

・G-PONの規格を採用
・独自ONUを提供

さらに、独自回線業者であるため回線がそれほど混雑せず、快適なインターネット通信を可能にしています。

利用できる地域が限定されてしまいますが、対象の地域に住んでいる方はぜひご検討ください。

>>NURO 光の詳細はこちらから